fbpx

「 花粉症症状 」一覧

花粉症の症状や原因

花粉症の症状や原因に関する記事のコーナーです。

秋の花粉症とは《前編:原因花粉の種類・症状の特徴・口腔アレルギー》ふたばクリニック・橋口一弘院長が解説!

秋の花粉症とは《前編:原因花粉の種類・症状の特徴・口腔アレルギー》ふたばクリニック・橋口一弘院長が解説!

この時期に、体調がすぐれない、鼻水が出る、喉がかゆいなどの原因のひとつが「秋の花粉症」。秋はブタクサ、ヨモギ、イネ科など花粉症の原因となる複数の花粉が飛散し、何に反応しているのかわかりにくく、季節の変わり目で風邪の症状と間違えることもあるので、自分が花粉症と気づかない人も少なくないようです。そこで花粉症クエストとNPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の共同連載『名医が教える!花粉症の治し方』では、ふたばクリニック・橋口一弘院長に秋の花粉症について解説していただきました。ここでは前編として「秋の花粉症の種類、症状の特徴、口腔アレルギー」についてをお届けします。

秋の花粉症とは《後編:風邪やダニアレルギーとの見分け方・治療法》ふたばクリニック・橋口一弘院長が解説!

秋の花粉症とは《後編:風邪やダニアレルギーとの見分け方・治療法》ふたばクリニック・橋口一弘院長が解説!

この時期に、体調がすぐれない、鼻水が出る、喉がかゆいなどの原因のひとつが「秋の花粉症」。秋はブタクサ、ヨモギ、イネ科など花粉症の原因となる複数の花粉が飛散し、何に反応しているのかわかりにくく、季節の変わり目で風邪の症状と間違えることもあるので、自分が花粉症と気づかない人も少なくないようです。そこで花粉症クエストとNPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の共同連載『名医が教える!花粉症の治し方』では、ふたばクリニック・橋口一弘院長に秋の花粉症について解説していただきました。ここでは後編として「風邪やダニアレルギー、寒暖差アレルギーとの見分け方・治療法・予防や対策法」についての橋口先生のお話をご紹介します。

花粉症と喉頭アレルギー(喉のかゆみ、咳)は併発する?~千葉大学大学院・岡本美孝教授【学会講演】

花粉症と喉頭アレルギー(喉のかゆみ、咳)は併発する?~千葉大学大学院・岡本美孝教授【学会講演】

花粉症の症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが代表的ですが、咳や喉のイガイガの症状で悩む人も多くいます。しかし、この喉の症状は花粉によるアレルギー症状なのでしょうか。そうであるとしたら、そのメカニズムはどのようなものか?ここでは、千葉大学大学院の岡本美孝教授の「日本職業・環境アレルギー学会総会・学術大会」(2018年7月20~21日開催)のご講演のうち「花粉の影響などによる喉頭アレルギー」の概要についてご紹介し、花粉症と喉の症状との関係性について掘り下げていきます。

【花粉症症状】原因はアレルギー?風邪?寒暖差?夏の鼻水の見分け方や対策法とは~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長・金井憲一先生が解説

【花粉症症状】原因はアレルギー?風邪?寒暖差?夏の鼻水の見分け方や対策法とは~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長・金井憲一先生が解説

猛暑で夏バテになり、鼻水が出る、咳がとまらない、などの症状を訴える人が多くいます。しかし、その原因が夏風邪なのか、花粉症やダニなどのアレルギー性鼻炎なのか、寒暖差によるものなのか、迷うことも少なくありません。そこで、連載『名医が教える!花粉症の治し方』では、NPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の理事で、こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長の金井憲一先生に、この時期の「鼻水の種類の見分け方や対策法」や「風邪薬と花粉症薬の併用可否」について、わかりやすく解説していただきました。

花粉飛散測定の現状と課題、ならびに花粉による全身への影響の検討~千葉大学大学院・岡本美孝教授(寄稿)

