fbpx

ニュース・トピックス

【口腔アレルギー解説】8月21日「今日のつぶやき」はキウイアレルギーってメジャーなの?

【口腔アレルギー解説】8月21日「今日のつぶやき」はキウイアレルギーってメジャーなの?

8月21日(月)「今日のつぶやき」は、フォルテおにいさん(とうきょう)の「キウイアレルギーってメジャーですか?」のつぶやき。2013年には小学校で集団アレルギーを起こしたキウイ。果物アレルギーは花粉症とも「交差反応」で関係しています。キウイの場合はイネ科やシラカバの花粉症と関連が。キウイアレルギーなど口腔アレルギー症候について調べてみました。

【花粉症とは】ゴリラ専門家「共生細菌の減少が花粉症の原因か」~腸内フローラの整え方

【花粉症とは】ゴリラ専門家「共生細菌の減少が花粉症の原因か」~腸内フローラの整え方

朝日新聞がゴリラ研究の第一人者、山極寿一氏のお話を掲載。薬剤による環境整備の改善で細菌細菌の量やバランスが崩れた結果が花粉症などの「21世紀病」とも。そこで花粉症などのアレルギー疾患に大きく影響を与えている腸内細菌や腸内フローラ改善法についてまとめてみました。

【最新アイテム】米グーグル、地域ごとの花粉予報を表示するサービス開始と発表

【最新アイテム】米グーグル、地域ごとの花粉予報を表示するサービス開始と発表

米国ではブタクサが原因の花粉症の人がメイン。4月、5月そして9月になると花粉やアレルギーに関する検索が増加する。そこでグーグルUSAはモバイル端末で花粉予報などと検索するとその地域の最新の花粉飛散状況をに表示できるサービスを開始すると発表した。

【花粉症とは】お年寄りの蚊が痒くないのは「あきらめ」免疫寛容。せつないわ。8月17日「今日のつぶやき」

【花粉症とは】お年寄りの蚊が痒くないのは「あきらめ」免疫寛容。せつないわ。8月17日「今日のつぶやき」

「今日のつぶやき」は、熊田プウ助さんの「年寄りが蚊に刺されても痒がらないのは、せつないわ」のつぶやき。確かにお年寄りが刺されてても痒がっているしぐさを見ない気がします。年齢とともに異物に過剰に反応しなくなることを「自然後天的免疫寛容」とよぶ説があるようです。そこで花粉症などのアレルギー症状の対策にも大切な「免疫寛容」「免疫療法」についてまとめてみました。

【人気アイテム】8月16日「今日のつぶやき」は警視庁が伝授する即席マスクの作り方

【人気アイテム】8月16日「今日のつぶやき」は警視庁が伝授する即席マスクの作り方

『花粉症クエスト』でも警視庁警備部災害対策課さんのつぶやきを参考に『キッチンペーパーの即席マスク』を作ってみました!作り方は簡単。そして、以外と使えるかも。

【金属アレルギー解説】『金属アレルギー検査に週4はつらいよぉ。』~金属アレルギーとは?検査の方法、日数、費用は?

【金属アレルギー解説】『金属アレルギー検査に週4はつらいよぉ。』~金属アレルギーとは?検査の方法、日数、費用は?

アクセサリーや時計などが原因で突然発症する金属アレルギー。原因物質をつきとめるにはパッチテストが必要。しかし社会人にとって金属アレルギー検査のために週4回病院に通うのはかなり大変ですね。金属アレルギーとは何か、そのの原因や症状、検査の方法、日数、費用などをまとめてみました。

【点眼薬3選】「何の花粉症だよ~目が潰れそう」8月13日「今日のつぶやき」

【点眼薬3選】「何の花粉症だよ~目が潰れそう」8月13日「今日のつぶやき」

あおのこさん、「イネ科」の夏の花粉症なのでしょうか。日本列島は真夏と秋が同居しているような天候なのでブタクサなど秋の花粉症の可能性も。ちょうどお盆休みなどで眼科に行けないときは市販薬に頼るしかありません。そこで人気の点眼薬を3つピックアップしてみました。

【花粉症対策】《書評》『花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵』やってみようと思うものが必ず見つかる本

【花粉症対策】《書評》『花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵』やってみようと思うものが必ず見つかる本

監修の水嶋丈雄氏は西洋医学をベースに東洋医学を取り入れた治療法を確立した。花粉症は免疫の過剰が原因。免疫システムに影響を与える自律神経と腸の働きをバランスよく整えるために、食材、食事、運動、マッサージそして漢方など生活の中で比較的簡単にできる知恵やコツを幅広く紹介する。

【花粉症症状】花粉症きた。連続するくしゃみがつらい~。8月11日「今日のつぶやき」はネロさん

【花粉症症状】花粉症きた。連続するくしゃみがつらい~。8月11日「今日のつぶやき」はネロさん

8月11日(金)「今日のつぶやき」は☆ネロ☆さんの「連続するくしゃみ」のつぶやき。ネロさんはどうも夏、秋の花粉症のようです。くしゃみは風邪や花粉症などの鼻炎、それ以外にも寒暖差アレルギー、モーニングアタックなどが原因として考えられます。くしゃみが原因で他の疾病につながることも。軽視できない症状のひとつです。

【内服薬2選】アレグラと小青竜湯で真夏の花粉症をのりきる!8月10日「今日のつぶやき」

【内服薬2選】アレグラと小青竜湯で真夏の花粉症をのりきる!8月10日「今日のつぶやき」

8月10日(木)「今日のつぶやき」はみふゆ(三冬)さんの「真夏の花粉症」のつぶやき。みふゆさんはイネ科の花粉症のようで、鼻水がとまりません。そこでアレグラと漢方の小青竜湯を飲んでいます。アレグラと小青竜湯はどんな薬なのでしょうか、調べてみました。