fbpx

「 処方薬 」一覧

花粉症の処方薬

花粉症向けに病院で処方されるお薬に関する記事のコーナーです。

 

成人も小児も使用可!スギ花粉症向け舌下免疫療法の新薬「シダキュア舌下錠」、6月29日販売開始!

成人も小児も使用可!スギ花粉症向け舌下免疫療法の新薬「シダキュア舌下錠」、6月29日販売開始!

スギ花粉症のアレルゲン免疫療法薬「シダキュア スギ花粉舌下錠」が2018 年 6 月29日より販売開始に!シダキュアは国内で初めて成人および小児等において使用可能となった速溶性の舌下錠(舌の下に入れる錠剤)です。花粉症は抗ヒスタミン薬などで症状を鎮める対症療法が中心ですが、舌下免疫療法は花粉症の根治や軽減を期待できる数少ない治療法のひとつです。

【花粉症薬】効き目が強い処方薬「アレロック」とは?アレグラやザイザルとの違いは?

【花粉症薬】効き目が強い処方薬「アレロック」とは?アレグラやザイザルとの違いは?

花粉症などのアレルギー性鼻炎向け処方薬の中で、効き目がとても強いと評価されているのが「アレロック」です。アレロックの特徴や、アレグラ、ザイザルとの違いをご説明します。

【花粉症薬】花粉症の鼻づまりに効く処方薬シングレア・キプレス(モンテルカスト)とオノン(プランルカスト)とは

【花粉症薬】花粉症の鼻づまりに効く処方薬シングレア・キプレス(モンテルカスト)とオノン(プランルカスト)とは

花粉症の4大症状のひとつ「鼻づまり」があると、よく眠れなかったり蓄膿症(副鼻腔炎)の原因にも。鼻づまりには病院でシングレア、キプレス、オノンがよく処方されます。鼻づまりを起こす物質ロイコトリエンや、抗ロイコトリエン薬のシングレアやキプレス(成分モンテルカスト)、オノン(成分プランルカスト)についてご説明します。

【花粉症薬】花粉症の処方薬「ザイザル」とは?ジルテックやアレグラとの違い

【花粉症薬】花粉症の処方薬「ザイザル」とは?ジルテックやアレグラとの違い

「ザイザル」は花粉症などのアレルギー性鼻炎による鼻水や鼻づまりの治療のために病院でよく処方される薬です。ザイザルの効果、ジルテックやアレグラとの違いなど、ザイザルについてご説明します。

【花粉症薬】処方薬ビラノアとデザレックスとは~アレグラやザイザルよりも人気になる?!

【花粉症薬】処方薬ビラノアとデザレックスとは~アレグラやザイザルよりも人気になる?!

花粉症向けの医療用医薬品で2016年11月に発売になったビラノアとデザレックスは、効き目や眠くなりにくさ、価格の安さで、2018年の春の花粉シーズンでは処方が増えています。処方日数制限もなくなり、1か月分まとめて薬が欲しい人にとってもビラノアとデザレックスは対象の薬に。 ここではビラノアとデザレックスの特徴についてご説明します。

【2018年4月更新】花粉症処方薬の効き目と眠気の比較や同じタイプの市販薬の有無~アレグラ、タリオン、ザイザル、デザレックス、ビラノアなど

【2018年4月更新】花粉症処方薬の効き目と眠気の比較や同じタイプの市販薬の有無~アレグラ、タリオン、ザイザル、デザレックス、ビラノアなど

【2018年版】アレグラ、タリオン、ザイザルといった花粉症などのアレルギー性鼻炎の処方薬のタイプやそれと同じ市販薬の有無を知っていれば、忙しくて病院に行けないときに市販薬を利用するなど何かと便利です。 そこで今回は、主な花粉症鼻炎向け処方薬の市販薬の有無、効き目や眠気の比較などをご説明し、処方薬と同じタイプの市販鼻炎薬をご紹介します。

【花粉症薬】花粉症でよく処方される医療用点眼薬や人気の市販目薬とは

【花粉症薬】花粉症でよく処方される医療用点眼薬や人気の市販目薬とは

花粉症の症状のひとつが「目のかゆみ」や「充血」です。病院でよくもらう点眼薬がどんなタイプなのか気になったり、ドラッグストアで並ぶ目薬の中でどれがいいのか悩んでしまうこともありますね。そこで今回は、花粉症で眼科にいった際によく処方される医療用点眼薬と、薬局やインターネットで購入できる人気の市販の目薬についてご紹介します。

【花粉症薬】人気のアレルギー性鼻炎薬「アレグラ」はフルーツジュースと一緒に飲むと効き目が減少する?米国では当り前?

【花粉症薬】人気のアレルギー性鼻炎薬「アレグラ」はフルーツジュースと一緒に飲むと効き目が減少する?米国では当り前?

効き目の強さと眠くなりにくことで人気の花粉症鼻炎薬といえば「アレグラ」。米国でもアレルギー性鼻炎薬として有名ですが、「フルーツジュースと一緒に飲まないこと」と警告されている?とも。そこで今回は、アレグラはグレープフルーツやオレンジ、リンゴのジュースと一緒に飲んでいいのかどうか、調べてみました。

【花粉症薬】花粉症の処方薬と同じ成分の市販薬はどれ?何が違う?

【花粉症薬】花粉症の処方薬と同じ成分の市販薬はどれ?何が違う?

花粉症の薬には、病院で処方される医療用の「処方薬」と薬局などで購入できる「市販薬」があります。忙しくて病院に行くことができないときに処方薬と同じ主成分の市販薬で対処したいと思うこともありますね。そこで今回は、花粉症の処方薬と同じ成分の市販薬を違いなどを比較しながらご紹介していきます。

【花粉症薬】眠くなりにくい処方薬タリオンが市販薬として指定。小児用アレグラ市販薬も登場

【花粉症薬】眠くなりにくい処方薬タリオンが市販薬として指定。小児用アレグラ市販薬も登場

花粉症の処方薬「タリオン」と小児用「アレグラ」が要指導医薬品のOTC医薬品に指定されました。近いうちに薬剤師のいる薬局等で購入できることになります。また大人用「アレグラFX」は第2類医薬品に移行したので、これまでより多くの薬店等で購入できるようになります。そこで今回は、タリオン、アレグラの作用や効果、特徴などをご説明します。