fbpx

【あさイチ】鈴木登紀子さんの「すし飯」や「ひと口おすし」レシピ~お酢にはどんな働きがある?

2019年4月25日放送のNHK「あさイチ ”みんな!ゴハンだよ”」では、手軽にできて、節目の日にも食べたいにぎりずし」のつくり方を紹介!教えてくれたのは、大正13年生まれ94歳の料理研究家の”ばぁば”こと鈴木登紀子さんです!NHK「きょうの料理」の看板講師としておなじみですね。

今回もばぁばが、おいしいすし飯のポイントに、スモークサーモン、かまぼこ、薄焼き卵、きゅうりなどのネタの合わせ方を楽しく教えてくれました!

休日の行楽弁当にもおすすめですよ!

ここでは、「すし飯」や「ひと口おすし」のレシピや、お酢の働きについてお伝えします!

参照:NHKあさイチ、タマノイ酢

「にぎりずし」の作り方

●材料
  • ・米 カップ2
  • ・水 カップ2強
  • ・昆布 1枚
  • ・(合わせ酢)酢 4分の1カップ、塩・砂糖 各大さじ2分の1
  • ・具はお好みで!スモークサーモン、かまぼこ、薄焼き卵、きゅうりなど
●作り方
  • 1.米を手早くとぎ鍋に入れて1時間以上おく
  • 2.1にこぶを入れて火をつける (強火)
  • 3.煮立ったら昆布と取り出す
  • 4.ごく弱火で12~13分間  *3合なら13~14分、4合なら14~15分
  • 5.火を止めて9分間蒸らす *酢飯は9分、白いご飯は10分
  • 6.5をしゃもじでかるく混ぜる
  • 7.6をすしおけに入れる
  • 8.合わせ酢の調味料をボールに入れて混ぜる *手で混ぜると手のぬくもりでよく混ざる
  • 9.7に8をいれて、しゃもじで寝かすようにまんべんなく混ぜる
  • 10.9をうちわであおぎながら、切るように混ぜる
  • 11.濡れたふきんで10のごはんをまとめる
  • 12.幕ノ内型を濡らしておく
  • 13.12にごはんを詰めて、型から取り出す
  • 14.13にお好みの具をのせる

できあがり!

NHK「きょうの料理」看板講師!鈴木登紀子先生の本

アマゾンで買う

お酢の種類や働き

お酢のすっぱい味のもとは、主成分である酢酸です。

●お酢の種類

お酢にはその原料や作り方からいくつかの種類があります。

  • ●醸造酒:アルコールを原料としアルコール発酵させたもの
  • ●穀物酢:米などを原料にして発酵させたもの
  • ●果実酢:果実の搾汁を原料にして発酵させたもの。バルサミコ酢はぶどう酢の一種
  • ●合成酢:氷酢酸または酢酸を水で薄め、砂糖類、酸味料、うま味調味料等で味を整えたもの
●お酢の働き

お酢には以下のような働きがあると言われています。

  • ●便秘改善 *胃酸の分泌を促す作用があり、腸の善玉菌を増やしたり、便通改善効果があります
  • ●疲労回復 *疲れた時にお酢と糖分を一緒に摂ることで、より効果的にグリコーゲンを補給できます
  • ●内臓脂肪を減らす *毎日摂取すると効果的です
  • ●ガン抑制効果 *特に黒酢に効果があると報告されています
  • ●高血圧を抑制する *毎日摂取すると効果的です

お酢には殺菌効果もありますので、すし飯はこれから暑くなる季節にお弁当にぴったりですね。

お酢を毎日摂って、健康維持に役立てましょう!

 ばぁば1500超のレシピから40品を厳選

アマゾンで買う

✅お酢を買ったら、レシートを捨てないで!

大人気!\健康に評判の食品やグッズのレシートを撮るとポイントがもらえる/アプリがあるんです!1000ポイントで100円のAmazonポイントに交換可能です!

ハッピーレシートアプリ 画面

ハッピーレシート レシートがお金に変わる アスパラガスを買ったレシートでポイントがもらえる

ハッピーレシートアプリのダウンロード(無料)はこちらから↓↓

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら