fbpx

花粉症やハウスダストと併発しやすい副鼻腔炎(蓄膿症)とは?市販の副鼻腔炎薬が出た!緑茶カテキン、鼻プッシュもおすすめ!

花粉症やハウスダストが原因の副鼻腔炎とは 

花粉症の4大症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみですが、花粉シーズンに副鼻腔炎(ちくのうしょう)が一緒に起こることは少なくありません。花粉症のアレルギー性鼻炎患者の23%の人が副鼻腔炎を併発しているという調査結果もあります。(ロート製薬調べ)

最近では、スギ、ヒノキ以外にも、イネ科やブタクサなどの雑草が原因で夏や秋に花粉症になる人や、ハウスダストが原因のアレルギー性鼻炎でお悩みの人も増えており、鼻づまりが悪化して副鼻腔炎(ちくのうしょう)になる危険性が上がっています。

そこで今回は副鼻腔炎の症状や原因、その対策法についてご紹介します。

1.副鼻腔炎とは

・花粉シーズンは副鼻腔炎になりやすい

副鼻腔炎とは副鼻腔と呼ばれる鼻腔と隣接する骨の中の空洞に炎症が起こることを指します。

炎症を起こす原因のひとつが花粉のアレルゲンで、花粉症の人は花粉が副鼻腔に侵入するとアレルギー反応を起こして炎症がおこります。従って、花粉シーズンは花粉症と一緒に副鼻腔炎も起こりやすいのです。

・昔の蓄膿症(ちくのうしょう)

副鼻腔炎は少し前までは蓄膿症(ちくのうしょう)と呼ばれていました。漢字の通り、鼻に膿(うみ)がたまる症状を指していました。その後、医薬品の進歩で軽い症状が増えたり、CTスキャンの普及で膿がなくても炎症があるケースが認められ、蓄膿症とは呼ばずに副鼻腔炎と呼ぶようになりました。つまり、膿がなくても副鼻腔に炎症が認められれば副鼻腔炎と呼びます。

鼻の構造 副鼻腔炎とは 花粉症が原因で起こることも

・副鼻腔炎の原因

副鼻腔は、前頭洞(ぜんとうどう)・篩骨洞(しこつどう)・上顎洞(上顎洞)・蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)の4つからなり、左右合わせて8つの空間です。これらは自然口と呼ばれる小さな穴で鼻腔とつながっています。そのため、副鼻腔が鼻腔を通して外部から侵入してきた細菌やウィルスに感染したり、花粉やダニなどのハウスダストでアレルギー反応が起こることがあります。すると、副鼻腔の粘膜に炎症が生じて鼻水や膿がたまったり、発熱や頭重、歯痛などが引き起こされるのです。

・急性型と慢性型がある

副鼻腔炎には急性型と慢性型があります。

急性型は主に風邪による鼻水、鼻づまりが原因で起こるもので、膿を吸引したり、薬を利用することで比較的治りやすいといわれています。

慢性型は通常3か月以上症状が続くもので、副鼻腔と鼻腔をつなぐ自然口がふさがれてしまったり、鼻水を排出する働きが衰えることが原因と考えられています。副鼻腔炎が慢性化すると、においや味もわかりにくくなるといわれています。

2.副鼻腔炎の対策法

・病院での治療

副鼻腔炎は通常、病院で治療をしてもらいます。

急性型の場合、以下のような治療が用いらるようです。

  • 抗生物質や炎症を抑える薬を服用する
  • 膿を吸って鼻の中をきれいにする
  • ネブライザー療法という抗生物質などの薬を細かい粒子にして副鼻腔まで届きやすくするように蒸気を鼻から吸う療法を行う

慢性型の場合には、上記に加えて、粘膜の機能を正常化するためのマクロライドという抗生物質を数か月間投与する治療法を行うようです。これらの治療でも症状が改善しない場合には、ふさがっている自然口を開通させるような手術が行われます。手術は日帰りも可能なようです。

➡花粉症の鼻づまりに用いられる処方薬とは

花粉症の鼻づまりに効く処方薬 シングレア・キプレス(モンテルカスト)とオノン(プランルカスト)とは

【花粉症薬】花粉症の鼻づまりに効く処方薬シングレア・キプレス(モンテルカスト)とオノン(プランルカスト)とは

・『ロート アルガード 鼻炎内服薬ゴールドZ』

ロート製薬から花粉シーズンの副鼻腔炎の改善を目的とした市販内服薬『ロート アルガード 鼻炎内服薬ゴールドZ』が2017年12月20日より発売になりました。花粉症の鼻水、鼻づまりに加えて、併発する副鼻腔炎にも効果を期待できるようです。

