【花粉症薬】浅田真央さんでおなじみ「ストナリニZ」と「ナザールαAR」とは?9月14日「今日のつぶやき」

今日のつぶやき 花粉症薬

9月14日(木)「今日のつぶやき」は、すずめさんの「ストナ、サイトリニューアルしました」のつぶやき。

すずめさんはこの春惜しまれつつ現役を引退したフィギュアスケートの浅田真央さんのファンのようですが、その真央さんがイメージキャラクターをつとめている佐藤製薬の「ストナシリーズ」のウェブサイトが新しくなったようです。

「ストナシリーズ」は主に風邪が原因による鼻水、咳、熱などの症状を抑える薬ですが、花粉症などのアレルギーに関係する薬が「ストナリニシリーズ」。こちらも浅田真央さんがイメージキャラクターです。

花粉症薬 ストナリニ

ストナリニシリーズには「内服薬」、「点眼薬」、「点鼻薬」、「鼻うがい(鼻洗浄)薬」といった種類があり、それぞれ複数の製品がラインナップされていますが、今回はその中でも人気の製品を2つピックアップしてご紹介しましょう。

➡風邪薬は花粉症にも効く?

浅田真央でおなじみ風邪薬「ストナ」は花粉症にも効く?風邪と花粉症の見分け方、薬の選び方とは

ストナリニシリーズ人気の花粉症薬

■内服薬「ストナリニZ」

「ストナリニZ」は「セチリジン塩酸塩」という第二世代抗ヒスタミン薬を配合したアレルギー性鼻炎内服薬です。

抗ヒスタミン薬は花粉症の原因物質ヒスタミンなどが受容体を刺激するのを防ぐ作用をもちますが、「セチリジン塩酸塩」は第二世代の抗ヒスタミン薬なので、眠くなりにくいといわれています。ただし、乗り物や機械類の運転操作はしないでください。

「セチリジン塩酸塩」は処方薬では「ジルテック」という名前で、世界中で広く用いられている医療薬です。

1日1回1錠を服用します。

「ストナリニZ」を他の抗ヒスタミン薬と効き目と眠気の基準で比較すると以下のようになります。

花粉症薬おすすめ 相関図

「ストナリニZ」と「コンタック鼻炎Z」は同じ抗ヒスタミン成分(セチリジン塩酸塩)が同量含まれています。

■点鼻薬「ナザールαAR0.1%」

 

点鼻薬の中で人気のブランド「ナザール」のステロイド点鼻薬「ナザールαAR0.1%」。

ステロイドが含まれる市販の花粉症薬は点鼻薬のカテゴリしかありませんが、「ナザールαAR」には「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」というステロイドが病院の処方薬と同量(1噴射あたり)入っています。

抗ヒスタミン薬は配合されていないので、眠くなることはありません。

1日朝夕2回。最大3か月間使用できます。ステロイドが含まれているので、長期にわたる使用はさけてください。

おわりに

この時期、花粉症は春に次いでピークを迎えていますが、花粉症の鼻炎でお悩みの人には「ナザール」や「ストナリニ」はおなじみのお薬。これからも浅田真央さんが花粉症でつらいときに癒してくれることを期待しています。

すずめさん、貴重なつぶやき、ありがとうございました!

関連記事:

【花粉症症状】秋は咳にも注意。花粉症と風邪との見分け方や治療薬の選び方

【花粉症治療】花粉症対策に必見!薬の種類や治療法とは?最新情報も掲載

参照:佐藤製薬HP