fbpx

【花粉症症状】鼻づまりで寝れない!花粉症の鼻づまりの治療や対処法は?

花粉症の鼻づまり 眠れない 対処法

花粉症の症状はどれもつらいものですが、「鼻づまり」は寝られなくなったり、食事をしても味がしなくなったり、とてもつらいものです。一説によると、花粉症の鼻づまりの人の約50%が眠れないといった睡眠障害を感じているそうです。

そこで今回は、花粉症が原因で鼻づまりが起こるメカニズムや症状をご説明した上で、病院での治療や自分でできる対処法についてご紹介します。

スギだけじゃない!春の花粉をチェック!
2月3月4月5月の花粉情報 春の花粉症 症状や対策法
【花粉情報】春はスギ以外も!2月3月4月5月の花粉は何?春の花粉症の原因、症状の特徴、対策法
➡Pick Up! 花粉症のセルフチェックに役立てよう!

特集!花粉症の症状~風邪や寒暖差アレルギーとの違い、鼻水、かゆみ、咳、頭痛など、症状チェック!

➡New! 冬から春のオススメ花粉症薬はこちら!

【花粉症薬ランキング】冬~春に強さと予防で選ぶ市販の花粉症鼻炎薬・鼻スプレー・目薬

1.鼻づまりの原因

鼻腔がなんらかの原因でふさがれると鼻づまりが起こります。

花粉症が原因の場合には、鼻腔の粘膜が炎症で腫れてしまったり、鼻水が溜まることで粘膜の腫れがおこり、その結果、鼻づまりが発症します。

花粉症などのアレルギー性鼻炎以外にも、鼻の中におできができたり、ティッシュの切れ端などの異物がつまっていたり、鼻と喉をつなぐ鼻咽喉に腫れがある、といった原因で鼻づまりが起こるそうです。

鼻の構造 鼻水のしくみ 花粉症

2.鼻づまりの症状

・鼻づまりの症状

一般的な鼻づまりの症状の特徴は、

  1. 青っぽい色のネバネバした鼻水が出る
  2. 鼻水が喉の方に回ってしまう
  3. たんや咳が出やすくなる
  4. 片方だけ鼻づまりする
  5. 左右が交互に鼻詰まりを起こす
  6. 鼻血を伴う鼻づまりが起こる

1や2の症状のときは花粉症が原因の鼻づまりから、副鼻腔炎(以下でご説明します)になっている疑いもあるそうです。

3や4の症状のときは鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)が疑われます。鼻中隔彎曲症は鼻中隔が強く曲がっているために、いつも鼻がつまって口呼吸やいびき、においがわからないなどの症状がある場合をさします。子供のころは曲がっていても成長し大人になると自然に治ることもあるようです。

6の鼻血を伴なう場合には、花粉症などのアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎のほか、鼻内腫瘍の疑いもあります。

・副鼻腔炎とは

副鼻腔炎とは、いわゆる蓄膿症といわれる症状で、1か月程度で症状が収まる副鼻腔炎を「急性副鼻腔戦」、長期にわたるものを「慢性副鼻腔炎」と呼び分けています。

花粉症の鼻水、鼻づまりの症状がある人は、鼻腔粘膜が弱くなっているため、花粉症の際に風邪などの病気が重なると急性副鼻腔炎になりやすいといわれているようです。

3.病院での治療

鼻づまりを解消するには、病院の耳鼻咽喉科科にいって処置をしてもらったり薬を処方してもらうのが安心です。

耳鼻咽喉科で鼻づまりに対処するための一般的な治療としては、以下のようです。

●鼻みずを吸引して鼻の内側をきれいにし、ネブライザーとよばれるで鼻内にステロイドや抗ヒスタミン剤を行き渡らせます。ネブライザーは霧状になった薬剤を鼻腔のすみずみにまで届けることができる機器で、高い効果が得られるそうです。治療機器なので自宅ではできません。

●内服薬や点鼻薬を処方します。

ロイコトリエンという物質は血管を拡張させる作用があり鼻づまりの炎症を起こすといわれてます。そこで、この働きを抑える「抗ロイコトリエン薬」、体内の鼻の粘膜や気管支などでアレルギー反応を引き起こす物質にトロンボキサンA2というものがあり、その作用を抑える「抗トロンボキサンA2薬」というような鼻づまりに効果的な内服薬を一定期間服用します。

点鼻薬ではステロイド薬が一般的に使用されます。

これらの治療でも症状が改善しないときには、手術が検討されるそうです。

➡花粉症の鼻づまりに用いられる処方薬

【花粉症薬】花粉症の鼻づまりに効く処方薬シングレア・キプレス(モンテルカスト)とオノン(プランルカスト)とは

4.自分でできる対処法

鼻づまりには病院で診察をうけ適切な処置を受けることが一番ですが、忙しいなどの理由でなかなか病院に行けないこともあります。そのようなときに、自分でできる対処法をいくつかご紹介します。

