fbpx

花粉症薬

【花粉症薬】市販の飲み薬『クラリチンEX』のタイプ、服用回数、処方薬やジェネリック商品の有無、価格など

【花粉症薬】市販の飲み薬『クラリチンEX』のタイプ、服用回数、処方薬やジェネリック商品の有無、価格など

「クラリチンEX」は第2世代抗ヒスタミン薬と呼ばれる花粉症などのアレルギー性鼻炎向けの市販飲み薬です。ここではクラリチンEXのタイプ、飲む量や回数、処方薬やジェネリック商品の有無、価格、小児用商品の有無などをご説明します。

花粉症の鼻づまり対策に市販薬初配合のステロイド入り鼻スプレー新発売!「ロート アルガード クリアノーズ 」

花粉症の鼻づまり対策に市販薬初配合のステロイド入り鼻スプレー新発売!「ロート アルガード クリアノーズ 」

2018年12月にロート製薬の花粉対策ブランド「アルガード」から鼻スプレー(点鼻薬)「ロート アルガード クリアノーズ 季節性アレルギー専用」が新発売されました。日本の市販薬で初めてステロイド成分「フルニソリド」が配合されています。ここでは商品の概要についてご説明します。

【花粉症薬】市販の飲み薬『アレジオン20』のタイプ、服用回数、処方薬やジェネリック商品の有無、価格など

【花粉症薬】市販の飲み薬『アレジオン20』のタイプ、服用回数、処方薬やジェネリック商品の有無、価格など

「アレジオン20」は第2世代抗ヒスタミン薬と呼ばれる花粉症などのアレルギー性鼻炎向けの市販飲み薬です。ここではアレジオン20のタイプ、飲む量や回数、処方薬やジェネリック商品の有無、価格、小児用商品の有無などをご説明します。

【花粉症薬】市販の飲み薬『アレグラFX』のタイプ、服用回数、処方薬やジェネリック商品の有無、価格など

【花粉症薬】市販の飲み薬『アレグラFX』のタイプ、服用回数、処方薬やジェネリック商品の有無、価格など

「アレグラFX」は花粉症などのアレルギー性鼻炎向けに使用される人気の市販飲み薬です。ここではアレグラFXのタイプ、飲む量や回数、処方薬やジェネリック商品の有無、価格、小児用商品などをご紹介します。

液だれしにくい!市販の鼻スプレー「パブロン鼻炎アタックJL」新発売~人気の「ナザールαAR1.0」との違いは?

液だれしにくい!市販の鼻スプレー「パブロン鼻炎アタックJL」新発売~人気の「ナザールαAR1.0」との違いは?

花粉症のつらい鼻づまりには飲み薬だけでなく鼻スプレーを使うと効果的です。大正製薬は2018年9月5日、「ジェル化」で液だれしない点鼻薬「パブロン鼻炎アタックJL<季節性アレルギー専用>」を発売しました。ここでは、人気の市販鼻スプレー「ナザールαAR0.1」と比較しながら、「パブロン鼻炎アタックJL」についてご説明します。

花粉やハウスダストアレルギーの目のかゆみに~市販の目薬「アレジフェンス」新発売

花粉やハウスダストアレルギーの目のかゆみに~市販の目薬「アレジフェンス」新発売

胃腸薬でおなじみのわかもと製薬から、花粉症やハウスダストアレルギーによる目のかゆみの症状を和らげる目薬「アレジフェンス」が、2018年10月1日より全国の薬局、ドラッグストアで発売になりました。 ここでは、新製品「アレジフェンス」の概要や特徴、同じ主成分の商品「アイフリーコーワAL」との違いについてご紹介します。

(2019年版)花粉症の処方薬「点鼻ステロイド薬」の種類や特徴~小児用は?市販薬はある?(アラミスト、ナゾネックス、エリザス、リノコ―ト、フルナーゼ)

(2019年版)花粉症の処方薬「点鼻ステロイド薬」の種類や特徴~小児用は?市販薬はある?(アラミスト、ナゾネックス、エリザス、リノコ―ト、フルナーゼ)

点鼻ステロイド薬(鼻噴霧用ステロイド薬ともいう。点鼻薬は鼻スプレーともよばれる)は、「鼻アレルギー診療ガイドライン2016年版(改定第8版)」で新たに花粉症の初期療法の一つとなり、花粉症などの治療で処方が増えています。ここでは代表的な医療用医薬品(処方薬)の点鼻ステロイド薬の違いや特徴、小児への適応をご説明し、またドラッグストアで手に入る市販の点鼻ステロイド薬をご紹介します。

『スギ花粉症の舌下免疫療法』や新薬『シダキュア スギ花粉舌下錠』とは~日医大・松根教授がやさしく解説!

『スギ花粉症の舌下免疫療法』や新薬『シダキュア スギ花粉舌下錠』とは~日医大・松根教授がやさしく解説!

2018年6月29日にスギ花粉症向けの舌下免疫療法の新薬「シダキュア スギ花粉舌下錠」が発売になりました。舌下免疫療法は根治が期待できる数少ない花粉症の治療法です。その新薬シダキュア スギ花粉舌下錠の特徴や、スギ花粉症向け舌下免疫療法のよくある質問について、Q&A方式で日本医科大学・松根彰志教授がわかりやすく解説します!

成人も小児も使用可!スギ花粉症向け舌下免疫療法の新薬「シダキュア舌下錠」、6月29日販売開始!

成人も小児も使用可!スギ花粉症向け舌下免疫療法の新薬「シダキュア舌下錠」、6月29日販売開始!

スギ花粉症のアレルゲン免疫療法薬「シダキュア スギ花粉舌下錠」が2018 年 6 月29日より販売開始に!シダキュアは国内で初めて成人および小児等において使用可能となった速溶性の舌下錠(舌の下に入れる錠剤)です。花粉症は抗ヒスタミン薬などで症状を鎮める対症療法が中心ですが、舌下免疫療法は花粉症の根治や軽減を期待できる数少ない治療法のひとつです。

【花粉症薬】花粉症などのアレルギー性鼻炎に貼って治すテープ剤「アレサガテープ」発売!薬価は?子どもには?市販薬は?~サロンパスの久光製薬から

【花粉症薬】花粉症などのアレルギー性鼻炎に貼って治すテープ剤「アレサガテープ」発売!薬価は?子どもには?市販薬は?~サロンパスの久光製薬から

サロンパスでおなじみの久光製薬は、花粉症などのアレルギー性鼻炎の治療用に皮膚に張るテープ剤「アレサガテープ」(医療用医薬品、経皮吸収型テープ)を2018年4月24日から発売しました。 ここでは、アレサガテープの特徴、薬価、子どもへの適用、市販薬の有無、同じ成分(エメダスチン)の経口薬レミカットとの違いなどをご説明します。