fbpx

【花粉飛散予測第3報】2018年春の花粉ピーク時期は全国的に例年並みも東京は長め

日本気象協会 花粉情報 予測 2018年春の花粉予測第3報 各地のピーク予測 東日本

1月16日、日本気象協会が2018年各地のスギ・ヒノキ花粉の飛散ピーク予測について発表しました。

春の花粉開始時期については日本気象協会、ウェザーニュースとも一致して2月上旬と予測しています。

➡New!今年の花粉はいつまで?

【花粉情報】2018年春の花粉はいつまで?~ピークは西日本で3月下旬、東日本は4月上旬までか?

➡2018年花粉シーズンスタート、花粉量は?

【花粉飛散予測第4報】関東一部、西日本など2018年春の花粉飛散スタート、最新飛散量予測も~日本気象協会、ウェザーニュース

それでは、日本気象協会が発表した各地の春の花粉ピーク予測についてみてみましょう。

1.各地の春の花粉ピーク予測

●スギ花粉
スギ花粉のピークは、
  • 金沢と仙台では3月中旬から下旬
  • 東京のピークは3月上旬から4月上旬となり、多く飛ぶ期間が長い
  • 福岡では2月下旬から3月上旬
  • 高松・広島・大阪・名古屋では3月上旬から中旬

と予測しています。

●ヒノキ花粉

スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉のピークが始まりますが、ヒノキ花粉のピークは、

  • 金沢と仙台は4月を中心にヒノキ花粉が飛散。ただし飛散量は他地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはない
  • 東京では4月上旬から中旬
  • 高松・大阪・名古屋では4月上旬から中旬
  • 福岡では3月下旬から4月上旬
  • 広島では4月上旬
となる見込みです。

日本気象協会 2018年春の花粉予測第3報 各地のピーク予測 東日本

日本気象協会 2018年春の花粉予測第3報 各地のピーク予測 東日本

➡正しく室内の花粉対策できてますか?テストしてみよう!

【花粉症対策診断③室内編】室内の花粉対策レベルをチェックしよう!(15問)

2.ピーク時期は例年並み、東京は長め

スギ・ヒノキ花粉の飛散量がピークになる時期は、花粉シーズン中の気温や予想される総飛散量と関係があるといわれています。

今年の2月、3月の気温は北日本では平年並みか高く、東日本、西日本ではほぼ平年並みの予想です。

よってピーク時期を早めるほどではないため、スギ・ヒノキ花粉それぞれのピーク時期は例年並みの見込みです。

ただし、東京の昨年のピーク予測は3月上旬から3月中旬まででしたが、今年は昨年よりも長く3月上旬から4月上旬まで続く見込みとしています。

3.飛散開始は2月上旬

春の花粉飛散の開始時期に影響するこの先1月下旬から2月は、北日本では平年並みか平年より高く、東日本と西日本は平年並みの気温となるため、2018年春のスギ花粉の飛散開始は全国的に大きく早まることはなく、例年並みの2月上旬に九州や中国、四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンが始まる見込みです。

ただし、スギ花粉は飛散開始日(*1)と認められる前から、少量でも花粉が飛び始めます。2月を待たずに1月のうちから花粉対策を始める方がよさそうですね。

(*1)飛散開始日:1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日

➡早く飲み始めると効果があるとも

人気No1アレグラFXと同じ効能効果で価格が安い

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

➡2018年春の花粉飛散開始時期について

4.花粉飛散量は多めの所が多い

2018年春の花粉飛散量について、日本気象協会では、前年と比較して、東北、関東甲信、四国地方では前シーズンの1.5倍以上とするなど、多めとする所が目立ちます。

具体的には、前年比較で、東北190%、関東甲信160%、四国150%、東海120%、近畿110%との見込みです。

参照:日本気象協会HP