【花粉情報】2018年春の花粉飛散予測第1報が発表!東日本・四国はスギ・ヒノキ花粉多め

スギ花粉 2018年春の花粉飛散予測

日本気象協会は、本日2017年10月3日に来シーズン2018年春の花粉飛散予測第1報を発表しました。

➡ こちらも!

【花粉】驚き!2018年春の花粉飛散予測が真逆に?!2つ花粉情報に違いが出る理由は?

1.各地域の来春花粉飛散予測

♦前シーズンと比較した地域別の花粉飛散予測

花粉飛散の量は、前年の夏の気象条件が大きく影響するそうです。

2017年の夏は、全国的に気温が高く、日照時間も多く、降水量は、北海道、東北、北陸で多いという結果でした。一般的に気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散量が多くなるといわれています。

これらをふまえて日本気象協会が来シーズンの花粉飛散予測を行ったところ、近畿や四国地方より東ではスギ・ヒノキ花粉の飛散量が前シーズンに比べて多くなる予想とされています。特に、関東甲信、東北、四国地方では、非常に多く飛散する地域もあると予想しています。中国地方は前シーズン並み、北海道、九州地方は、前シーズンと比べると少ない予測となっています。

■【前年比】来春のスギ・ヒノキの飛散予測(北海道はシラカバ)

  • 北海道:少なめ
  • 東北地方:約2倍
  • 北陸地方:地域にばらつきがあるがほぼ前年並み
  • 関東甲信地域:1.5倍以上
  • 東海地方:多め
  • 近畿地方:多め
  • 中国地方:一部多めの地域もあるものの前年並み
  • 四国地方:1.5倍以上
  • 九州地方:少なめ

♦例年と比較した地域別の花粉飛散予測

2008年~2017年の花粉飛散量と比較した来春の飛散量を以下のように予測してます。

■【例年比】来春のスギ・ヒノキの飛散予測(北海道はシラカバ)

  • 北海道:少なめ
  • 東北地方:一部多めの地域もあるがほぼ例年並み
  • 北陸地方:やや少なめ
  • 関東甲信地域:一部多めの地域もあるがほぼ例年並み
  • 東海地方:やや多め
  • 近畿地方:やや多め
  • 中国地方:やや少なめ
  • 四国地方:やや少なめ
  • 九州地方:例年並み

2.春の花粉症の対策は?

♦スギ花粉の飛散状況

スギ・ヒノキ花粉の春の花粉症のピークは2月~4月ですが、10月からすでに少量ながらも花粉は飛び始めています。

スギ花粉の地域別飛散状況(北海道はシラカバ)

スギ花粉地域別飛散状況

♦ピークが来る前に対策スタートがおすすめ

花粉が飛び始める1か月程度前から対策を開始すると症状が軽くなるといわれています。症状がひどい方は、早めに医師にご相談ください。

花粉症初期治療

シオノギ製薬HPより

♦根治を目指すなら舌下免疫療法

つらい花粉症を根本的に治す治療法として注目されているのが、花粉症に対する舌下免疫治療法です。

シダトレンという舌下液を毎日1回舌の下にたらします。約3年程度継続が必要ですが、自宅で服用できることや保険適用のメリットがあります。

先日、錠剤タイプのシダキュアが製造承認されました。シダトレンが冷蔵庫保存が必要だったのに対し、シダキュアは常温で保存がOKなので、より簡便性が高まります。シダキュアの販売開始時期などはまだ発表されていませんが、わかり次第お伝えします。

➡ シダトレン、シダキュアについてはこちら

【花粉症薬】花粉症の舌下免疫療法の薬に錠剤タイプのシダキュアが登場!舌下液シダトレンとの違いは?

舌下免疫療法を開始するには、アレルギーショックの副作用が起こらないように、花粉飛散量が少ない12月頃までとなっています。検討している方は早めに専門の病院に相談してください。

♦初期治療におすすめの市販薬

まずは花粉症の発症メカニズムを確認しましょう。

①体内に異物(花粉)が侵入すると免疫のしくみがそれを排除するか受け入れるか判断します。

②排除すると判断すると、その異物(花粉)に特有のIgE抗体などの抗体を作り始めます。IgE抗体はマスト細胞とよばれる細胞にくっついて待機しています。この状態を「感作」といい、まだ発症する前の段階です。

③再び同じ異物、すなわちアレルゲン(花粉)が体に入ってくると、IgE抗体が反応して、その結果、マスト細胞からヒスタミン、ロイコトリエンなどのアレルギー原因物質が放出されます。

④放出されたヒスタミンなどは鼻や喉などの粘膜にある受容体を刺激します。するとくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの反応がおこります。

春の花粉症の症状がひどくならないための初期治療の薬としては、③の原因物質ヒスタミンが放出されないように抑えるタイプのものがおすすめです。

●クラリチンEXとクラリチンEX OD錠

クラリチンEX OD錠

クラリチンEXは病院の処方薬と同じ抗ヒスタミン成分が含まれていて、ヒスタミンの放出を抑え、さらには放出されたヒスタミンが炎症を起こすのをブロックする作用もあります。花粉の飛び始めの時期から飲み始めると効果が高まるといわれています。

クラリチンは要指導医薬品なので、インターネットで購入はできません。

➡ クラリチンEXとクラリチンEX OD錠についてはこちら

【花粉症薬】人気のクラリチンEXとはどういう鼻炎薬?新製品クラリチンEX OD錠の特徴は?

●アレギザール鼻炎

ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンなどの放出を抑え、アレルギー性鼻炎の3大症状である、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりを抑えます。
発症前から服用することで、症状の発現を遅らせ、花粉シーズン中の症状を軽くします。
眠くなる成分が入っていません。

服用は、15歳以上で1錠1日2回となっています。

➡アマゾンで購入する

【第2類医薬品】アレギサール鼻炎 30錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

3.おわりに

本日、日本気象協会が発表した来春のスギ・ヒノキ花粉飛散予測によると、四国地方や関東、東北などの東日本は特に花粉が多いようです。花粉症の症状がひどい方は早めの対策を行って、少しでも症状を軽くしたいですね。

➡こちらも

たけしの家庭の医学で紹介された海藻アカモクとは?内臓脂肪の燃焼や花粉症対策に効果?!

【花粉症対策】花粉症に効く食べ物とは? 症状改善におすすめの食材8選

*参照

tenki.jp

鼻アレルギー診断ガイドライン2013