・鼻を温める

鼻を温めて血流をよくすることで、すっと気持ちがよくなり、鼻づまりの症状が一時的に解消するといわれています。

温め方としては、電子レンジで蒸しタオルをつくって鼻にあてる、使い捨てカイロをハンカチなどでくるんで鼻にあてる、熱いお湯でタオルを絞って鼻にあてる、洗面器に熱いお湯を注いでその蒸気を鼻で吸う、などがあります。

・鼻腔拡張テープを使う

いびき解消など呼吸を楽にするための鼻腔拡張テープを使って鼻の空気の通りをよくする方法です。

アマゾンで買う

ブリーズライト スタンダード 肌色 レギュラー 鼻孔拡張テープ 快眠・いびき軽減 30枚入

・ハッカ油を使う

ハッカ油はハッカ(ミント)から作られた精製油で、メントールという成分が含まれています。メントールはのど飴や、咳止めに胸に塗るヴィックスヴェポラッブなどにも配合されている成分で、抗アレルギー、抗炎症、血流促進などの作用があり、スーッとする使用感で鼻づまりの一時的な解消にも効果があるといわれています。

使い方としては、マスクの内側に1、2滴つける、鼻の下に塗る、蒸しタオルにつけて鼻にあてる、などがあります。

アマゾンで買う

ハッカ油P 20ml

・鼻うがいをする

鼻うがいは、生理食塩水や専用の洗浄液を使って鼻の中を洗うことをいいます。

鼻の中に溜まっている鼻水を洗い流したり、粘膜に付着している花粉などの異物を取り除くことができます。

洗面器に塩分濃度の0.9%の塩水を入れて、一方の鼻の穴を押さえながら、もう一方の鼻で塩水を吸い吐きだす、というやり方もありますが、市販の洗浄機器や洗浄剤を使うのも便利です。

アマゾンで買う

ハナクリーンS(ハンディタイプ鼻洗浄器)

アマゾンで買う

サーレS(ハナクリーンS用洗浄剤) 1.5g×50包(50回分)

➡鼻うがいのやり方はこちら

花粉症の嵐・相葉もびっくり!「鼻うがい」は鼻ヨガだった!花粉症対策にもおすすめ!

・市販薬を使う

ドラックストアやインターネットで購入できる市販の鼻炎薬を使う方法もあります。

病院の薬と同じように、内服薬と点鼻薬(鼻スプレー)があり、鼻スプレーにはステロイド薬が含まれているタイプがあります。

●「アレルビ」

抗ヒスタミン成分の入っているアレルギー性鼻炎薬を服用し、鼻づまりの原因となる鼻水など花粉症の症状を抑えます。アレルビは、人気の花粉症薬「アレグラFX」の主成分フェキソフェナジンが同量入っているジェネリック医薬品です。価格が魅力です。

アマゾンで買う

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

●パブロン鼻炎カプセルSα

パブロン鼻炎カプセルSαには、鼻の腫れを改善して鼻づまりを緩和する血管収縮剤プソイドエフェドリンが入っています。ただし、成分としてプソイドエフェドリン以外に第一世代抗ヒスタミン薬も入っているため、眠くなりやすいという副作用があるので注意が必要です。


アマゾンで買う

【指定第2類医薬品】パブロン鼻炎カプセルSα 48カプセル

●ナザールαAR0.1%

病院で処方されるステロイド薬と同成分が同量入っています。


アマゾンで買う

【指定第2類医薬品】ナザールαAR0.1%<季節性アレルギー専用> 10mL ※セルフメディケーション税制対象商品

➡New! 冬から春のオススメ花粉症薬はこちら!

【花粉症薬ランキング】冬~春に強さと予防で選ぶ市販の花粉症鼻炎薬・鼻スプレー・目薬

➡かわいいパンダの💩だったら、大丈夫?

【花粉症対策】パンダのうんこでできた高級ティッシュで花粉症の鼻水をかむのはどう?

5.おわりに

鼻づまりは鼻呼吸がしにくくなり、睡眠障害になったり、頭痛が発症したり、蓄膿症を引き起こすなど、他の疾患をひきこすきっかけとなりかねないので、早めに対処するのが肝心です。

もう発症してしまった鼻づまりには速効的な効果はあまり期待できませんが、花粉シーズンになる前から、ヨーグルトやお茶といった免疫力をアップするといわれる食材を継続的にとって、体質改善をしていくのもひとつの対策法です。

➡鼻づまりに悩むレポーターYASUの体験レポ開始

2018年春の花粉症対策に「べにふうき緑茶」を飲んでみる!~「べにふうき」はどんなお茶?【体験レポ①】

➡カテキン効果で鼻のお悩み解消

白井田七。茶」で花粉症などの鼻づまり体質改善

参照:岩野耳鼻咽喉科サージセンター