【花粉カレンダー】8月~10月はブタクサ、ヨモギなどの秋の花粉症に注意

秋はブタクサ、ヨモギ、カナムグラ、イネ科、など複数の花粉症原因花粉の飛散がピークになります。全国で100人に15人の人がスギ花粉以外の花粉症とも言われており、春のスギ花粉シーズンが終了したからといって油断はなりません。(※1)

またこの時期は旅行のシーズンでもあります。花粉症の症状がひどい人は移動先の花粉飛散状況を把握しておく方がいいでしょう。

そこで今回は、8月、9月、10月に花粉症の原因となる植物の花粉飛散状況を地域にわけてまとめてみました。

New! 10月、11月の花粉情報はこちら

【花粉情報】秋の花粉症はいつまで?10月、11月の花粉カレンダー~特徴や対策法も

New! 朝日放送「たけしの家庭の医学」で紹介されたスーパーフード”アカモク”とは?

New! あのスギ花粉たちがまたやってくる!2018年春の花粉予測!

【花粉情報】2018年春の花粉飛散予測第1報が発表!東日本・四国はスギ・ヒノキ花粉多め

花粉症の原因となる花粉

まずは花粉症の原因となる植物の種類の代表的なものをみてみましょう。

1 ハンノキ属(カバノキ科)

ハンノキ

(著作権者Σ64さん)

2 スギ

スギ

3 ヒノキ科

ヒノキ

4 シラカンバ(カバノキ科)

シラカバ

5 イネ科

スズメノカタビラ

著作権者Rasbakさ

6 ブタクサ属(キク科)

ブタクサ

7 ヨモギ属(キク科)

ヨモギ

8 カナムグラ(アサ科)

カナムグラ

(著作権者Yoshikazu Takahiraさん)

8月・9月・10月の花粉症の原因植物は?

8月、9月、10月の花粉症の原因となる主な植物は、イネ科、ブタクサ属、ヨモギ属、カナムグラです。

野原に生える植物の多くがイネ科です。いわゆる雑草ですね。また、イネ科の多年草の総称で芝にもイネ科の草が含まれています

ブタクサには、ブタクサオオブタクサがあって、ともに花粉症の原因になります。アメリカでは人口の5~15%がブタクサ花粉症との統計がありますが、日本においてもスギ、ヒノキに次ぐ患者数が存在するとされ、秋の花粉症の代表的な原因花粉です。

ブタクサオオブタクサも外来種。花粉を風にのせて雌しべ(めしべ)まで飛ばすことで繁殖します。風で目的地まで飛ばさないといけませんので、大量の花粉を飛ばします。

ヨモギ日本全国に自生してます。特有の香りがあり草餅にも使われる身近な植物です。お灸のもぐさ()もこのヨモギからできています。とても繁殖力が強く多年草で、ブタクサ同様秋の花粉症の代表植物です。

カナムグラは繁殖力が強い雑草で、茎にたくさんトゲがあり、他の植物にからみながら成長していきます。関東を中心に秋にたくさん飛散します。

次に地域別花粉飛散状況をみてみましょう。

8月、9月、10月の地域別花粉飛散状況

 ♦北海道地域

8月、9月にイネ科とヨモギが低レベルですが飛んでいるようです。

♦東北地域

秋の花粉症の原因花粉が総じて飛散しています。スギも少量飛び始めているようです。

♦関東地域

9月はブタクサ、カナムグラ、ヨモギがピークを迎えます。イネ科も夏から継続して飛んでいます。スギも9月になると飛び始めます。

♦東海地域

秋の花粉は飛んでいますが、大量ではありません。

♦関西地域

秋の花粉が総じて飛んでいます。10月にはスギも飛び始めています。

♦九州地域

同じく秋の花粉が総じて飛散しています。9月からスギも飛んでいるようです。

秋の花粉症はどの花粉が原因かわかりにくい

春の花粉症はスギやヒノキが原因であることがほとんどですが、花粉症の原因となる複数の植物が花粉飛散のピークを迎えるため、どれがアレルギーの原因なのかをつきとめるのが困難です。

すべて症状は鼻水、鼻づまり、皮膚や目のかゆみといった一般的な花粉症の症状。よってどの植物の花粉が原因でアレルギー症状が起きているかを確認したい場合には血液検査が必要です。

予防や治療方法も通常の花粉症対策と同じで、マスクや眼鏡を装着する、外出から戻ったら花粉を払う、抗アレルギー薬を服用するというなものです。

花粉症予防のコツ

♦マスクを着ける。

♦ワセリンを鼻の穴に塗って花粉をキャッチする。

♦目元カバーがついたメガネを着けて花粉が目に入るのを防ぐ。

♦外出から戻ったらシャワーしたり着替えをして花粉を体から取り除く。

♦可能であれば室内にいる。

♦できる限り窓やドアを閉めておく。

♦こまめに掃除機をかけ、水ぶきしてホコリをとる。

※1や各花粉飛散状況表は「鼻アレルギー診療ガイドライン2013年版」より引用、改変