fbpx

(2019年版)【花粉症薬】処方薬ビラノアとデザレックスとは~アレグラやザイザルよりも人気になる?!

(2019年版)【花粉症薬】処方薬ビラノアとデザレックスとは~アレグラやザイザルよりも人気になる?!

花粉症向けの医療用医薬品で2016年11月に発売になったビラノアとデザレックスは、発売から1年が過ぎて長期処方(例:1か月分)が可能になり、2019年の春の花粉シーズンではますます処方数が増えると予想されています。日本医科大学大学院の大久保公裕教授によると、2018年シーズンではデザレックスはあまりに処方が多くて販売停止にまでなったそうです。ところがデザレックスはメーカーが2019年1月に管理不備を理由にが自主回収を行ったため、現時点ではどこの病院でも処方ができなくなりました。

ここではビラノアデザレックスとはどんなタイプのお薬なのか概要や特徴についてご説明します。

➡花粉症に貼って治す薬とは?

花粉症,花粉症薬,アレルギー性鼻炎,アレサガテープ,久光製薬,エメダスチンフマル酸塩,レミカット,テープ剤,第2世代抗ヒスタミン薬 花粉症などのアレルギー性鼻炎に貼って治すテープ剤「アレサガテープ」薬価 子どもへの適用 市販薬の有無

【花粉症薬】花粉症などのアレルギー性鼻炎に貼って治すテープ剤「アレサガテープ」発売!薬価は?子どもには?市販薬は?~サロンパスの久光製薬から

1.ビラノア・デザレックスとは

ビラノア、デザレックスとも2016年11月に国内で発売された第2世代抗ヒスタミン薬です。

どちらもアレルギー性鼻炎、蕁麻疹(じんましん)、皮膚疾患に効くとされています。

●ビラノア
  • ・製品名は「ビラノア錠」、一般名は「ビラスチン」
  • ・有効成分:1錠あたりビラスチン20mg
  • ・用量・用法:15歳以上に1日1回1錠を空腹時に服用(空腹時とは食前1時間前、食後2時間後以降)
  • ・薬価:1錠75.6円
●デザレックス
  • ・製品名は「デザレックス錠」、一般名は「デスロタラジン」
  • ・有効成分:1錠あたりデスロラタジン5mg
  • ・用量・用法:12歳以上に1日1回1錠、任意の時間に服用可
  • ・薬価:1錠65.5円

➡日医大・耳鼻咽喉科教授の松根先生もビラノア、デザレックスをよく処方する

高齢者も花粉症になる傾向、子供の感染症に有効な治療法は花粉症薬!?~日医大・松根教授に聞く

2.どんな特徴?

・ビラノア

●効き目が速く強い

ビラノアは効き目が速い、すなわち最高血中濃度に速く到達することが特長です。

個人差はあるものの、効き目の強さはアレグラよりも強くザイザルとほぼ同程度とも言われています。

グラフの下の薬剤の方が速効性に優れているとされる

【主な第2世代抗ヒスタミン薬の最高血中濃度達成時間比較】 エバスチン(エバステル)、ケトチフェン(ザジテン)、ロタラジン(クラリチン)、フェキソフェナジン(アレグラ)、エピナスチン(アレジオン)、デスロタラジン(デザレックス)、セチリジン(ジルテック)、ベポタスチン(タリオン)、オロパタジン(アレロック)、レポセチリジン(ザイザル)、ビラスチン(ビラノア)

●空腹時服用でないと効果発揮しない

ただし、食後に服用すると約40%も効果が低減します。用法の注意にもあるように空腹時(食前1時間前、食後2時間後以降)に服用しないと効果が存分に発揮されません。

●眠くなりにくい、車の運転の禁止や注意がない

眠気の出やすさは、アレグラと同等かそれ以下とのデータがあります(*)ので、眠気の副作用を気にしなくてよい薬です。自動車運転等への注意喚起がありません。

(*)H1 受容体占拠率が現在国内で販売されている抗ヒスタミン薬の中で最も少ない(=眠気が少ない)と評価されている

●安い

1日1回服用で1日あたりの薬価は75.6円。アレグラが1日2回服用で1日あたり薬価が114.8円。ザイザルが1日1回服用で1日あたりの薬価が87.8円であることからみて、ビラノアはコストパフォーマンスが良い薬といえるでしょう。

・デザレックス

●クラリチンの進化系

デザレックスの成分デスロタラジンは、人気の花粉症薬「クラチリン」の主成分ロタラジンの進化系です。誰にでも安定的に効果が発揮できるように改変されていて、クラリチンよりも速く確実に効果が発現します。

●効果の持続性が高い

デザレックスは効果の持続性が高いことが特徴です。ビラノア同様に服用回数が1日1回ですみます。

グラフの上の薬剤の方が持続性に優れているとされる。

主な第2世代抗ヒスタミン薬の血中濃度半減期比較 エバスチン(エバステル)、ケトチフェン(ザジテン)、ロタラジン(クラリチン)、フェキソフェナジン(アレグラ)、エピナスチン(アレジオン)、デスロタラジン(デザレックス)、セチリジン(ジルテック)、ベポタスチン(タリオン)、オロパタジン(アレロック)、レポセチリジン(ザイザル)、ビラスチン(ビラノア)

●効き目はビラノアと同程度かやや弱いか

ビラノアとの効き目の強さの比較調査では、ビラノアの方が強かったという結果も、同程度だったという結果も報告されています。

●いつ飲んでもいい

ビラノアは空腹時に飲まなければ効果が十分に発現されませんが、デザレックスには食事による服用制限はありません。その点はビラノアより便利な薬といえるでしょう。

●眠くなりにくい、車の運転の禁止や注意がない

クラリチンの進化系だけに、眠くなりにくいという特長があります。車の運転に関する注意事項もありません。

●安い

1日1回服用で1日あたりの薬価は65.5円。ビラノアが1日1回服用で1日あたりの薬価は75.6円円なので、コストが安さが特長のひとつです。

*2019年1月7日にデザレックスの製造販売元MSDが管理不備を理由に自主回収を行い販売再開は未定と発表しました。2019年春の花粉シーズンの間に販売再開は難しいようです。

3.まとめ~効き目と眠気の比較

ビラノアもデザレックスも1日1回の服用で効果が持続し、アレグラやクラリチンと比較して眠くなりにくさで負けていない点が大きな魅力です。

効き目の強さはアレグラよりも強くザイザルと同程度という使用者の評価もあることから、効き目と眠さのバランスがかなり良い薬と期待できます。

また、なんといっても価格が安いことが魅力です。

2016年11月に発売開始となり、それから約1年間は14日分までしか処方することができませんでしたが、2017年12月からは長期処方が可能になりました。

例年花粉症の薬を1か月分程度まとめて処方してもらっている、という方にも2018年からは処方されることが多くなりました。2019年シーズンはさらに多くの患者さんに処方されると予想されています。

【ビラノア・デザレックスの特徴まとめ】

  • 1日1回服用(ビラノアは空腹時、デザレックスは食事制限なし)
  • 眠くなりにくい
  • 効き目が比較的強い(速い)
  • 価格が安い
  • 1ヶ月など長期処方が可能に
  • 後発品(ジェネリック)はない
  • 同じタイプの市販薬はない

なお、ビラノア、デザレックスとも、現時点では処方薬のみで、市販薬は販売されていません。(2019年1月15日時点)

価格の比較(2019年1月15日時点)
名称 1日あたり薬価 後発品有無
デザレックス 65.5円 なし
ビラノア 75.6円 なし
ザイザル 87.8円 なし
アレグラ 114.8円 あり

*アレグラのジェネリック商品(後発品)は価格が約半分程度

主な第2世代抗ヒスタミン薬の効き目と眠気の比較(花粉症クエスト編集部調べ)

第二世代抗ヒスタミン薬 効き目と眠気 比較チャート ビラノア アレグラ ディレグラ エバステル クラリチン アレジオン デザレックス ザイザル ジルテック タリオン アレロック ザジテン ルパフィン

➡ザイザルは効き目が強いが眠気に注意

(2019年版)【花粉症薬】花粉症の処方薬「ザイザル」とは?ジルテックやアレグラ、ビラノア、デザレックスとの違い レボセチリジン セチリジン  第2世代抗ヒスタミン

(2019年版)【花粉症薬】花粉症の処方薬「ザイザル」とは?ジルテックやアレグラとの違い

➡効き目が強いアレロックの特徴は?

(2019年版)【花粉症薬】効き目が強い処方薬「アレロック」とは?アレグラやザイザル、ビラノア、デザレックスとの違いは?

(2019年版)【花粉症薬】効き目が強い処方薬アレロックとは?アレグラやザイザルとの違いは?

➡人気の花粉症薬アレグラFXと同じ主成分で価格が安い

アマゾンで買う

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

➡ロート自慢の最大濃度が目のかゆみに効く

ロートアルガード クリアブロックZ

アマゾンで買う

【第2類医薬品】ロートアルガードクリアブロックZ 13mL ※セルフメディケーション税制対象商品

コメント

  1. 松本みわ より:

    ジルテック(コンタックZ)が効きません。ビラノアって市販されているのか知りたかったのに、肝心のこの情報がないので残念です

    • 花粉症クエスト運営事務局 より:

      コメントありがとうございます。
      ビラノアは2016年11月に処方薬として販売され、2017年12月から長期処方が可能になりましたが、まだ市販薬はでていません。
      ご指摘いただいた点、記事に追記いたします。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
      花粉症クエスト