fbpx

「 アレルギー 」一覧

アレルギー

さまざまなアレルギーの病気に関する情報をお伝えします。

 

 

【花粉症症状】原因はアレルギー?風邪?寒暖差?夏の鼻水の見分け方や対策法とは~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長・金井憲一先生が解説

【花粉症症状】原因はアレルギー?風邪?寒暖差?夏の鼻水の見分け方や対策法とは~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長・金井憲一先生が解説

猛暑で夏バテになり、鼻水が出る、咳がとまらない、などの症状を訴える人が多くいます。しかし、その原因が夏風邪なのか、花粉症やダニなどのアレルギー性鼻炎なのか、寒暖差によるものなのか、迷うことも少なくありません。そこで、連載『名医が教える!花粉症の治し方』では、NPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の理事で、こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長の金井憲一先生に、この時期の「鼻水の種類の見分け方や対策法」や「風邪薬と花粉症薬の併用可否」について、わかりやすく解説していただきました。

花粉症などのアレルギー性鼻炎には「治療薬3点セット」が効く~相模原病院・谷口正実先生が解説

花粉症などのアレルギー性鼻炎には「治療薬3点セット」が効く~相模原病院・谷口正実先生が解説

国立病院機構相模原病院でアレルギー治療の最前線に立たれている谷口正実・臨床研究センター長に、前回(Part1)は、アレルギー治療の第一歩、原因物質を突き止める「アレルギー検査」について解説していただきました。今回(Part2)は、すでに起こってしまった花粉症などのアレルギー性鼻炎症状を鎮めるために、谷口先生がおすすめする「治療薬3点セット」(抗ヒスタミン薬、点鼻ステロイド薬、抗ロイコトリエン薬)についてお伝えします。

アレルギー検査とは?花粉症やアレルギー治療は原因物質を突き止めることから!~相模原病院・谷口正実先生が解説

アレルギー検査とは?花粉症やアレルギー治療は原因物質を突き止めることから!~相模原病院・谷口正実先生が解説

アレルギー疾患はこれまでスギ花粉、ダニだけといったシングルアレルギゲンで悩む患者さんが中心でしたが、最近は複数の原因物質に悩む「マルチアレルギー」が増えています。そこで、国立病院機構 相模原病院の谷口正実・臨床研究センター長に、花粉症をはじめとしたマルチアレルギー疾患の効果的な治療法についてお話をお聞きしました。ここでは、谷口先生のお話の中からPart1として、「アレルギー治療の第一歩は原因物質を突き止めることから。アレルギー検査とは」をお伝えします。

花粉やダニ対策には寝具の丸洗いが効果的?!花粉症・ダニアレルギー向けおすすめ寝具対応4選

花粉やダニ対策には寝具の丸洗いが効果的?!花粉症・ダニアレルギー向けおすすめ寝具対応4選

国民の半数がすでになんらかのアレルギーになり、その患者数は年々増加傾向。夏から秋にかけてはイネ科やブタクサの花粉だけでなく、繁殖したダニの死骸やフンが原因でアレルギー性鼻炎に悩む人も増えています。特にダニアレルギーは子どもに多くみられる症状で、親御さんとしてはなんらか対策をしてあげたいと思うものです。花粉やダニ対策の中でも長時間を過ごす寝室や寝具向けの対応はとりわけ重要です。そこで今回は、花粉やダニや、そのアレルゲン除去に役立つ「寝具対応」を4つご紹介します。

藤田紘一郎教授の「酢キャベツ」は腸内環境を改善する?検査キット【腸内チェック】でテストしてみた!

藤田紘一郎教授の「酢キャベツ」は腸内環境を改善する?検査キット【腸内チェック】でテストしてみた!

