fbpx
花粉症と喉頭アレルギー(喉のかゆみ、咳)は併発する?~千葉大学大学院・岡本美孝教授【学会講演】

花粉症と喉頭アレルギー(喉のかゆみ、咳)は併発する?~千葉大学大学院・岡本美孝教授【学会講演】

花粉症の症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが代表的ですが、咳や喉のイガイガの症状で悩む人も多くいます。しかし、この喉の症状は花粉によるアレルギー症状なのでしょうか。そうであるとしたら、そのメカニズムはどのようなものか?ここでは、千葉大学大学院の岡本美孝教授の「日本職業・環境アレルギー学会総会・学術大会」(2018年7月20~21日開催)のご講演のうち「花粉の影響などによる喉頭アレルギー」の概要についてご紹介し、花粉症と喉の症状との関係性について掘り下げていきます。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月17日情報》~カナムグラ初観測!ブタクサも

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月17日情報》~カナムグラ初観測!ブタクサも

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症です。8月17日の東京は乾燥してやや涼しい一日でした。カナムグラ花粉を今シーズン初観測。ブタクサ花粉も飛散を確認しました。花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は11.6個/m³とやや高めな数値。ダーラム法の観測では花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)は少なめでしたが、少量のブタクサやカナムグラ花粉を観測していることから、河川敷など雑草が多い場所や地域では秋の花粉にご注意ください。

【花粉情報】9月の花粉症の原因はブタクサ・ヨモギ・カナムグラ!イネ科花粉も。9月の花粉飛散情報や秋の花粉症の種類と対策について

【花粉情報】9月の花粉症の原因はブタクサ・ヨモギ・カナムグラ!イネ科花粉も。9月の花粉飛散情報や秋の花粉症の種類と対策について

9月には、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど、すでに花粉症の原因となる『秋の花粉』は飛び始めています。9月はそれらの花粉が全国的にピークになる時期。そこで今回は9月の花粉症の種類、地域別の花粉飛散状況、注意点など秋の花粉症の特徴と対策についてわかりやすくお伝えします。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月16日情報》~少量のブタクサ花粉観測

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月16日情報》~少量のブタクサ花粉観測

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症です。8月16日の東京は薄曇り。花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は5.4個/m³と低めな数値。ダーラム法の観測では全体的にも、イネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)も少なめでしたが、少量のブタクサ花粉の飛散を観測しています。河川敷など雑草が多い場所や地域では秋の花粉にご注意ください。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月15日情報》~花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月15日情報》~花粉少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症です。8月15日の東京は猛暑。花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は3.1個/m³と低めな数値。ダーラム法の観測では全体的にも、イネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)も少なめでした。本日は確認ここ数日はブタクサ花粉の飛散を観測しています。河川敷など雑草が多い場所や地域では秋の花粉にご注意ください。

【花粉症症状】もう飛んでいる!秋のお悩みブタクサ花粉症とは

【花粉症症状】もう飛んでいる!秋のお悩みブタクサ花粉症とは

日本では春のスギ・ヒノキ花粉による花粉症がメインですが、次いで多いとされるのがブタクサによる花粉症。そのブタクサの飛散がピークになるのが9月。すでに8月から飛び始めています。関東では11月まで飛ぶことも。そこで、秋の花粉症の代名詞「ブタクサ花粉症」の症状の特徴、飛散時期などをわかりやすく紹介します。

【花粉症症状】原因はアレルギー?風邪?寒暖差?夏の鼻水の見分け方や対策法とは~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長・金井憲一先生が解説

【花粉症症状】原因はアレルギー?風邪?寒暖差?夏の鼻水の見分け方や対策法とは~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長・金井憲一先生が解説

猛暑で夏バテになり、鼻水が出る、咳がとまらない、などの症状を訴える人が多くいます。しかし、その原因が夏風邪なのか、花粉症やダニなどのアレルギー性鼻炎なのか、寒暖差によるものなのか、迷うことも少なくありません。そこで、連載『名医が教える!花粉症の治し方』では、NPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の理事で、こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長の金井憲一先生に、この時期の「鼻水の種類の見分け方や対策法」や「風邪薬と花粉症薬の併用可否」について、わかりやすく解説していただきました。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月14日情報》~少量のブタクサ花粉観測

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月14日情報》~少量のブタクサ花粉観測

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症です。8月14日の東京は晴れ。暑い一日でした。本日も少量のブタクサ花粉の飛散を観測。河川敷など雑草が多い場所や地域では秋の花粉にご注意ください。花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は4.5個/m³と低めな数値。ダーラム法の観測では全体的にも、イネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)も少なめでした。九州では大型の台風が接近しています。台風情報にご注意ください。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月13日情報》~本日も少量のブタクサ花粉を観測

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月13日情報》~本日も少量のブタクサ花粉を観測

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症です。8月13日の東京は、一部地域で激し雷雨がありました。本日も少量のブタクサ花粉の飛散を観測。河川敷など雑草が多い場所や地域では秋の花粉にご注意ください。花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は6.1個/m³と少なめな数値。ダーラム法の観測では全体的にも、イネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)も少なめでした。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月12日情報》~少量のブタクサ花粉を観測

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月12日情報》~少量のブタクサ花粉を観測

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症です。8月12日の東京は曇り。本日も少量のブタクサ花粉の飛散を観測しました。河川敷など雑草が多い場所や地域では秋の花粉にご注意ください。花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は5.7個/m³と少なめな数値。ダーラム法の観測では全体的にも、イネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)も少なめでした。