fbpx

【ヒルナンデス】さつまいも・栗・きのこ!おいしい秋食材の見分け方とは(10月17日)

【ヒルナンデス】さつまいも・栗・きのこ!秋の味覚のおいしい見分け方とは(10月17日)
2019年10月17日の日本テレビ「ヒルナンデス」で放送された「秋の味覚の見分け方」をまとめました!

さつまいも・栗・きのこなど、秋に美味しい野菜や果物の上手な見分け方とは?サツマイモの甘さは端の色?それともくぼみ? 栗を甘く保存するには冷蔵?レンジで温める?

教えてくれたのは、青果バイヤーの宮下友幸さんです。

参照:日本テレビ「ヒルナンデス」

ハッピーレシート iPhoneアプリ ダウンロード

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら

1.サツマイモは端が黒いものを選ぶ

サツマイモは端の断面が黒いものを選んでください。黒いのは蜜があふれ出ている証拠で、糖分が多く含まれており甘いんです。

●「自宅で焼きいも」の作り方

自宅でできるおいしい焼きいもを作り方は、細長いサツマイモをアルミホイルで巻き、魚焼きグリルやトースターで低温で30分~50分でじっくり焼いてください!

2.しいたけはカサが開いてないものを選ぶ

鮮度が高いしいたけはカサがあまり開いていないものです。カサが開ききったしいたけは胞子が落下しやすく、傷みやすいので、保存するときはカサを上にしてください。

3.ニンジンは芯が小さいものを選ぶ

より柔らかく美味しいニンジンは芯が小さいものです。繊維質が少ないからです。芯が大きいと葉に養分が吸収されてしまうので、栄養価でみても芯が小さいものがおすすめです。

また、のニンジンで水滴がついているものは、収穫から時間がたって水分が蒸発している可能性があります。水滴がついていないものを選んでください。

4.カボチャはタネが大きいものを選ぶ

タネが小さいカボチャは、まだ未熟なときに収穫したものなので、甘さやほくほく感が足りません。タネが大きいものの方が熟して甘いカボチャです。

5.生栗は冷蔵庫で冷やす

生栗を保存するときに冷蔵庫で冷やすとより甘味が増します。

栗は寒い冬の時期にデンプンを糖分に変化させます。それと同じようにチルド室のような0℃程度の冷蔵庫に入れて3日間保存すると、甘味が2倍になるんです。保存する際には、保存袋に入れてください。水分が出るとカビが生えやすいので、水分が出ていないか時々チェックしてください。

アマゾンで買う

➡お買い物をしたら、レシートを捨てないで!

大人気!\健康に評判の食品やグッズのレシートを撮るとポイントがもらえる/アプリがあるんです!1000ポイントで100円のAmazonポイントに交換可能です!

ハッピーレシートアプリ 画面

ハッピーレシート レシートがお金に変わる ミニトマトを買ったレシートでポイントがもらえる

ハッピーレシートアプリのダウンロード(無料)はこちらから↓↓

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら