fbpx

デブ菌を減らし善玉菌とヤセ菌を増やす!腸活「酢キャベツ」で花粉症対策やダイエットを!~東京医科歯科大・藤田紘一郎教授に聞く

善玉菌を増やし腸内環境を整える「酢キャベツ」で花粉症対策やダイエットを!~東京医科歯科大・藤田紘一郎教授に聞く

「花粉症の原因は寄生虫を撲滅したことにある」という自説を証明すべく、研究の一環として自身の腸内でカイチュウの「サナダムシ」を飼育したこともある、東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生は、花粉症やアトピーなどのアレルギーはもちろん、生活習慣病、うつ病などあらゆる現代病に腸が大きく関係していると指摘します。

その藤田紘一郎先生がアドバイザーを務める「Hacco’s Table(ハッコーズテーブル)」で2018年6月30日、「腸活」をテーマとした藤田紘一郎先生の講演会が開催されました。

ここでは、なぜ腸内環境が大切なのかという藤田先生のお話と、先生が監修された、「デブ菌」を減らして善玉菌や「ヤセ菌」を優位にする「藤田式腸活・酢キャベツ」レシピをご紹介します!

➡10月、11月の各地の花粉情報~秋の花粉症はいつまで?
10月11月の花粉情報

【花粉情報】秋の花粉症はいつまで?10月、11月の花粉カレンダー~特徴や対策法も

1.藤田紘一郎教授ってどんな先生?

多くの著書やテレビ出演でご活躍の東京医科歯科大学の藤田紘一郎先生ですが、先生はご自身の経験や実践に基づく学説を立てることでも有名。その一端をご紹介すると…。

医学者として最初に専攻したのは整形外科。ところがあるきっかけてカイチュウの研究に没頭するようになり、寄生虫の体内にアレルゲンを発見。1983年には日本寄生虫学会・小泉賞を、2000年にはヒトATLウイルス伝染経路などで日本文化振興会・社会文化賞、国際文化栄誉賞を受賞。すっかり「カイチュウ先生」というニックネームで広く知られるようになりました。その栄光の背景には、カイチュウ(寄生虫)が花粉症などアレルギー抑制物質を持つという自説を証明するために、自身の腸内でカイチュウの「サナダムシ」を15年間で計6匹も飼育!したという逸話が残っています。

また最近でも、ご自身の持病であった糖尿病を解消するために腸内「デブ菌」を減らす食生活を心がけて、血糖値も体重も見事にダウン!すっかり健康体を取り戻したご経験を本にまとめていらっしゃいます。

アマゾンで買う
ヤセたければ、腸内「デブ菌」を減らしなさい! – 2週間で腸が変わる最強ダイエットフード10 – (ワニブックスPLUS新書)

2.現代病の原因は腸内細菌叢(腸内フローラ)にある!

スギ花粉症が発見されたのは1960年代。スギの木は昔から日本に生息していましたが、江戸時代に花粉症で悩まされていたという話は聞いたことがありません。

花粉症と同様に、気管支喘息やうつ病で悩む人は増加傾向にあります。それと反比例的な相関関係にあるのが日本人の食物繊維の摂取量。藤田先生は、「日本人の食生活が変化し、食物繊維摂取量が減少したあたりから、喘息やうつの患者が急増している」と指摘します。

「うんちは腸内細菌の死骸が大半。細菌の餌(えさ)である食物繊維をたくさん摂取している方がうんちが大きいはず。私が知る限りパプアニューギニアの人のうんちが一番大きいのですが、残念ながら統計をとっていないようです。国際機関の統計をみると下の図のように日本は摂取量が少ない方に分類されています」。

なぜ近年、花粉症等のアレルギーやうつ病が社会問題化したのか。その原因は「食物繊維量が少ない食生活やストレス社会が、腸内細菌の数を減らしバランスを乱しているから」と藤田先生。

腸には免疫機能を司る免疫細胞が集中しています。その免疫機能と密接な関係にあるのが腸内細菌です。

逆に言えば、「腸内環境を整えれば、花粉症やアトピー、気管支喘息などのアレルギー、がん、うつ、脳梗塞、認知症など多くの病気を治すことに役立つのです」。

3.腸内環境を整えるには?