花粉飛散測定の現状と課題、ならびに花粉による全身への影響の検討~千葉大学大学院・岡本美孝教授(寄稿)

国民病といわれるスギ花粉症。スギ花粉の飛散時期には複数の団体から飛散情報が提供されますが、花粉飛散量と症状との関係を正しく知っていれば、花粉症対策の向上に役立ちます。 ここでは、千葉大学大学院医学研究院耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍学 岡本美孝教授の寄稿「花粉飛散測定の現状と課題、ならびに花粉による全身への影響の検討」をご紹介します。この寄稿は、7月21日に開催された「第49回日本職業・環境アレルギー学会」で岡本美孝教授がご講演された内容を、一般向けにわかりやすく解説されたものです。

花粉症で死ぬ!呼吸困難になるイネ科植物ライグラスの「雷雨喘息」とは?「花粉破裂」はもっとキケン?

花粉症で死ぬ!呼吸困難になるイネ科植物ライグラスの「雷雨喘息」とは?「花粉破裂」はもっとキケン?

中居くんと鶴瓶さんの「ザ!世界仰天ニュース」(日テレ)が2018年4月24日の番組で取り上げたテーマは「花粉症で死ぬ!超キケン呼吸困難の謎」。2016年11月、オーストラリアで突然起こった集団喘息で9名が死亡。それはイネ科のライグラス花粉症が原因の「雷雨喘息」だった!日本でもイネ科花粉症による雷雨喘息が起こるのか?それより恐ろしい黄砂やPM2.5 などの大気汚染物質による花粉破裂とは?

ドライアイで花粉症の目のかゆみが悪化する?!花粉症とドライアイは併発することも!

ドライアイで花粉症の目のかゆみが悪化する?!花粉症とドライアイは併発することも!

「今年の花粉症は目がかゆい」という声を耳にします。スギ花粉に加えてヒノキ花粉がここ数年にないほど大量に飛散していることが一因と考えられますが、「ドライアイ」が影響していることも?!順天堂大学の研究でドライアイの患者数がこれまでの診断より実際には33%も多かったことが判明。ここではドライアイとは何か、国民病といわれるドライアイと花粉症による目の症状の関係性、対策法やおすすめグッズについてお伝えします。

今年は花粉症とインフルエンザで喉がつらい?!花粉症の咳や喉のイガイガの原因や「のどケア」とは

今年は花粉症とインフルエンザで喉がつらい?!花粉症の咳や喉のイガイガの原因や「のどケア」とは

今年の春はスギだけでなくヒノキも大量発生し、インフルエンザが同時期に大流行した結果、喉にとって過酷な環境が続いています。ここでは、花粉症が原因で咳や喉のイガイガといった症状が起こるメカニズムや、喉のケアに役に立つ対策法についてお伝えします。

【花粉症症状・原因】雨の日や翌日に花粉症がひどくなる?喉のイガイガ、痛み、咳がでるのはなぜ?

【花粉症症状・原因】雨の日や翌日に花粉症がひどくなる?喉のイガイガ、痛み、咳がでるのはなぜ?

雨の日やその翌日に花粉症の症状がひどくなる傾向があります。一般的に花粉症といえば鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみが中心ですが、雨の日には喉のかゆみや痛み、咳などが起こることが多くありませんか。ここでは雨が与える花粉への影響や雨の日の花粉症の症状の特徴、その対策法などをご説明します。

【花粉症症状】朝、花粉で鼻水が止まらない!モーニングアタックの原因や対策法とは?

【花粉症症状】朝、花粉で鼻水が止まらない!モーニングアタックの原因や対策法とは?

朝起きてすぐに鼻水、鼻づまり、くしゃみが止まらない症状を花粉症の「モーニングアタック」といいます。モーニングアタックによって目覚めが悪くなることはもちろん、朝の用事がはかどらない、1日を通して気分が塞いでしまったなど、QOL(生活の質)に大きな影響を与えています。モーニングアタックはどうして起こるのでしょうか?その原因や対策法をご紹介します。