fbpx

花粉症治療

花粉症の治療・予防・対策

花粉症の治療法、予防や対策法をご紹介します。

花粉症薬が保険適用外で自己負担になるってホント⁉いつから?検討状況や今後の可能性をまとめました!

花粉症薬が保険適用外で自己負担になるってホント⁉いつから?検討状況や今後の可能性をまとめました!

「社会保障制度改革の一環で、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市販品類似薬)について、公的医療保険の対象から除外する...

【あさイチ】スギ花粉症の舌下免疫療法とは?錠剤「シダキュア」が主流に《11月14日》

【あさイチ】スギ花粉症の舌下免疫療法とは?錠剤「シダキュア」が主流に《11月14日》

2019年11月14日のNHK「あさイチ」の冒頭企画では、スギ花粉症向けの舌下免疫療法について取り上げました。 花粉症の治療は...

副鼻腔炎の治療法とは?鼻づまりには納豆がおすすめ⁉福井大・高林哲司先生がわかりやく解説【市民講座10/5】

副鼻腔炎の治療法とは?鼻づまりには納豆がおすすめ⁉福井大・高林哲司先生がわかりやく解説【市民講座10/5】

2019年10月5日、NPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会と福井大学医学部耳鼻咽喉科の共催で、鼻の病気の最新情報を紹介する市民公開講座...

『ここまで進んだ!花粉症治療』アレルギー性鼻炎の最新治療や対策法とは~日医大・後藤穣准教授がやさしく解説!【市民講座10/5】

『ここまで進んだ!花粉症治療』アレルギー性鼻炎の最新治療や対策法とは~日医大・後藤穣准教授がやさしく解説!【市民講座10/5】

花粉やウイルスでは説明がつかない「難治性ちくのう症」と呼ばれる大人の副鼻腔炎が問題になっています。 難治性副鼻腔炎(難治性ちくのう症)はどういう病気なのか、どう治療するのか、NPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会 副理事長で、日本医科大学 耳鼻咽喉科学 松根彰志教授が「第6回花粉症市民講座」で解説しました。

(スギ花粉症舌下免疫療法)シダキュアは5月から長期処方が可能に、シダトレンは販売終了へ

(スギ花粉症舌下免疫療法)シダキュアは5月から長期処方が可能に、シダトレンは販売終了へ

スギ花粉症向けの舌下免疫療法の薬である「シダトレンスギ花粉舌下液」が2021年3月末を目途に販売を終了することがわかりました。今後は2018年6月に発売になった「シダキュアスギ花粉舌下錠」に切り替えられていくとみられます。シダキュアは発売から1年がたり、5月1日から長期処方が可能になります。

ワセリンで鼻バリア!?NHK「ガッテン!」で紹介されたイギリスの花粉症対策とは?

ワセリンで鼻バリア!?NHK「ガッテン!」で紹介されたイギリスの花粉症対策とは?

2019年4月3日放送のNHK「ガッテン!」で紹介された『新発想の花粉症対策』は、イギリスでは定番のワセリンを使った鼻バリア! マスクやメガネ、薬などの花粉対策グッズに、ワセリンの鼻バリアをプラスすると、ぐっと症状が楽になる!? どうしてワセリンに効果があるの?やり方は?

20秒のヨガ体操で花粉症の鼻づまりがすっきり!?~名医のTHE太鼓判『20秒で出来る鼻詰まりが治る方法』

20秒のヨガ体操で花粉症の鼻づまりがすっきり!?~名医のTHE太鼓判『20秒で出来る鼻詰まりが治る方法』

2019年3月25日放送のTBS「名医のTHE太鼓判!」では花粉などが原因で起こる『鼻づまりを解消するヨガ体操』を紹介!たった20秒で鼻づまりがすっきり!?やり方は?

NHK「ガッテン!」で紹介された「鼻バリア」で花粉対策!鼻の穴に塗るおすすめアイテムは?

NHK「ガッテン!」で紹介された「鼻バリア」で花粉対策!鼻の穴に塗るおすすめアイテムは?

NHK「ガッテン!」で紹介された鼻の穴にクリームを塗って花粉や花粉アレルゲンが鼻の奥に侵入するのを防ぐ「鼻バリア」は、お花見でマスクを着けられないときや、鼻の下がガサガサで痛いときに行うと効果的です。 ここでは鼻バリアに使うオススメのアイテムをご紹介します!ワセリンとヴァセリンの違いは?オリーブオイルやごま油が使える!?

【花粉症対策】桜の開花はもうすぐ!花粉症の人がお花見で注意することとは?

【花粉症対策】桜の開花はもうすぐ!花粉症の人がお花見で注意することとは?

暖かい日が増え、東京では今週にも桜が開花すると予想されています。一方、花粉の方はヒノキの飛散が始まったばかりで、まだシーズン中盤戦。ばっちり桜と花粉のシーズンが重なってしまいました。花粉症の方がお花見をするときの注意点は?薬は飲んでいい?マスクを着けられないときの対策法は?インドア花見が人気?

花粉症は何科に受診する?アレルギー検査はどこに行けばいい?

花粉症は何科に受診する?アレルギー検査はどこに行けばいい?

「花粉症かな?」と疑ったときや、アレルギー検査を行いたい場合に、病院のどの診療科に行けばいいのかをご説明します。耳鼻咽喉科?眼科?内科?アレルギー科?子どもの場合は小児科?