fbpx

【花粉症薬】効き目が強い処方薬「アレロック」とは?アレグラやザイザルとの違いは?

効き目が強い処方薬アレロックとは?アレグラやザイザルとの違いは?

花粉症などのアレルギー性鼻炎向け処方薬の中で、効き目がとても強いと評価されているのが「アレロック」です。アレロックの特徴や、アレグラ、ザイザルとの違いをご説明します。

1.アレロックとは

・アレロックは第2世代抗ヒスタミン薬

アレロックは薬の製品名で、その成分はオロパタジンという第2世代抗ヒスタミン薬です。

花粉に対して身体に抗体ができてしまうと、身体に侵入した花粉に反応してヒスタミンという物質が細胞から分泌され、それが鼻や目の粘膜を刺激することでくしゃみ、鼻水、かゆみなどの炎症が起こります。これが花粉症です。

抗ヒスタミン薬は、放出されたヒスタミンが粘膜を刺激しないようにブロックすることによって症状を鎮める作用があります。第1、第2と世代が分かれているのは、開発された年代の違いで、副作用の強さが異なるためです。第1世代の抗ヒスタミン薬は効き目は強いのですが、脳に入りやすいため眠気や口の渇きといった副作用が目立ちます。脳でヒスタミンは集中力、活動、記憶などに関係しているので、ヒスタミンがブロックされると眠気などが起こりやすいのです。その点を改善したのが第2世代で、眠気や口の渇きが感じにくくなっています。

また、アレロックには抗ヒスタミンをブロックする作用だけでなく、抗アレルギー作用とよばれるヒスタミンの分泌そのものを抑える働きもあります。

なお、第2世代抗ヒスタミン薬が用いられる花粉症の主な症状は、くしゃみや鼻水です。鼻づまりがきついときには、抗ロイコトリエン薬やステロイドの入った点鼻薬も併用します。

➡花粉症の鼻づまりに用いられる処方薬

【花粉症薬】花粉症の鼻づまりに効く処方薬シングレア・キプレス(モンテルカスト)とオノン(プランルカスト)とは

・じんましんや皮膚のかゆみにも

アレロックは、花粉症の鼻炎症状だけでなく蕁麻疹(じんんましん)や発疹、皮膚のかゆみにも使用されます。
蕁麻疹や発疹も花粉症と同じようにヒスタミンによって引き起こされるアレルギー反応であることが多いためです。ただし、花粉症の場合は花粉が原因ですが、蕁麻疹や発疹は原因がさまざまあります。

・アレロックの用量用法

アレロックには5mg、2.5mgの錠剤と5mg、2.5mgのOD錠(注:口の中に入れるとすぐに唾液で解ける製剤で、服用する際に水や噛み砕いて飲む必要がないタイプ)があります。

通常、7歳以上には1回1錠(5mg)を朝・寝る前の1日2回服用します。
2.5mgの錠剤は、副作用が強く出すぎる場合や、高年齢者など量が少なくても効果が得られる場合に使用されます。

2歳以上7歳未満の小児には粉薬のアレロック顆粒もあります。

・ジェネリックがある

アレロックにはオロパタジンというジェネリック医薬品(後発医薬品)があります。

  • アレロック5mg 51.5円
  • オロパタジン5mg 13.1~27.6円

ジェネリックは同じ主成分が同量入っているため効能効果は同じですが、違いは薬を固めるためなどの添加物です。また価格が安く設定されています。

・市販薬はない

アレロックのOTC医薬品(市販薬)はまだありません。

・同じ成分の点眼薬がある

アレロックの成分オロパタジンが含まれる「パタノール点眼液」があります。

花粉症などのアレルギー性結膜炎の治療によく用いられます。

花粉症 点眼薬 パタノール

➡アレルギー性結膜炎用の点眼薬にどんなタイプがある?