花粉症やアトピーなどのアレルギー、肥満、うつ病など、多くの疾患に影響しているのが、腸内環境。浅草にある「Hacco's Table」でその「腸活」をテーマとした東京医科歯科大学名誉教授・藤田紘一郎先生の講演会が開催されました。そこで藤田紘一郎先生がおすすめしたのが「藤田式腸活・酢キャベツ」。実際に一般モニターの方が酢キャベツを2週間食べ、その始めと終わりで腸内環境が改善したかをテストしたんです! ここでは、「藤田式腸活・酢キャベツ」のトライアル・テストの結果や、テストに用いられた検査キット『腸内チェック』をご紹介します!

デブ菌を減らし善玉菌とヤセ菌を増やす!腸活「酢キャベツ」で花粉症対策やダイエットを!~東京医科歯科大・藤田紘一郎教授に聞く

デブ菌を減らし善玉菌とヤセ菌を増やす!腸活「酢キャベツ」で花粉症対策やダイエットを!~東京医科歯科大・藤田紘一郎教授に聞く

東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生は、花粉症やアトピーなどのアレルギーはもちろん、生活習慣病、うつ病などあらゆる現代病に腸が大きく関係していると指摘します。ここでは、藤田先生の「なぜ腸内環境が大切なのか」「腸内細菌を増やし腸内環境を整えるにはどうしたらいいのか」に関するお話と、先生が監修された、デブ菌を減らして善玉菌とヤセ菌を優位にする「藤田式腸活・酢キャベツ」レシピをご紹介します!

喘息と思ったらイネ科やカバノキ科花粉症だった?子どもの舌下免疫療法で小児喘息を予防?~相模原病院・谷口先生に聞く(後編)

喘息と思ったらイネ科やカバノキ科花粉症だった?子どもの舌下免疫療法で小児喘息を予防?~相模原病院・谷口先生に聞く(後編)

シラカバなどのカバノキ科花粉症はブナ、コナラ花粉でも反応し、北海道や長野だけなく東京や神奈川でも患者が増加。症状が咳だけで喘息と間違われることも。子どのときにスギやダニの舌下免疫療法を行うとマルチアレルギーを防ぎ小児喘息などになりにくい~アレルギー中心拠点病院である相模原病院・臨床研究センター長、谷口正実先生の講演をご紹介します。(後編)

なぜ増える?大人の喘息!ダニ、ペット、カビ、虫など室内アレルゲンの特徴や対策法は?~相模原病院・谷口先生に聞く(前編)

なぜ増える?大人の喘息!ダニ、ペット、カビ、虫など室内アレルゲンの特徴や対策法は?~相模原病院・谷口先生に聞く(前編)

増加している大人の喘息。梅雨や夏の時期は、成人喘息などのアレルギーの原因になるダニやカビが繁殖しやすい。ここでは、喘息が発症するメカニズムや、原因であるダニ、ペット、カビ、虫など「室内アレルゲン」の特徴や対策法について、国のアレルギー中心拠点病院である相模原病院・臨床研究センター長の谷口正実先生の解説をご紹介します。(前編)

【花粉症症状】花粉だけじゃない!目のかゆみ、涙目、充血、ゴロゴロ、目ヤニなどの結膜炎の原因や対処法

【花粉症症状】花粉だけじゃない!目のかゆみ、涙目、充血、ゴロゴロ、目ヤニなどの結膜炎の原因や対処法

花粉シーズンに目のかゆみや涙目、充血が起これば、花粉症と疑いますが、目の炎症の原因は必ずしも花粉とは限りません。そこで今回は目の結膜で起こる炎症の原因や対処法についてご説明します。

【花粉症原因】空気の乾燥が花粉症の原因に?~秋から冬の花粉症には皮膚の乾燥にも注意!

【花粉症原因】空気の乾燥が花粉症の原因に?~秋から冬の花粉症には皮膚の乾燥にも注意!

秋から冬へと移り変わるこの時期、空気の乾燥が気になりますね。空気の乾燥は肌の乾燥を引き起こし、花粉症をはじめとしたアレルギー症状の原因となることがわかってきました。まだブタクサやイネ科など秋の花粉症の花粉が飛んでいるだけに注意が必要です。そこで今回は皮膚の乾燥と花粉症などのアレルギーとの関係をご説明し、対策法についてご紹介します。