浅田真央でおなじみ風邪薬「ストナ」は花粉症にも効く?風邪と花粉症の見分け方、薬の選び方とは

風邪と花粉症 ストナ 浅田真央

2017年10月31日(火)、新横浜スケートセンターでフィギュアスケーターの浅田真央さん、浅田舞さんの小学生スケート教室とトークショーが行われました。

このイベントは、症状別に「液体inカプセル」が特長の風邪薬「ストナシリーズ」の新 テレビCM『トリプルカプセル』篇が11月 1日(水)より全国一斉にオンエアされることを発表するのに合わせて行われたものです。

そこで今回は、風邪と花粉症を併発してしまったときに風邪薬は花粉症に効くのか、ストナシリーズの中で風邪にも花粉症にも効くタイプはどれか、についてご説明します。

➡乾燥に注意!

【花粉症原因】空気の乾燥が花粉症の原因に?~秋から冬の花粉症には皮膚の乾燥にも注意!

➡寒暖差に注意!

激しい温度差で起こる「寒暖差アレルギー」の症状や原因、対策法とは?

1.風邪と花粉症の症状の違い

風邪と花粉症の症状は似ているものが多く、どちらが原因で症状が発症しているのか悩むでしまうことも多いですね。

風邪と花粉症の症状の比較花粉症と風邪の症状比較

目のかゆみは風邪が原因で起こることはないので、目のかゆみがあるときには花粉症が起こっていると考えてよさそうです。
花粉症でも微熱が出ることはありますが、高熱だったり強い悪寒があれば、風邪の症状と思って問題ないようです。

風邪の場合は通常数日から1週間程度で症状が収まるのですが、長く症状が続く場合には花粉症を疑ってみてください。

2.風邪薬で花粉症にも効くの?

・抗ヒスタミン成分が入っているタイプ

風邪薬の中には「抗ヒスタミン成分」とよばれる薬が入っているタイプがあります。

抗ヒスタミン成分は、くしゃみ、鼻水といったアレルギー症状を起こす原因物質「ヒスタミン」が炎症を起こすのをブロックする作用があるものです。「クロルフェニラミンマレイン酸塩」、「クレマスチンフマル酸塩」、「ジフェニルピラリン塩酸塩」などが抗ヒスタミン成分です。

この抗ヒスタミン成分が入っている風邪薬であれば、花粉症が原因の鼻炎症状にも効果が期待できます。但し、一般的に風邪薬に含まれる抗ヒスタミン成分量は花粉症の薬と比べると少ないため、鼻炎などの症状を抑える効果が穏やかです。一方、風邪薬には鼻炎症状を緩和する以外の成分も含まれていますので、花粉症薬の代用として長期的に服用することはやめましょう。

・併用は避けて

花粉症の鼻炎薬の中にも抗ヒスタミン成分が入っているものが多くあります。

抗ヒスタミン成分には眠くなったり、口が渇くといた副作用がありますので、抗ヒスタミン成分が入っている風邪薬と花粉症薬を併用してしまうと、副作用が多くでる危険性があります。

したがって、風邪の症状が強いときには、いったん花粉症薬はストップするなど風邪薬と花粉症薬の併用は避けるように注意してください。

風邪も花粉症の症状も辛く、両方の薬が必要なときには、薬の飲み合わせを素人が判断するのは難しいので、病院で診察を受けたり、薬局にいる薬剤師さんに相談をしてみてください。

3.ストナシリーズの中で花粉症にも効くタイプ

・ストナシリーズの中で花粉症にも効くタイプ

風邪薬 ストナシリーズ 花粉症にも効くのはどのタイプ

ストナシリーズには、症状別に「ストナジェルサイナス」「ストナプラスジェルS」「ストナアイビージェルS」の3つのタイプがあります。

このうち、「ストナジェルサイナス」「ストナプラスジェルS」には、抗ヒスタミン成分の「ジフェニルピラリン塩酸塩」が4mg入っています。

「ストナジェルサイナス」には、「ジフェニルピラリン塩酸塩」に加えて「ベラドンナ総アルカロイド」という抗コリン作用がある成分も入っていて、副交感神経に働いて鼻水を抑えます。「ストナジェルサイナス」が3つの中で特に鼻水、鼻づまりに効くタイプといわれる理由がこの2つの成分です。

「ストナプラスジェルS」には、鼻炎に効く抗ヒスタミン成分も入っていますが、「L-カルボシステイン」という痰(たん)を出しやすくする成分が入っています。咳や痰の症状がひどいときにはこちらのタイプがよさそうですね。

どちらのタイプも1日3回の服用です。

アマゾンで買う

【指定第2類医薬品】ストナジェルサイナスS 36カプセル

*「ストナジェルサイナス」と同じ抗ヒスタミン成分が同量入っています。

・花粉症にはストナリニシリーズ

ストナの姉妹ブランド「ストナリニシリーズ」がアレルギー性鼻炎に効くタイプの薬です。花粉症の方にはこちらの薬がおすすめです。

■ストナリニZ

アレルギー性鼻炎の原因となるヒスタミンが分泌するのを抑える作用(抗アレルギー作用)と、放出されてしまったヒスタミンをブロックする作用(抗ヒスタミン作用)が含まれています。

1日1回の服用です。

アマゾンで買う

【第2類医薬品】ストナリニZ 14錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

■ナザールαAR0.1%

病院で処方されるステロイド薬と同じ成分が同量入っています。市販薬でステロイドが入っている薬があるのは鼻スプレーだけです。

アマゾンで買う

【指定第2類医薬品】ナザールαAR0.1%<季節性アレルギー専用> 10mL ※セルフメディケーション税制対象商品

4.おわりに

フィギュアスケート選手だった真央さんといえば冬から春にかけて活躍するイメージ。真央さんをテレビで見ると「スギ花粉症対策しなくては」と筆者はよく思っていました。

これから冬へと移っていきますが、風邪も花粉症もしっかり予防、対策したいですね。外出から家に戻ったときには、体から花粉を取り払ったり、手払い、うがいを心掛けましょう。

➡おすすめ花粉症市販薬

【花粉症薬】10月、11月にもおすすめの速く効くタイプの花粉症市販薬(ネット通販可)