花粉症に効く目薬 よく処方される医療用点眼薬や人気の市販目薬

【花粉症薬】花粉症でよく処方される医療用点眼薬や人気の市販目薬とは

・車の運転はしないように

前述したように、第1世代の抗ヒスタミン薬と比べればアレロックの眠気の副作用は軽減されていますが、服用時には車などの運転や危険な機械などの操作は避けるようにしてください。

2.アレグラやザイザルとの違い

アレグラやザイザルもアレロックと同じ第2世代抗ヒスタミン薬です。

・アレグラ

アレグラの主成分フェキソフェナジンは副作用の眠気が少ないのが特長で、アレロックと異なり服用中の車の運転が禁止されていません。

12歳以上では60mgを1日2回服用します。7歳以上11歳の小児は30mgを1日2回服用します。

ジェネリック医薬品も多くでており、花粉症の鼻炎症状で最も多く処方されている薬です。

また、すでにOTC医薬品(市販薬)の「アレグラFX」も発売されています。小児用アレグラFXも2017年に発売されましたが、要指導医薬品なのでインターネットでは購入できません。薬剤師さんのいる薬局でお求めください。

アマゾンで買う

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

アレグラのジェネリック市販薬もあります。アレグラFXより価格が安いです。

アマゾンで買う アレルビ

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

・ザイザル

ザイザルの主成分はレポセチリジンといい、ジルテック(製品名)の主成分セチリジンの眠気を改良した薬です。ジルテックと効き目の強さはほぼ同じで眠気が軽いので、アレグラ同様よく処方されています。

ジルテックにはすでにOTC医薬品として「ストナリニZ」「コンタック鼻炎Z」がありますが、ザイザルはまだOTC医薬品はありません。

アマゾンで買う

【第2類医薬品】ストナリニZ 14錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

ザイザルは作用時間が長く、15歳以上では5mgを1日1回服用するだけで済む薬です。
7歳以上15歳未満の小児は2.5mgを1日2回、朝食後および就寝前に服用します。

眠気の副作用は抑えられているものの、服用時の車の運転などはアレロック同様に禁止されています。

➡ザイザルは効き目が強いが眠気に注意

花粉薬ザイザルの効果、ジルテックやアレグラとの違い

【花粉症薬】花粉症の処方薬「ザイザル」とは?ジルテックやアレグラとの違い

・眠気と効き目で比較

主な第2世代抗ヒスタミン薬を眠気と効き目で比較したものが以下のグラフです。

2016年に新しく発売されたビラノアとデザレックスは2017年12月から長期処方も可能になりましたので、これから処方される機会が増えると予想されます。

➡発売から1年たち1か月分処方してもらうことも可能に

花粉症薬 ビラノアとデザレックス 比較 注目の花粉症薬

【花粉症薬】処方薬ビラノアとデザレックスとは~アレグラやザイザルよりも人気になる?!

第二抗ヒスタミン薬 眠気と効き目 比較

➡Pick Up! 花粉症のセルフチェックに役立てよう!

特集!花粉症の症状~風邪や寒暖差アレルギーとの違い、鼻水、かゆみ、咳、頭痛など、症状チェック!

➡診断第三弾「室内編」はこちら~寝室やリビングの花粉対策できてますか?
花粉症対策診断 第三弾 室内編 正しい花粉対策できていますか?チェックしよう

【花粉症対策診断③室内編】室内の花粉対策レベルをチェックしよう!(15問)

➡あのNISSINの自信作

乳酸菌で花粉症対策

たった2粒”に“ヨーグルト約50kg分”にもあたる乳酸菌5,000億個を配合【アレルライトハイパー】

たった2粒”に“ヨーグルト約50kg分”にもあたる乳酸菌5,000億個を配合【アレルライトハイパー】

コメント

  1. 富田和彦 より:

    今年は1月早々からアレロック後発薬、パラノールを服用して来ましたが、以前との効果にあまり変化はなく途方に暮れています。アレロックは最も強い薬のようですが、効果が期待できないとなると諦めるしかないのでしょうかね。

    • 花粉症クエスト運営事務局 より:

      コメントありがとうございます。
      1月から初期療法も行われていらっしゃるとのこと、効果を期待したいところです。
      一般論としてアレロックは強い効き目と評価されていますが、薬の効き方には個人差があるので、よく医師にご相談してみてください。
      どうぞお大事にしてください。
      引き続きお役に立ちそうな情報をピックアップしてご紹介していきます。今後ともよろしくお願いいたします。