fbpx

「 ニュース・トピックス 」一覧

ニュース・トピックス

【花粉症対策】人気の花粉対策スプレー「アレルシャット」に新製品登場!アルコールフリーで安心に

【花粉症対策】人気の花粉対策スプレー「アレルシャット」に新製品登場!アルコールフリーで安心に

花粉対策でマスクをすると汗をかいたり化粧崩れが気になることも。そんなとき花粉をブロックするのに便利なのが「花粉対策スプレー」。常にアマゾン人気ランキング上位の花粉対策スプレー「アレルシャット」シリーズに、2018年9月3日から新製品が登場しました! ここでは新処方を採用した『アレルシャット 花粉 イオンでブロック 160回分』の概要やメリット、花粉対策スプレーの使用者の声などをご紹介します!

花粉症クエスト、おかげさまで一周年! 皆様の応援、ご協力に感謝です💛

花粉症クエスト、おかげさまで一周年! 皆様の応援、ご協力に感謝です💛

「花粉症クエスト」は7月26日で正式サービスインから一周年を迎えました。 至らないところも多々ありましたが、あっという間の1年でした。 みなさまの応援、ご協力に心より感謝申し上げます。 これからも花粉症などアレルギーにお悩みの方に少しでもお役に立てるよう、スタッフ一同がんばります! 引き続き応援よろしくお願いします!

東京都のスギ・ヒノキ花粉飛散量、昨年比4倍にも!ヒノキ花粉は昨年比10倍と記録的大量飛散だった!

東京都のスギ・ヒノキ花粉飛散量、昨年比4倍にも!ヒノキ花粉は昨年比10倍と記録的大量飛散だった!

東京都によると、今春2018年の東京都内のスギ・ヒノキ花粉の合計の飛散数は、昨春2017年の約4.1倍の量になりました。個別にみると、スギ花粉の飛散数が昨春の約2.5倍、ヒノキ花粉の飛散数は昨春の約10.4倍もの飛散量を記録しました。「今年の花粉症は酷い」と嘆きが多かったのもうなずける記録的な大量飛散ですね!

シミ・ソバカス、皮膚がんに怖い紫外線!でも花粉症対策には紫外線でできるあるビタミンが欠かせない?!

シミ・ソバカス、皮膚がんに怖い紫外線!でも花粉症対策には紫外線でできるあるビタミンが欠かせない?!

5月に入り紫外線の量がぐんと増えます。紫外線のUVBは皮膚トラブルやがんの原因になり、この時期顔や腕の紫外線対策は必須。しかし、紫外線は身体に悪い影響だけではありません。紫外線によって皮膚で作られるあるビタミンは、花粉症予防や骨粗しょう症に効果があると齋藤糧三医師は説明します。果たしてその成分とは?どうやってそのビタミンを摂取したらいいのか?

紫外線だけでなく花粉やPM2.5、黄砂が原因で肌にシミができる!メナードがメカニズムを解明

紫外線だけでなく花粉やPM2.5、黄砂が原因で肌にシミができる!メナードがメカニズムを解明

花粉症の症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが一般的。しかし、花粉が原因でカラダに起こるトラブルはそれだけではありません。特に女性は気になる「お肌のシミ」にも関係していることが、日本メナード化粧品の研究で明らかになりました。ここではシミができるメカニズムや、紫外線だけでなく花粉、黄砂、PM2.5などの大気汚染物質がシミ形成に及ぼす影響ついてご説明します。

池上彰のニュースそうだったのか!スギが少ない都会に花粉症の人が多いのはなぜ?コンクリート?大気汚染?

池上彰のニュースそうだったのか!スギが少ない都会に花粉症の人が多いのはなぜ?コンクリート?大気汚染?

池上彰氏が話題のニュースを分かりやすく解説するテレビ朝日「池上彰のニュースそうだったのか!」で2018年4月14日に取り上げられた「花粉症」。45年間も花粉症に悩んでいる池上さんが田舎よりも都会に多い実態について、その背景や原因を説明します。コンクリートで花粉をあびる機会が増える?大気汚染で花粉が破裂すると肺の病気に?

花粉が爆発?!大気中の花粉アレルゲン実態究明で花粉症問題に取り組む~埼玉大・王青躍教授インタビュー

花粉が爆発?!大気中の花粉アレルゲン実態究明で花粉症問題に取り組む~埼玉大・王青躍教授インタビュー

「花粉爆発」理論が多数のテレビ番組などで取り上げられている、花粉研究第一人者・埼玉大学大学院教授の王青躍先生。王先生は大気中に花粉症の原因物質アレルゲンが花粉から放出されていることを発見し、花粉アレルゲンとPM2.5 といった大気環境との関係性を解明することで問題究明に取り組んでいます。王先生に花粉爆発メカニズムや花粉計測方法、中国などの新興国の花粉症問題についてお話を伺いました。

2018年診療報酬改定で舌下免疫療法などの花粉症オンライン診療はどうなる?

2018年診療報酬改定で舌下免疫療法などの花粉症オンライン診療はどうなる?

4月1日から実施となった2018年度診療報酬改定の目玉のひとつは保険医療のひとつとして「オンライン診療料」が新設されたこと。加えて厚労省からオンライン診療に関する指針も公表されました。花粉症患者の中には舌下免疫療法で保険適用のオンライン診療を受けている人もいますが今後はどうなるのか、また自由診療の花粉症オンライン診療にも影響が及ぶのか等、オンライン診療料の概要や特に花粉症治療と関係する点について整理してお伝えします。

【驚愕】とくダネで「ヒノキ花粉が去年の428倍」と報道!PM2.5も大量飛来!ヒノキ花粉はいつまで?症状は?

【驚愕】とくダネで「ヒノキ花粉が去年の428倍」と報道!PM2.5も大量飛来!ヒノキ花粉はいつまで?症状は?

2018年4月4日放送のフジテレビ系列「とくダネ」で、ヒノキ花粉飛散数が昨年の428倍であることが報道され、ネットで衝撃が広がっています。加えて、中国からPM2.5 も大量に飛来。ヒノキ花粉はいつまで?PM2.5とは?花粉症の症状はPM2.5から影響受ける?

花粉情報の向上に期待!花粉固有の化学物質で花粉飛散の種類と量のモニタリングが可能に~熊本大

花粉情報の向上に期待!花粉固有の化学物質で花粉飛散の種類と量のモニタリングが可能に~熊本大

熊本大学大学院の戸田敬教授らは花粉固有の化学物質を特定することで花粉飛散の種類と量を化学的に検知することに成功したと発表しました。ダーラム法など人の眼に頼る観測法の労力負担や、リアルタイム自動花粉計測器で花粉の種類を識別できない課題などを解決できる新しい花粉飛散モニタリング手法になるのではと研究の実用化が期待されます。