fbpx

花粉症で経済損失額1日2,215億円も⁉マスクの不満を「MoriLabo花粉バリアスティック」で解消して仕事効率アップしよう!

花粉症で経済損失額1日2,215億円も⁉マスクの不満を「MoriLabo花粉バリアスティック」で解消して仕事効率アップしよう!

春になると花粉のせいで鼻はグズグズ、目はショボショボに。最新のリサーチによると、花粉症が原因で出社をためらった人が6割にものぼり、仕事のパフォーマンス低下による経済的損失額が1日あたり約2,215億円とも推定されるそう⁉また、多くの人が仕事中の花粉対策グッズとしてマスクを活用するものの、そのうち約4割の人がマスクに不満を抱えているようです。

ここでは、最新の花粉症と仕事に関する調査結果をみながら、仕事のパフォーマンスアップにつながるおすすめ花粉対策の方法についてご紹介します!

1.花粉症が働く意欲を奪う

エステー株式会社が2019年12月に行った「花粉対策と仕事における生産性への影響に関する実態調査」(*1)によると、約7割の人が花粉症によって仕事に影響が出たことがあり、そのうち約9割が「集中力の低下」を訴えました。また、約4割の人が「影響は1日あたり3時間以上に及ぶ」と答えました。さらに、全体の約6割が「出社したくないと思ったことがある」と回答するなど、花粉症が働く意欲へ大きく影響していることが判明しました。

エステー調べ

エステー調べ

2.経済的損失額は1日2,215億円にも⁉

花粉症による働く意欲の低下は経済活動に大きく影響。パナソニック株式会社が2020年1月に実施した「社会人の花粉症に関する調査」(*2)によると、花粉症に起因する経済損失額は1日あたり約2,215億円になると推計されるそうです。(*3)

国民病ともいわれる花粉症だけに、想像を超える巨大な額の損失額ですが、職場でどのような症状がマイナスの影響を与えているのでしょうか。

3.鼻や目の症状、薬の副作用がつらい

前出のエステーが実施した最新の調査をみると、7割以上の人が職場で鼻や目の症状で悩み、薬の副作用によって約3割の人が「眠気」、約2割の人が「だるさ」を感じていることがわかりました。

”職場でもマスクを着用すればいいのでは?”と思うかもしれませんが、マスクに対する不満も少なくないのです。

エステー調べ

4.マスクへの不満も多い

仕事場で花粉対策に用いられるアイテムの中で最も多いのがマスクです。エステーの調査でも、約8割の人が仕事中にマスクを使用していると回答。ところが、そのうち約4割の人がマスクに不満を抱えている結果となりました。

ならばマスクの性能をアップすれば、仕事のパフォーマンス向上につながるはず。そこで、マスク性能をアップできるおすすめアイテムをご紹介しましょう。

エステー調べ

5.マスクの性能をアップ!「MoriLabo花粉バリアスティック」

マスクの性能をアップし、花粉対策に役立つと人気のアイテム、それは「MoriLabo 花粉バリアスティック」です。

MoriLabo 花粉バリアスティック

「MoriLabo 花粉バリアスティック」とは

「MoriLabo花粉バリアスティック」は、トドマツという樹木の香り成分を配合したスティック状の薬剤。マスクの外側に軽くひと塗りして、マスクのまわりに香りのバリア層をつくります。空中を浮遊しているスギ花粉がそのバリア層に入ってくると、トドマツの香り成分がスギ花粉をコーティングしてアレル物質の働きを低減します。

マスクは使用していると顔との間に隙間ができて、そこから花粉が鼻や口に侵入します。「MoriLabo 花粉バリアスティック」の香り成分でマスク周りに浮遊するスギ花粉をコーティングすれば、マスクの隙間から侵入する花粉に対しても対処することができます。

香りで花粉をガードするしくみ 

※「花粉バリアスティック」に約10%配合されているトドマツオイル原体はスギ花粉をコーティングすることにより、アレル物質の働きを低減するという研究成果が報告されています。

エステーHPより引用

6.工場従事者やドライバーの間で評判に

「MoriLabo 花粉バリアスティック」は、工場で機械を操作する従業員さんや、運送業のドライバーさんなど、眠気などの副作用が心配で花粉症の薬を服用できない仕事の人たちの間で好評だそうです。マスクをしている鼻や口はもちろん、目の周りへの影響も緩和できたといった声もあり、また、天然成分で安心なことも人気の理由になっています。

♪企業向けパッケージとして「MoriLabo 花粉バリアスティック20本セット」も新発売に!

企業向け「20本セット」

7.「MoriLabo 花粉バリアスティック」の使い方

「MoriLabo 花粉バリアスティック」の使い方は簡単!マスク外側の鼻付近に4~5㎝程度かるくひと塗りするだけ!約4時間おきに1日3~5回使用します。

1本で約45日(1日4回の場合)使用できるので、1シーズンに1本で足りそうです。

エステーHPより引用

8.まとめ

今年は暖冬の影響で花粉が例年よりも早く飛び始め、花粉シーズンがダラダラと長く続く所が多いようです。「MoriLabo 花粉バリアスティック」のようなアイテムを有効活用して、花粉シーズンでもしっかり仕事に集中できるようにしたいですね。

MoriLabo 花粉バリアスティック

アマゾンで買う

MoriLabo モリラボ マスクの外に塗る 花粉バリアスティック

(メーカー価格:オープン/実勢価格:税込み1,078円)

➡次世代型花粉対策グッズ「MoriLabo 花粉バリスティック」の詳しいことはこちら↓
注目の花粉対策グッズ「MoriLabo花粉バリアスティック」!評判やおすすめの使い方を徹底紹介!

注目の花粉対策グッズ「MoriLabo花粉バリアスティック」!評判やおすすめの使い方を徹底紹介!

(*1)「花粉対策と仕事における生産性への影響に関する実態調査」:2019年12月27日~12月28日、20歳~59歳の花粉症患者且つ有職者の男女603名に対して実施したインターネットによるアンケート調査

(*2)「社会人の花粉症に関する調査」:2020年1月17日~1月19日、20歳から60歳までの花粉症患者1,324名を対象にしたインターネット調査。

(*3)花粉症による労働力低下の平均時間を元に、平成30年分民間給与実態統計調査結果(国税庁)と2019 年労働時間等実態調査集計結果(経団連)から、労働が低下すると感じる社会