アマゾンで買う
【指定第2類医薬品】ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ 20カプセル ※セルフメディケーション税制対象商品

この薬には生薬成分「シンイエキス」と抗アレルギー作用のある「メキタジン」が組み合わされています。

シンイ(辛夷)とは、モクレン科コブシの花のつぼみを乾燥させた生薬で、消炎作用や排濃作用、抗菌作用があります。

メキタジンは抗アレルギー作用(花粉症の原因物質ヒスタミンなどが放出されるのを抑える)と抗ヒスタミン作用(放出されたヒスタミンなどが炎症を起こすのをブロックする)をあわせ持つ第2世代抗ヒスタミン薬です。『ロート アルガード 鼻炎内服薬Z II』にもメキタジンが配合されています。

さらに鼻粘膜血管を収縮させる成分を2種類配合し、鼻づまりに効果を発揮して呼吸を楽にします。

15才以上が対象で、1回1カプセル、1日3回、食後に服用します。

第2類医薬品に分類されているので、薬局、ドラッグストア、インターネットで購入できます。

・緑茶のカテキンパワー

緑茶に含まれるメチル化カテキンは、鼻炎の原因となる物質ヒスタミンが体内で放出されるのを防ぐ効果があると研究機関から報告されています。

お茶の名産地では、お茶を飲むだけでなく、「緑茶うがい」といってお茶でうがいを行い、口や喉の異物や細菌を洗い流す習慣があり、健康増進に活用されています。

【関連記事】

カテキンパワー 白井田七茶 向島園 完全無農薬栽培のお茶 抗酸化作用アップ

【花粉症対策】カテキンは花粉症にも効果が!完全有機栽培で茶カテキンの抗酸化パワーがアップする!

お茶の中でも、栽培が難しいといわれる完全無農薬有機栽培に成功し、お茶の「体質強化」図って、成分濃度を高めたり、抗酸化作用をアップしているお茶が、「白井田七。茶」です。

無農薬なので、小さいお子さんも安心して飲んでいただけます。

公式サイトへ
副鼻腔炎にも評判がいい「白井田七。茶」 

・ほお骨プッシュ

ムック本『副鼻腔炎 アレルギー性鼻炎が一挙に退く!』の中に、鼻腔をすっきりさせる改善法がいくつか紹介されています。そのひとつが「ほお骨プッシュ」です。ほお骨プッシュは鼻ヨガのひとつで、副鼻腔炎になりやすい”下がりほお骨”を矯正します。ヨガ研究家の山本正子先生が考案したもので、鼻づまりを起こしている方の鼻の小鼻の上の部分を強く押し上げて広げていくというもの。

その他にもこのムック本には、鼻から生理食塩水を入れて洗い流す「鼻腔すっきり洗い」や、食事療法の「乳酸キャベツ」など、自宅で手軽にできる対策法が複数紹介されています。

アマゾンで買う

副鼻腔炎 アレルギー性鼻炎が一気に退く 鼻腔スッキリ1分ケア (わかさ夢MOOK 50)

➡鼻うがいのやり方はこちら

花粉症の嵐・相葉もびっくり!「鼻うがい」は鼻ヨガだった!花粉症対策にもおすすめ!

3.おわりに

冒頭でお話したように、近年、花粉症はスギ、ヒノキ原因の春の花粉症だけでなく、イネ科やブタクサの雑草が原因で夏や秋の花粉症を患う方が増えています。花粉以外にもハウスダスト、寒暖差アレルギー、風邪やインフルエンザなどで鼻水、鼻づまりが慢性化し副鼻腔炎になる危険性が増えています。特に子どもは顔の骨格が出来上がっておらず、アレルギー体質を持っていると特に蓄膿症(副鼻腔炎)になりやすいといわれています。

鼻水、鼻づまりがつらいな、と感じたら早めの対処を心がけてください

➡痛くない鼻うがい

アマゾンで買う

ハナノアシャワー 痛くない鼻うがい 使い方簡単タイプ (洗浄器具+専用洗浄液300ml)

➡花粉症対策に乳酸菌パワー!

公式サイトへ

たった2粒”に“ヨーグルト約50kg分”にもあたる乳酸菌5,000億個を配合【アレルライトハイパー】

➡鼻炎に加えて、目のかゆみも要注意!

花粉だけじゃない 目の炎症の原因や対策

【花粉症症状】花粉だけじゃない!目のかゆみ、涙目、充血、ゴロゴロ、目ヤニなどの結膜炎の原因や対処法