fbpx

『健康カプセル!ゲンキの時間』頻尿・尿漏れ「尿トラブル」対策法とは?「弾性ストッキング」が効果的?最新のレーザー治療法とは?(11月21日)

『健康カプセル!ゲンキの時間』頻尿・尿漏れ「尿トラブル」対策法(11月21日)

2021年11月21日のTBS系列『健康カプセル!ゲンキの時間』で取り上げたテーマは、「頻尿・尿漏れ…尿トラブル」!

頻尿や尿漏れなどの尿トラブルに悩んでいる人は中高年の約7割にも及ぶといわれています。番組では、尿トラブルの原因や改善法をピックアップ。

教えてくれたのは、女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長 医学博士 奥井伸雄先生です。

参照:CBC「健康カプセル!ゲンキの時間」

頻尿対策法①スクワット

頻尿の原因には、冷え性、不安&ストレス、過活動膀胱などがあります。さらに男女それぞれの原因もあるそうです。

男性の頻尿で多い原因は、前立腺の肥大です。

前立腺は、膀胱の下に位置し尿道が通っています。加齢などで前立腺が肥大し尿道を圧迫すると、排尿に時間がかかって出しきれなくなり頻尿につながってしまうそうです。

一方女性の頻尿の原因では、加齢や出産などにより骨盤底筋が衰えることがあります。骨盤底筋は、膀胱や尿道を支える筋肉で、衰えると頻尿などにつながるそうです。

奥井先生によると、どちらも改善するには、スクワットがおすすめだそうです。

筋肉を刺激すると、男性ホルモンのテストステロンが分泌されます。テストステロンは、男性だと前立腺の肥大を抑制、女性の場合は骨盤底筋の機能が向上し、頻尿の改善につながります。下半身の大きな筋肉を鍛える方が、テストステロンがより分泌されるので、スクワットを行うのが効果的です。

頻尿対策法②弾性ストッキング

夜中の頻尿の原因のひとつは、ふくらはぎにあります。

私たちは体内の水分量を一定に保つため、排尿で調整しています。

老化により血管が衰えると、ふくらはぎに水分がたまりやすくなります。すると、夜寝ているときに、ふくらはぎにたまった水分が尿に代えられ、目が覚めてしますのです。

このような夜中のトイレに効果的なのが、「弾性ストッキング」や「ふくらはぎ用サポーター」を利用すること。夜間頻尿の診療ガイドラインでも第一選択の治療法として推奨されているそうです。

奥井先生によると、日中の数時間にストッキングやサポーターを履けばOK。ストッキングの圧力で、ふくらはぎに水分に貯まるスペースが少なり、夜に横になったときに、尿が作られにくくなります。

医療用弾性ストッキング

アマゾンで買う

頻尿対策法③レーザー尿失禁治療法

妊婦以外の女性専用の最新治療法です。

特殊なレーザーを膀胱に挿入して、膀胱の筋肉を温めます。すると、衰えた尿周りの筋肉の血流がよくなり、腹圧性尿失禁が改善します。

欧米ではすでに普及しており、治療後には1年後にも90%改善したというデータも報告されています。

まとめ

頻尿や失禁の対策・治療法は日々進化しています。お悩みをお持ちの方は、早めに専門の医療機関に相談するようにしてください。

アマゾンで買う

➡人気の「アレグラFX」と同じ有効成分で価格が安め!

アレルビ

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品