【点鼻薬3選】花粉症の鼻の悩みに即効性。節税も可能なステロイド入り鼻スプレーおすすめ3選

ステロイドと聞くと、効き目が強い一方怖い薬だというイメージを持ち、積極的に使用したくないという人も少なくありません。しかしステロイドは用法用量を守り正しく使えば安全な薬です。

ステロイドは、アレルギーの原因となるヒスタミンによって引き起こされた鼻や目のアレルギー反応を抑える強い作用があります。治療の効果を上げるために病院の処方薬ではよく登場します。

現在、そのステロイドが入った花粉症対策の市販薬は、鼻スプレー(点鼻薬)のみです。

市販のステロイド入り鼻スプレーの中には、もともとは医療用医薬品として病院でしか処方されなかった有効成分を、一般用医薬品として店頭販売できるように切り替えたスイッチOTC医薬品もでてきています。スイッチOTC医薬品はセルフメディケーション税制対象商品ですので、節税することも可能です。

<関連記事> 上手に薬を活用するコツ。節税もできる花粉症鼻炎向け市販薬のまとめ

そこで今回は節税も可能なスイッチOTC医薬品のステロイド入り鼻スプレーを3つご紹介します。

浅田真央さんでおなじみ「ナザールαAR0.1%<季節性アレルギー専用>」

「ナザールαAR0.1%」製品情報

「ナザールαAR0.1%」浅田真央さんのCMでおなじみの佐藤製薬が製造販売元鼻スプレーです。

「ナザールαAR0.1%」には「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」というステロイド医療用と同量(1噴霧中)配合しています。ベクロメタゾンプロピオン酸エステルとは「アンテドラッグタイプ」のステロイドで、患部でよく効いた後、体内で作用の弱い物質に分解されるとされています。ベクロメタゾンプロピオン酸エステルの働きにより鼻の中のうっ血や炎症を抑え、鼻の通りをよくします。

眠くなる成分(抗ヒスタミン成分)は入っていません。

用法朝夕1日2回(両鼻腔に1回1度ずつ)の使用が基本ですが、症状により1日1~4回に増減します。

対象成人(18歳以上)です

ステロイドには長期間の使用や使いすぎによって副作用があらわれることあるため、「ナザールαAR0.1%」「1年間に3ヵ月以内」の使用期間の制限を設けています。

メーカー希望小売価格は10mL 1,980円(税抜き価格)です。

ステロイドの量を半分にした「ナザールαAR〈季節性アレルギー専用〉」

「ナザールαAR」 製品情報

ナザールブランドにはベクロメタゾンプロピオン酸エステルの分量を0.05%「ナザールαAR0.1%」の半分にした「ナザールαAR〈季節性アレルギー専用〉」もあります。

ベクロメタゾンプロピオン酸エステルの分量が半分になった以外は、抗ヒスタミン成分が入っていないこと、用法・対象・使用期間など「ナザールαAR0.1%」と同じです。

メーカー希望小売価格は10mL 1,880円(税抜き価格)です。

『Mr.CONTAC』キャラクターでおなじみ「コンタック鼻炎スプレー<季節性アレルギー専用>」

コンタック鼻炎スプレー 製品情報

「コンタック鼻炎スプレー」1996年からマスコットとなっている『Mr.CONTAC』の薬といえばわかるでしょう。発売元グラクソスミスクライン(略称GSK)ですが、製造販売元佐藤製薬です。実は「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」は、1964年英国グラクソ社(現GSK)医療用として初めて開発した点鼻ステロイド薬の成分です。佐藤製薬とのライセンス契約により、「コンタック鼻炎スプレー」「ナザールAR」(「ナザールαAR」の前身製品)と共にスイッチOTC医薬品として初めて「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」を配合した点鼻薬なのです。

「コンタック鼻炎スプレー」にはステロイドベクロメタゾンプロピオン酸エステルが0.05%入っています。「ナザールαAR〈季節性アレルギー専用〉」と同量です。

眠くなる成分(抗ヒスタミン成分)は入っていないことも、2つの「ナザールαAR」ブランド製品と同じです。

また用法や対象年齢も「ナザールαAR」ブランド2つと同様です。

しかし、使用期間の制限は1年の間に1か月以内とより「ナザールαAR」ブランド2つより短くなっています

この理由についてGSKお客様窓口に電話で確認してみたところ、「コンタック鼻炎スプレー」と「ナザールαAR」の中身は同じだが、佐藤製薬は厚生労働省に対して「ナザールαAR」が1年で3か月以内で安全性が問題ないという審査承認の手続きを行っているのに対して、GSKはそれを行っていないので1年で1か月以内のままにしている、という違いだそうです。

メーカー希望小売価格は10mL 1,877円(税抜き価格)です。

まとめ

花粉症対策の市販薬で唯一ステロイド入りがあるのが鼻スプレー病院に行く時間がない時に上手に活用するといいですね。またセルフメディケーション税制を考慮して、賢く市販薬を使用していきたいものです。
今回ご紹介した3つの鼻スプレーはどれもスイッチOTC医薬品でセルフメディケーション税制対象商品です。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりがひどく一刻も早く症状を抑えたい時には、ステロイド成分の含量が処方薬と同じ「ナザールαAR0.1%」。そこまでひどくはないが即効性がほしい時にはステロイド成分量が半分の「コンタック鼻炎スプレー」や「ナザールαAR0.05%」と自分の症状に合わせて選ぶとよいでしょう。

<関連記事>

花粉症対策点眼薬を選ぶポイントは?おすすめ市販点眼薬3選

コスパで人気の市販鼻炎薬「アレルビ」と「鼻炎薬Aクニヒロ」。どんなものかまとめてみた