【化学物質過敏症解説】香りに「炎上」しちゃう人がいるんです!7月16日「今日のつぶやき」は香水アレルギーのつぶやき

7月16日(日)「今日のつぶやき」橙S☆take_yさんフジテレビ・ニュースで「香害ホットラン」を見た感想のつぶやきから。

日本消費者連盟人工的なにおいに敏感になって悩んでいる人の相談を受けつける「香害110番」を設置する件は、「花粉症クエスト」でも7月14日にニュースでお伝えしました。

「花粉症クエスト」ニュース・7月14日

国民病といわれる花粉症には社会の理解がすすんできましたが、化学物質過敏症については認知が広まっていないのも事実。

「化学物質過敏症」とは特定の化学物質に接し続けていると、のちにわずかなその化学物質に接触するだけで、頭痛などの症状が発症するものです。

原因としては、過去に多量の化学物質にさらされてきたことで、体の耐性の限界を超えてしまったことによります。原因となる物質は特定のものではなく、どの化学物質でも原因になる可能性があります。

例えば香水も化学物質過敏症の原因のひとつです。「香水アレルギー」と呼ばれることもあるようにアレルギーの症状と似ていますが、アレルギーが免疫反応によるものに対して、化学物質過敏症は自律神経のバランスが崩れておこることが中心のようです。アレルギーは原因物質も症状も誰でも比較的似ているものですが、化学物質過敏症は原因も症状も人によってばらばらであることが、化学物質過敏症がなかなか認知が進まない理由でもありそうです。

【化学物質過敏症の症状例】

・発汗異常、手足の冷え

・不眠、不安、うつ

・運動障害、知覚障害

・のどの痛み、乾き

・下痢、便秘、悪心

・目のかゆみ

・心臓の動悸

・アレルギー症状(ぜんそく、皮膚炎など)の発症

橙S☆take_yさんのフォローワーさんからは、

「香害柔軟剤洗剤って凶器だよ」

「何もしてないのに目眩で立っていられず強い吐き気に頭痛、そして過呼吸で死にそうな思いさせられてるんだよ?」

頭痛、吐き気、咳です。肺マック症の私には猛烈に辛いが、近所中臭いです。一ヶ所だけでなくなってきました」

なるべく広まるといいねぇヽ(;▽;)ノ

といった声が寄せられています。

なんでもない人にとってはよい香りであっても、それに過敏に反応してしまう人もいることを知っておきたいですね。

橙S☆take_yさん情報ありがとうございました!

参照:「住まいの科学情報センター」