fbpx

人工涙液で花粉症の目のかゆみを防ぐ!?目薬タイプの洗眼剤も出た!

人工涙液で花粉症の目のかゆみを防ぐ!?目薬タイプの洗眼剤も出た!花粉症,花粉症薬,花粉症対策,点眼液,目薬,人工涙液,洗眼剤,ロートソフトワン点眼液,アイリスCL-Iネオ,ソフトサンティア,ウェルウォッシュアイ,市販薬

目の渇き対策に利用される人工涙液が、花粉による目のかゆみにもおすすめです。2018年12月には、目薬タイプの洗眼剤ウェルウォッシュアイも新発売に!

ここでは人工涙液の特徴や、花粉症の目のかゆみを軽減するメカニズムをご説明します。

1.人口涙液とは

人工涙液とは、涙に近い成分でつくられた目薬です。

空気が乾燥しているときや、スマホやPCを長時間使っているときに、目が乾いてゴロゴロすることがあります。本来はまばたきで涙が補充されるのですが、涙の蒸発量が増えているときや、まばたきの回数が減っているときは、涙の量が減ってしまいます。

人工涙液はこのような目の乾きに涙を補う目的でよく利用されています。

2.”防腐剤フリー”が人気の理由

人工涙液が人気になった理由の一つが、ベンザルコニウム塩化物などの防腐剤が入っていないタイプの市販薬が販売されるようになったことです。

目の渇きの原因のひとつにコンタクトレンズの使用があります。コンタクトを使うと目の表面の水分量が不安定になり、目の渇きにつながりやすい。防腐剤が入っている目薬は一般的にコンタクトレンズ装着時に使うことができませんが、入っていないタイプであれば、ハードコンタクトレンズだけでなく、ソフトコンタクトレンズを着けているときに直接目にさすこともできるのです。

3.花粉のハッチアウト(破裂)対策にも

人工涙液は不足する涙を補い、花粉やゴミ、目ヤニなどの異物を洗い流す効果もあります。

花粉は目の中に入ると、やがてハッチアウト(破裂)します。

スギ花粉は直径30μm程度の大きさなので、結膜を通り抜けらません。目の中に留まっているとそのうちハッチアウト(破裂)します。すると花粉中にある原因物質(アレルゲン)が目の中に放出されアレルギー症状が現れます。

目に入った花粉がハッチアウトを起こす前に早く洗い流せれば、アレルギー症状の予防や軽減につながるわけです。

4.目薬タイプの洗眼剤が登場

人工涙液は不足する涙を補うことが主の目的なので、1回の点眼ではせいぜい1~2滴です。

もっとしっかり目を洗いたい、と感じるときに利用されるものがアイボンなどの洗眼剤です。洗眼剤で目を洗うと爽快感があるので人気ですが、目を洗うカップの構造上、目の周りについている汚れも一緒に目に入ってしまうデメリットがあります。

それを解決する商品が新発売された点眼洗眼薬のウェルウォッシュアイです。

ウェルウォッシュアイは目を洗うように1回あたり4~6滴を点眼します。目からこぼれる液剤をふき取るためにティッシュなどを目の下に置いて使用します。

防腐剤は含まれていませんが、目の中を洗う目的なので、コンタクトレンズは外してから使用してください。

参天製薬HPより引用

ウェルウォッシュアイの使い方

ウェルウォッシュアイは病院や薬局で販売されています

ウェルウォッシュアイ 点眼型洗眼液

5.併用も可能。上手に活用しよう!

点眼洗眼薬で目に入った花粉を早く外に洗い出せれば、症状がひどくなるのを防ぐことができます。また、目の乾燥は花粉症の症状の悪化につながるので、人工涙液で目の潤いを保つことは花粉症対策にも効果的です。

人工涙液と点眼洗眼薬は併用することも可能ですので、花粉シーズンに上手に活用してみてください。

ソフトサンティア 5mL×4本

Amazon価格:593円(2019年3月7日時点)

アマゾンで買う

アイリスCL-Iネオ 30本

Amazon価格:648円(2019年3月7日時点)

アマゾンで買う

ロートソフトワン点眼液 5mL×4

Amazon価格:616円(2019年3月7日時点)

アマゾンで買う