・善玉菌を味方する日和見菌を増やそう

では、どうしたら腸内環境が整うのでしょうか。

腸内細菌には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌(ひよりみきん)」の3種類がありますが、「腸内環境をよくするには、善玉菌を優位にすること。そして日和見菌を増やすことです」。

「善玉菌は免疫力に大きく関係し、健康維持やアンチエイジングなどに影響します。代表的な菌にはビフィズス菌や乳酸菌があります。

悪玉菌はからだに悪い影響を及ぼす菌で、代表的な菌にはウェルシュ菌・ブドウ球菌・大腸菌があります。

これらは培養できる菌(*増殖できる菌)ですが、大きく増えることはありません。したがって、鍵を握るのは日和見菌です」。

・日和見菌の中の「ヤセ菌」が大事

日和見菌には、悪玉菌を好むフィルミテクス門、善玉菌を好むバクテロイデス門の細菌があります。

「フィルミクテス門の細菌は食事から取り込むエネルギー量が多く、そのため肥満に結びつきやすいといわれています。そこで私はわかりやすく「デブ菌」と名づけました。一方、バクテロイデス門が食べ物を分解すると排出される短鎖脂肪酸は、腸から吸収されて血液を通じて全身に届けられます。この短鎖脂肪酸が脂肪細胞に働きかけ肥満を防ぐ働きがあるので、『ヤセ菌』と名づけました」。

そして、善玉菌を優位にし善玉菌を好むヤセ菌を増やすと、肥満予防に加えて、免疫の病気であるアレルギーやがんを防ぐ手助けになるのです。

・腸内環境は生後1年以内に決まる

私たちのからだに重要な働きをする腸内細菌叢(腸内フローラ)は生まれてすぐに出来上がります。

「腸内細菌叢は生後1年以内に決まる指紋のようなものです。私の場合には京都出身の母が元の京漬物の菌と韓国人乳母からもらったキムチ菌で原型ができていると思っています」と藤田先生。

「赤ちゃんが何でもなめたがるのには理由があります。いろいろな菌を腸に取り込んでカラダに免疫力を蓄えているのです。よってお母さんの乳首や哺乳瓶、おもちゃを除菌ティッシュでぬぐったり、ちょっと落としたものを口にするのを妨げたりするのは、赤ちゃんの腸内環境を作るためには本来はよくありません」。

日本人の潔癖症が花粉症やうつ、がんなどの患者予備群を作っているんですね。

・善玉菌が好む食べ物とは?

では、善玉菌を増やすにはどんなものを食べたらいいのでしょうか。

藤田先生によると、「まず第一は、プレバイオティクスと呼ばれるオリゴ糖、食物繊維などの糖質を摂取することです」。

「そして、プロバイオティクスという乳酸菌やビフィズス菌などのヒトに良い影響を与える微生物を取り入れることです」。

つまり、善玉菌やそれを好む日和見菌を増やすには、「食物繊維たっぷりの食材を活用したり、乳酸菌やビフィズス菌を豊富に含む発酵食品を採ることがおすすめです」と藤田先生は力説。

そのためには、「日本人の腸内細菌叢(腸内フローラ)に近い菌やその菌が産生した物質を含む『味噌』『漬物』『納豆』といった食材を生かした日本の伝統食・和食を食べることですね」。

➡禅寺のお坊さんにアレルギーはない?精進料理が花粉症に効く?

NHKスペシャル 人体 クロストリジウム菌

NHKスペシャル「人体~腸が免疫の鍵」腸内細菌のクロストリジウム菌が花粉症やアレルギーに効果?!どうやって増える?

4.『酢キャベツ』で藤田式・腸活をしよう!

善玉菌やそれを好む日和見菌が好む「餌」は食物繊維。毎日の食事で食物繊維をたっぷり摂りたいものですが、どんな食事がおすすめでしょうか。

藤田先生によると、「キャベツは多数のビタミン類を含んでいるだけでなく、食物繊維が豊富です。そのキャベツを、肥満の抑制作用があるとされる酢酸を含むお酢とミックスした『酢キャベツ』を毎日小皿1杯程度食べてください。2週間程度継続して食べるだけで、腸内環境が整いますよ」。

酢キャベツ

・酢キャベツのレシピ

今回の藤田先生の講演会を主催した「Hacco’s Table(ハッコーズテーブル)」さんが、酢キャベツのレシピを紹介してくれました。

  • ●準備

(基本)

・キャベツ 大2分の1(500~600g)

・酢 200g

・塩 小さじ2

(お好みで)

・マスタード 小さじ2

・はちみつ 適量

  • ●作り方

1.キャベツを細かく切る。

2.保存袋にキャベツと塩を入れてしんなりさせる。

3.しんなりしたら、酢とマスタードなどを入れる。

4.数時間~半日程度漬けこんで出来上がり!

酢には種類がいくつかありますが、一般的にご家庭にある穀物酢や米酢でOK。もちろんお好みのタイプのお酢にしてもいいですよ。

アマゾンで買う

三重県産特別栽培米の玄米を使用した長期熟成のこだわりの玄米黒酢。
一年に一度、寒仕込みで木桶で作ります。
どぶろくから仕込むゆっくり時間をかけてお酢を醸造しています。
飲料にもオススメ!

玄米黒酢 玄 900ml

藤田先生によると、キャベツだけでなく玉ねぎや色のついた野菜をお酢とミックスしても、腸活に効果が期待できるそうです!本当に手軽な腸活、ぜひトライしてみてください!

➡酢キャベツを2種間食べたモニターさんの腸内環境を「腸内チェック」でテスト!結果は果たして?!

藤田紘一郎教授の「酢キャベツ」は腸内環境を改善する?検査キット【腸内チェック】でテストしてみた!

藤田紘一郎教授の「酢キャベツ」は腸内環境を改善する?検査キット【腸内チェック】でテストしてみた!

5.藤田先生に聞いてみました!

最後に、藤田先生に花粉症の予防や緩和のために、気になることをお聞きしました。

Q:今日教えていただいた「酢キャベツ」は花粉症にもよさそうですが、よく花粉症に良いとされる緑茶や甜茶、じゃばらなどの柑橘類はおすすめですか?

私も甜茶は愛飲しています。甜茶に含まれるポリフェノールには、アレルギーの原因物質であるヒスタミンを抑える効果があるとされています。緑茶やじゃばらにも抗アレルギー作用があるという研究報告がありますが、昔ながらの『民間療法』には不思議と効果があるんですね。

Q:花粉症やアレルギーの鼻炎症状などを鎮めるための内服薬(例:アレグラなど)、目薬などを長期間利用すると、腸内環境に悪影響はありますか?

そのような報告はありません。抗ヒスタミン薬などの花粉症の薬を服用していても腸内細菌を減らすとか、腸内環境のバランスを崩すことはないと思います。腸内環境のために長期に服用しない方がよいのは、ステロイド薬や抗生物質などですが、心配なことがあるときには医師に相談してみてください。

藤田先生、貴重なお話をありがとうございました!

♦「Hacco’s Table(ハッコーズテーブル)」とは

ニッポンの伝統⾷である和⾷、その料理の中でも「醗酵」をテーマとした、東京浅草にあるお店です。

〒111-0033 東京都台東区花川戸2-9-10

TEL 03-6231-7855

https://haccos.com/

藤田紘一郎先生のプロフィール

藤田紘一郎(東京医科歯科大学 名誉教授)
東京医科歯科大学卒業後、東京大学大学院医学系研究博士課程を修了。⾦沢医科⼤学教授、⻑崎⼤学医学部教授、東京医科⻭科⼤学⼤学院教授を経て、現在は同⼤学名誉教授。医学博士。専門は寄生虫学、熱帯医学。感染免疫学の第一人者であり、「腸内フローラ」の研究に長く携わる。2017年、ハッコーズテーブルのアドバイザーとなる。

➡人気の「アレグラFX」と同じ効能効果で価格が安め

アレルビ

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

➡ロート自慢の最大濃度が目のかゆみに効く

ロートアルガード クリアブロックZ

アマゾンで買う

【第2類医薬品】ロートアルガードクリアブロックZ 13mL ※セルフメディケーション税制対象商品