fbpx

秋の鼻炎はダニアレルギーが原因?!ダニ向けの舌下免疫療法とは~ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック・永倉仁史院長に聞く

秋の鼻炎はダニアレルギーが原因?!ダニ向けの舌下免疫療法とは~ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック・永倉仁史院長に聞く

秋に発症しやすいアレルギー疾患は、ブタクサなどの花粉症だけでなく、ダニなどのハウスダストアレルギーです。夏に繁殖したダニのフンや死骸が原因で、秋はダニアレルギーが最も発症しやすい時期といわれています。

今年6月に、舌の下に薬を置いてスギ花粉症の根治を目指す「舌下免疫療法」に、新薬「シダキュア スギ花粉舌下錠」が発売されましたが、ダニアレルギー向けにも根治を目指す舌下免疫療法があります。

ここでは、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医としてスギ花粉やダニの免疫療法を多数手がける「ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック」の永倉仁史院長「ダニの舌下免疫療法の特徴」「スギ花粉とダニのアレルギー併発に対応する治療法」についてわかりやすく説明していただきました。

1.スギ花粉の次に多いダニのアレルギー性鼻炎

「花粉症といえば春のスギやヒノキだけでなく、秋のブタクサ花粉も原因として有名です。しかし、実際には秋に起こる鼻炎症状の原因はブタクサなどの花粉よりもダニであることが多い」と永倉仁史先生は話します。

「ハウスダストの中に含まれるアレルゲンの中ではチリダニ(ヤケヒョウヒダニやコナヒョウヒダニ)由来のものが多いのですが、ダニは夏に繁殖し、秋にその死骸やフンがアレルゲンとなってアレルギー症状を起こします」。

では、ダニが原因のアレルギー性鼻炎向けにはどんな治療法があるのでしょうか。

「スギ花粉症と同様に、舌の下に錠剤を置く舌下免疫療法で症状の根治や緩和を目指します」。

2.ダニの舌下免疫療法の特徴とは

スギ花粉症向けの薬には液剤の「シダトレン」と2018年6月29日に発売になった錠剤「シダキュア」がありますが、ダニアレルギー性鼻炎向けには錠剤タイプのみ2種類あります。「ミティキュア」と「アシテア」です。

ミティキュア ダニ舌下錠 3300 10000

(鳥居薬品HPより)

アシテア ダニ舌下錠

(シオノギ製薬HPより)

スギ花粉症の舌下免疫療法(SLIT)と比較すると、「ダニの舌下免疫療法(SLIT)は、副作用が強くでる傾向があります」と永倉先生。

スギ・ダニ舌下免疫療法(SLIT)の副作用の比較

舌下免疫療法 スギとダニ 比較 注意点 永倉先生提供

(永倉仁史先生提供)

「その理由として考えられることは、花粉とダニというアレルゲンの違いはもちろんですが、1錠(ないしは1包)に入っているアレルゲン量(抗原量)の差です。(*ダニ舌下免疫療法の薬の方が多くアレルゲン量が入っている)

また、スギ花粉は飛散時期が決まっていますが、ダニは秋がピークとはいえシーズンが限定されない通年性です。それも副作用の発現率に影響しているでしょう」。

舌下免疫療法治療薬の比較 永倉先生提供

(永倉仁史先生提供)

しかし永倉先生は、「ダニ向けはスギ花粉向けよりも副作用により注意が必要ですが、副作用が最も起こりやすい時期は治療開始してから1か月以内ですので、その間しっかり対応できれば後の治療は楽になっていきます」とアドバイスしてくれます。治療の最初の1ヶ月が要注意なんですね。

Point!  ダニ向け舌下免疫療法の主な副作用

ダニ向け舌下免疫療法の錠剤を投与すると現れる可能性のある副作用は以下のようなものです。

・のどの刺激感、不快感

・口の中の腫れ、かゆみ、違和感

・耳のかゆみ

薬を投与してから30分以内にじんましんなどの皮膚症状、腹痛、嘔吐、息苦しさなどの呼吸器症状、意識がぼんやりする、血圧が下がるなどのアナフィラキシー(重篤な症状)が起こったら、直ちに病院に受診してください。

3.スギとダニの両方に対応するには

アレルギー患者さんの中には、スギだけ、ダニだけでなく、両方のアレルゲンに反応する人も増えています。それに対して、「『Dual SLIT』と呼ばれるスギ花粉向けとダニ向けの舌下免疫療法を併用する治療法があります」と永倉先生。

スギSLITとハウスダスト(ダニ)SLITの併用について 永倉先生

(永倉仁史先生提供)

「併用においては、2つ同時に治療開始することはありません。どちらか一方から始めて、その副作用がなくなってから、もう一方を追加します」。

併用になると2種類の薬を毎日舌の下に置く必要があります。いっぺんに服薬してもいいのでしょうか。

「スギ花粉向けもダニ向けも1日1回投与ですが、同時に服薬することはありません。以前は患者さんに「朝:スギ、夕方:ダニ」というように間を開けて薬を投与してもらいましたが、その後、「朝:スギ、5分後:ダニ」のように5分後併用でも副作用が増加するなどの問題がほぼないことがわかりました」。

スギ花粉向け、ダニ向けの2種類の薬を5分の間隔で併用できるのであれば、1日1回の服薬にさほど時間が割かれることはありません。またスギ花粉向けに錠剤のシダキュアも発売されましたので、治療がさらに楽になりますね。

➡シダキュアとは?

