「 花粉症症状・原因 」一覧

花粉症の症状や原因についてお伝えします。

紫外線だけでなく花粉やPM2.5、黄砂が原因で肌にシミができる!メナードがメカニズムを解明

紫外線だけでなく花粉やPM2.5、黄砂が原因で肌にシミができる!メナードがメカニズムを解明

花粉症の症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが一般的。しかし、花粉が原因でカラダに起こるトラブルはそれだけではありません。特に女性は気になる「お肌のシミ」にも関係していることが、日本メナード化粧品の研究で明らかになりました。ここではシミができるメカニズムや、紫外線だけでなく花粉、黄砂、PM2.5などの大気汚染物質がシミ形成に及ぼす影響ついてご説明します。

池上彰のニュースそうだったのか!スギが少ない都会に花粉症の人が多いのはなぜ?コンクリート?大気汚染?

池上彰のニュースそうだったのか!スギが少ない都会に花粉症の人が多いのはなぜ?コンクリート?大気汚染?

池上彰氏が話題のニュースを分かりやすく解説するテレビ朝日「池上彰のニュースそうだったのか!」で2018年4月14日に取り上げられた「花粉症」。45年間も花粉症に悩んでいる池上さんが田舎よりも都会に多い実態について、その背景や原因を説明します。コンクリートで花粉をあびる機会が増える?大気汚染で花粉が破裂すると肺の病気に?

花粉が爆発?!大気中の花粉アレルゲン実態究明で花粉症問題に取り組む~埼玉大・王青躍教授インタビュー

花粉が爆発?!大気中の花粉アレルゲン実態究明で花粉症問題に取り組む~埼玉大・王青躍教授インタビュー

「花粉爆発」理論が多数のテレビ番組などで取り上げられている、花粉研究第一人者・埼玉大学大学院教授の王青躍先生。王先生は大気中に花粉症の原因物質アレルゲンが花粉から放出されていることを発見し、花粉アレルゲンとPM2.5 といった大気環境との関係性を解明することで問題究明に取り組んでいます。王先生に花粉爆発メカニズムや花粉計測方法、中国などの新興国の花粉症問題についてお話を伺いました。

ドライアイで花粉症の目のかゆみが悪化する?!花粉症とドライアイは併発することも!

ドライアイで花粉症の目のかゆみが悪化する?!花粉症とドライアイは併発することも!

「今年の花粉症は目がかゆい」という声を耳にします。スギ花粉に加えてヒノキ花粉がここ数年にないほど大量に飛散していることが一因と考えられますが、「ドライアイ」が影響していることも?!順天堂大学の研究でドライアイの患者数がこれまでの診断より実際には33%も多かったことが判明。ここではドライアイとは何か、国民病といわれるドライアイと花粉症による目の症状の関係性、対策法やおすすめグッズについてお伝えします。

【花粉症症状・原因】雨で花粉症がひどくなる?喉のイガイガ、痛み、咳がでるのはなぜ?

【花粉症症状・原因】雨で花粉症がひどくなる?喉のイガイガ、痛み、咳がでるのはなぜ?

雨の日やその翌日に花粉症の症状がひどくなる傾向があります。一般的に花粉症といえば鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみが中心ですが、雨の日には喉のかゆみや痛み、咳などが起こることが多くありませんか。ここでは雨が与える花粉への影響や雨の日の花粉症の症状の特徴、その対策法などをご説明します。

【花粉症症状】朝、花粉で鼻水が止まらない!モーニングアタックの原因や対策法とは?

【花粉症症状】朝、花粉で鼻水が止まらない!モーニングアタックの原因や対策法とは?

朝起きてすぐに鼻水、鼻づまり、くしゃみが止まらない症状を花粉症の「モーニングアタック」といいます。モーニングアタックによって目覚めが悪くなることはもちろん、朝の用事がはかどらない、1日を通して気分が塞いでしまったなど、QOL(生活の質)に大きな影響を与えています。モーニングアタックはどうして起こるのでしょうか?その原因や対策法をご紹介します。

【花粉症症状】子どもの「花粉症で頭が重い」は見過ごされがち、メガネ・マスクは必需品~子どもの花粉症調査

【花粉症症状】子どもの「花粉症で頭が重い」は見過ごされがち、メガネ・マスクは必需品~子どもの花粉症調査

子どもの花粉症患者数の増加、低年齢化の傾向が指摘されています。そこで花粉症クエストでは「子ども(15歳未満)の花粉症の症状に関するアンケート調査」を実施。頭が重い、喉がかゆいなど子どもが上手く言葉にできない症状は見過ごされがちなこと、大半の人が子どもの花粉対策にメガネ・マスクを活用していることなどがわかりました。調査結果からわかった子どもの花粉症の傾向をレポートし、おすすめの子ども用マスク・メガネをご紹介します。

日医大・大久保公裕先生に教わる!子どもの花粉症の原因、特徴、治療薬

日医大・大久保公裕先生に教わる!子どもの花粉症の原因、特徴、治療薬

舌下免疫療法など花粉症治療の権威、日本医科大学教授の大久保公裕先生が理事長のNPO「花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会」が2月25日に主催した「第5回花粉症市民講座」にて大久保先生がご講演された内容の中に、子どもの花粉症の背景、症状の特徴、治療法についてご説明がありました。今回はそのお話をご紹介します。

【花粉情報】ヒノキ花粉はいつまで飛ぶの?ヒノキ花粉症の特徴は?

【花粉情報】ヒノキ花粉はいつまで飛ぶの?ヒノキ花粉症の特徴は?

春の花粉症の原因花粉といえばスギとヒノキ。3月下旬になるとヒノキ花粉の飛散がピークになります。実はスギ花粉症の人もヒノキに反応していることもあります。先日(2018年4月4日)放送されたフジテレビ系列「とくダネ!」で今年のヒノキ花粉飛散量が昨年の428倍と報道され、今年のヒノキ花粉の多さに衝撃が広がっています。ここでは、ヒノキの特徴、ヒノキ花粉の飛散時期、ヒノキ花粉症の症状や対策法についてご説明します。

【花粉症症状】花粉だけじゃない!目のかゆみ、涙目、充血、ゴロゴロ、目ヤニなどの結膜炎の原因や対処法

【花粉症症状】花粉だけじゃない!目のかゆみ、涙目、充血、ゴロゴロ、目ヤニなどの結膜炎の原因や対処法

花粉シーズンに目のかゆみや涙目、充血が起これば、花粉症と疑いますが、目の炎症の原因は必ずしも花粉とは限りません。そこで今回は目の結膜で起こる炎症の原因や対処法についてご説明します。