fbpx

【林修の今でしょ講座】健康に豆乳がおすすめ!無調整豆乳と調製豆乳の違いは?

2019年11月19日のテレビ朝日「林修の今でしょ!講座」でピックアップしたのは、健康長寿に学ぶ”豆乳”。

最近、健康に良いと豆乳が注目されています。コンビニやスーパーでも多くの豆乳商品が並んでいますね。

ここでは番組で紹介された豆乳パワーや、無調整豆乳と調製豆乳との違いなどをご紹介します。

参照:テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」

ハッピーレシート iPhoneアプリ ダウンロード

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら

豆乳パワーとは

すりつぶした大豆を煮た後に絞りだし、液体と固体に分けます。この液体が豆乳や豆腐になり、固体はおからになります。

豆乳は牛乳よりたんぱく質含有率が多く、筋肉を作るのに適しています。豊富に含まれる「大豆イソフラボン」が女性ホルモンの過剰な働きを抑え乳がんのリスクを低下することができると報告されています。また、女性だけでなく男性が摂取した場合は前立腺がんの発生率が下がったという研究結果もあるそうです。

大豆イソフラボンは豆腐や納豆にも同様に含まれていますが、液体の豆乳の方が消化吸収率が高いのでより効率的に摂取することができるのです。

調製豆乳と無調整豆乳の違い

豆乳の中でも無調整豆乳は、大豆を絞ったそのままの液体。添加物なしで味の調整をしていないものです。一方、調製豆乳は塩や砂糖で味付けをしているものです。味付けしている調製豆乳は飲みやすいものの、カロリーがやや高め。より健康に気をつけるには、無調整豆乳がおすすめです。たんぱく質は無調整豆乳の方が多く含まれているので、大豆イソフラボンの働きを多く期待する場合にも無調整豆乳の方がよいでしょう。

1日に飲む量はコップ1~2杯程度にしましょう。また、花粉症の人の中には大豆アレルギーを起こす人もいますので、注意してください。

豆乳には、豆乳飲料(豆乳ドリンク)と呼ばれるタイプがあります。

豆乳飲料は果汁などで味付けをされていたり、他の食材を含んでいます。近年多くの種類が発売されていますが、

便秘におすすめの豆乳飲料は、きなこ豆乳

高血圧におすすめの豆乳飲料は、黒ゴマ豆乳

アマゾンで買う

アマゾンで買う

➡大豆アレルギーの人はしょう油やみそは大丈夫?納豆は順天堂大学 伊藤潤先生がやさしく解説↓大豆 アレルギー |【花粉症クエスト】アレルギー辞典

大豆 アレルギー |【花粉症クエスト】アレルギー辞典

苦手な方は「豆乳ヨーグルト」

豆乳が苦手な方にも食べやすいのが、豆乳を乳酸菌で発酵させた「豆乳ヨーグルト」。

トッピングに、苺などのフルーツのジャム、青汁の粉、オリゴ糖を入れると、健康パワーがアップするだけでなく、よりおいしく食べられますよ。 アマゾンで買う


アマゾンで買う

✅豆乳を買ったら、レシートを捨てないで!どこで買ってもポイントがもらえちゃうんです!

大人気!\健康に評判の食品やグッズのレシートを撮るとポイントがもらえる/アプリ!1000ポイントで100円のAmazonポイントに交換可能です!

ハッピーレシートアプリ 画面

ハッピーレシート レシートがお金に変わる 豆乳を買ったレシートでポイントがもらえる

ハッピーレシートアプリのダウンロード(無料)はこちらから↓↓

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら

➡人気の「アレグラFX」と同じ有効成分で価格が安め!!

アレルビ

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品