スギ花粉症の舌下免疫療法に新薬シダキュア舌下錠が登場!シダキュアとシダトレンの違いは?~ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック・永倉仁史院長が解説!

スギ花粉症の舌下免疫療法に新薬シダキュア舌下錠が登場!シダキュアとシダトレンの違いは?~ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック・永倉仁史院長が解説!

舌下免疫療法 錠剤シダキュアの特徴 2018年6月29日発売 薬価収載2018年4月18日

(永倉仁史先生提供)

スギSLITの治療アルゴリズム 今後 永倉先生提供

スギ花粉症向けシダキュア舌下錠の登場でダニ向けとの併用も行いやすくなる

(永倉仁史先生提供)

永倉先生は、「おそらく5分後の併用方法にて、スギとダニの舌下免疫療法を同時に行う治療は今後より普及する」と予想しています。

新発売のシダキュアは発売からまだ1年がたっていないので、最大2週間分の処方ですが、来年5月1日からは1か月分の処方が可能になります。そうなるとシダキュアをダニ向けの舌下免疫療法のミティキュアやアシテアと同じ分量だけ処方してもらえるので、通院のタイミングを合わせられます。

ダニ向けとスギ花粉向けの舌下免疫療法の併用について 永倉先生提供

(永倉仁史先生提供)

4.おわりに

最後に永倉先生に、ヨーグルトやお茶などの民間療法についても意見を聞いてみました。

「ヨーグルトに含まれる乳酸菌や甜茶に含まれるポリフェノールに抗アレルギー作用があるという研究報告がありますので、なんらか効果があるのだと思います。

最近では女子プロゴルファーの間で『紅豆杉茶』がよく効くという話もあるようです。

こういう食事療法を1シーズンぐらいやってみて効果を得られれば継続したらいいと思います。しかしそうでなければ、今回お話したような免疫療法を開始してスギ花粉やダニのアレルギー症状を根本から治したり、いったん症状を鎮めるには抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の医薬品を使う方が、結果的には治癒への近道だったり経済的なように思います」。

永倉先生、貴重なお話をありがとうございました!

➡紅豆杉茶(こうとうすぎちゃ)とは?

紅豆杉のお茶やサプリで花粉症の症状がすぐ軽くなる?抗ガン作用も?~紅豆杉の歴史や特長とは

紅豆杉のお茶やサプリで花粉症の症状がすぐ軽くなる?抗ガン作用も?~紅豆杉の歴史や特長とは

増える子どものアレルギー。子ども特有の症状を知り早めに対処するには?!

永倉仁史先生監修の本


アマゾンで買う
子どもの花粉症・アレルギー性鼻炎を治す本

●永倉仁史(ながくらひとし)先生のプロフィール
  • 1982年 東京慈恵会医科大学卒。
  • 1985年 東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科アレルギー外来担当となり、鼻アレルギーの治療および減感作療法を専門とする。また、国立生育医療センター(当時、国立小児病院)免疫アレルギー研究部にて、人のマスト細胞に対する、抗アレルギー薬の臨床的効果の判定に関する研究に従事。
  • 1987年 東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科アレルギー外来・研究班の責任者として、臨床における治療および指導、研究にあたる。
  • 環境庁国立環境研究所研究員として、アレルギー性疾患増加の原因の究明に関する研究に従事。同研究テーマにて、「大気汚染物質の気道粘膜におよぼす影響についての形態学研究―鼻粘膜の異物透過性に与えるオゾンの影響についてー」にて学位習得。
  • 日本医師会・日本体育協会公認スポーツドクター、日本水泳ドクター会議会員として、スイミングとアレルギー疾患の関係について、スイミングスクールにおける検診、現場コーチ、スタッフとの共同研究にて、スイミングの環境とアレルギー疾患に対する管理について、講演、研究、論文発表。
  • 1990年より、東京厚生年金病院 耳鼻咽喉科勤務、その後、東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科助手として、同大学勤務。
  • 1995年より文部科学省委託「スギ花粉症克服に向けた総合的研究」に参加し、スギ・ヒノキ花粉症に対する疫学的調査・基礎・臨床応用の研究に協力し、全国でのスギ・ヒノキ花粉症の調査にあたる。そして、現在、スギ・ヒノキ花粉症に対する最新の治療法として、ペプチド療法、経口減感作、坑IgE抗体、人工暴露装置などの、研究に、協力、従事。
  • 2005年 スポーツ施行者のアレルギー性疾患治療に関する安全性、および、競技者に対するドーピングに関する問題に対し、「競技者のアレルギー性鼻炎に対する治療法の安全性とドーピング問題について」、発表。
  • 2006年 ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック(https://nagakura-ac.com/)を開院、院長になる。
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
  • 日本アレルギー学会認定アレルギー専門医・代議員
  • 日本体育協会・日本医師会公認スポーツドクター
  • DANJAPAN(レジャー・スキューバ・ダイビング事故者に対する緊急医療援助システム)登録ドクター
  • 花粉情報協会理事

➡人気の「アレグラFX」と同じ成分で価格が安め

アレルビ

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

➡ロート自慢の最大濃度がかゆみに効く

ロートアルガード クリアブロックZ

アマゾンで買う

【第2類医薬品】ロートアルガードクリアブロックZ 13mL ※セルフメディケーション税制対象商品