fbpx

【あさイチ】和食プロの「ねぎまのお椀」レシピや、トローリ甘い「ネギの一本焼き」の作り方、ネギの健康パワーや保存術とは?《とくもり12月3日》

【あさイチ】和食プロの「ねぎまのお椀」レシピや、トローリ甘い「ネギの一本焼き」の作り方、ネギの健康パワーや保存術とは?《とくもり12月3日》

2019年12月3日のNHK「あさイチ」”クイズとくもり”のコーナーでピックアップしたのは「長ネギ」

冬に旬を迎える「長ねぎ」は、シャキシャキだけど、料理すると甘くてトロトロに!おいしいだけでなく、「風邪の予防効果」が期待できる“健康パワー”まで含まれています。

ここでは番組で放送された、家庭でできる甘~い「ネギの一本焼き」の作り方や、和食プロが教えてくれた「ねぎまのお椀」レシピ、保存術などをご紹介します。

参照:NHKあさイチ

ハッピーレシート iPhoneアプリ ダウンロード

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら

「ネギの一本焼き」レシピ

フライパンとオーブントースターのW使いでネギを焼きます。ネギの甘味を引き出すには、早く温度を引き上げること。フライパンは蓋をして焼いてください。

ネギを辛く感じるのは酵素があるからですが、素早く温度を上げることで、酵素の働きを殺すことができるのです。

また、焼く前には根本は絶対に切らないでください。焼いている間に切り落としたところから甘味がどんどん失われてしまいます。根本は焼いた後に切ってください。

●【材料】

  • ・長ネギ
  • ・サラダ油

●【作り方】

  • 1.ネギはできるだけ切らないようにする。フライパンとトースターにぎりぎり入る大きさに切る
  • 2.フライパンに油をひき温める。そこにネギを入れ蓋をして、片面1分ずつ焼く。しっかり焼き目をつける
  • 3.アルミホイルで包んで、トースターに入れ10分間蒸し焼きにする
  • 4.アルミホイルから取り出し、皿にもる

できあがり!

「ねぎまのお椀」レシピ

健康パワーがつまった長ネギをたっぷり食べるのにおすすめのレシピ「ねぎまのお椀」を和食のプロが教えてくれました。まるでネギが素麺になったように、サラサラといくらでも食べられますよ!

●【材料】2人分

  • ・長ネギ 1本
  • ・刺身 6切れ *マグロ、ブリ、カンパチ、サーモンなど。豚バラ肉でもおいしい!
  • ・顆粒だしの素 和風 3g
  • ・濃い口しょうゆ 小さじ1
  • ・みりん 大さじ1
  • ・塩 3g
  • ・水 900ml

●【作り方】

  • 1.長ネギを白い部分と青い部分に切り分ける
  • 2.それぞれ、縦半分に切り、長めの斜め細切りにする
  • 3.だし汁を作る。鍋に湯をわかし、顆粒だしの素、濃い口しょうゆ、みりん、塩を加える
  • 4.3に刺身を入れる
  • 5.刺身の表面が白くなったら、ネギの白い部分を入れ、1分加熱する
  • 6.次に、青い部分を入れ30秒加熱する。加熱しすぎないこと!
  • 7.器に盛りつける

できあがり!

ネギのパワーとは

長ネギの白い部分には、硫黄成分が多く含まれており、血流や体温をアップする効果が期待できます。

青い部分の内側は「ヌル」と呼ばれ、レクチン成分が豊富です。レクチンには風邪と戦う免疫力をアップする働きがあります。

つまり、長ネギには、血流・体温をアップと免疫力アップのWの働きがあるのです、

白い部分も青い部分もどちらも熱に強いので、調理してたっぷり食べるのがおすすめです!

また、ネギを薬味として使う場合、辛味が気になるときには、刻んだ後に3分間水にさらしてください。こうすると、辛味成分だけが抜け出し、他の栄養成分はそのまま保存できます。

ネギの上手な保存の仕方

ネギを保存するには、青い部分と白い部分を切り分け、さらに白い部分を2等分、合計3等分にしてください。これを紙タオルなどでくるみ、冷凍用と保存袋に入れ、冷蔵庫で保管します。白い部分なら3週間、青い部分は2週間程度保存できます。

最後に

冬は旬で甘味がアップするネギ。体を温めたり、風邪予防も期待できるので、たっぷり食べたいですね。

✅きょうの料理 12月号

アマゾンで買う

✅お買い物をしたら、レシートを捨てないで!

大人気!\健康に評判の食品やグッズのレシートを撮るとポイントがもらえる/アプリがあるんです!1000ポイントで100円のAmazonポイントに交換可能です!

ハッピーレシートアプリ 画面

ハッピーレシート レシートがお金に変わる 豆腐を買ったレシートでポイントがもらえる

ハッピーレシートアプリのダウンロード(無料)はこちらから↓↓

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら