fbpx

【2021年7月7日】今日はイネ科花粉「少ない🌾○○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2021年7月7日】今日はイネ科花粉「少ない🌾○○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

今日は七夕です。七夕とは、中国古代の民間伝承がもとで、織姫(おりひめ)さまと彦星(ひこぼし)さまが天の川を渡って、1年に1度だけ出会える夜のこと。短冊に願い事を書いて、笹竹に飾り付けます。かつては旧暦の7月7日だったので、現在の8月上旬~下旬ごろで晴れた夜が多かったようです。七夕の食べ物といえば、「索餅(さくべい)」という小麦粉や餅粉をひねって揚げたお菓子ですが、それに近い「かりんとう」や「そうめん」が定番のようです。

➡桃を食べると口がイガイガ?花粉が関係?順天堂大・伊藤潤先生がやさしく解説!
リンゴ・桃 アレルギー
果物(リンゴ・モモ) アレルギー |【花粉症クエスト】アレルギー辞典

1.【2021年7月7日更新】 花粉飛散情報

(1)きょう7/7は、イネ科花粉「少ない🌾○○」予想

きょう7日は、イネ科花粉の飛散が「少ない🌾○○」予想です。

雨の降りやすい一日となり、花粉の飛散は少なめです。

カモガヤ、オオアワガエリなどのイネ科花粉はピークを越えたようですが、イネ科花粉の飛散期は長いので、敏感な方は用心してください。鼻や目の症状だけでなく、ノドや皮膚のかゆみにも気をつけてください。梅雨の時期は、湿気や気圧の変化による体調不良「気象病」が併発して、頭痛、胸が苦しいなどが起こることもあるようです。

カモガヤ、オオアワガエリ、ハルガヤ、ネズミホソムギなどのどれかのイネ科植物のアレルギーになると、他のイネ科花粉にも反応することがあります。

イネ科花粉症について詳しくはこちらをご覧ください↓

【花粉症症状】この時期一番多いイネ科(カモガヤなど)の花粉症とは?特徴や症状のまとめ

ウェザーニュースによると、きょう7日は活発な梅雨前線や低気圧の影響で、午前中を中心に雨の強まる時間帯があります。
局地的には激しい雨になり、道路冠水や中小河川の増水などのおそれがあるため警戒が必要です。
午後になると雨は小康状態になってきます。

ウェザーニュースより引用

●7月7日 東京の花粉予想

イネ科花粉「少ない🌾○○」予想

●7月7日 東京の気象予報

お昼:曇り 気温30℃ 湿度61%

夕方:曇り 気温29℃ 湿度63%

(2)きのう7/6の花粉情報~イネ科花粉「少ない」

きのう6日は、イネ科花粉が「少ない「🌾○○」でした。

●7/6の花粉自動計測器「KH3000」で計測した花粉濃度

花粉自動計測器「KH3000」で30分毎に計測する花粉個数をもとに、その日の1立方メートルあたりの平均花粉濃度(花粉個数/m³)を報告します。

・7月6日 –個/m³  

●7/6のダーラム法で観測した花粉個数

ダーラム法で捕集した花粉の種類と飛散個数(1cm²あたり)を報告します。

・7月6日:イネ科花粉「少ない🌾○○

イネ科花粉:0.3個/cm²

その他花粉:0.6個/cm²

➡人気の「アレグラFX」と同じ有効成分で価格が安め!!

アマゾンで買う


【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

ダーラム法による花粉量の表記(多い・少ない)について

●スギなどの木の花粉の場合~「日本アレルギー協会花粉情報標準化委員会」の定義を参考にして以下のように表記します。

1日の花粉飛散量ランク(木の花粉)
少ない 10個/cm²未満
やや多い 10個/cm²以上30個/cm²未満
多い 30個/cm²以上50個/cm²未満
非常に多い 50個/cm²以上

●イネ科やブタクサなどの草の花粉の場合~「鼻アレルギー診療ガイドライン2020」を参考にして以下のように表記します。

1日の花粉飛散量ランク
(草の花粉)
少ない 0.05個~1.0個/cm²
やや多い 1.1個/cm²~5.0個/cm²
多い 5.1個/cm²以上
 

2.『花粉データ』2021年7月

・KH3000の平均花粉濃度データ(7月1日~7月6日

平均花粉濃度
  花粉個数/m³
7月1日
7月2日
7月3日
7月4日
7月5日
7月6日

*KH3000修理中のため観測休止

・ダーラム法の花粉個数データ(7月1日~7月6日)

花粉の飛散個数単位:花粉個数/cm²
  イネ科 その他
7月1日 0.3 0.6
7月2日 0 0.3
7月3日 0.3 0.6
7月4日 0 0.3
7月5日 0.3 0.9
7月6日 0.3 0.6

 

・東京の気象データ(7月1日~7月6日

東京の気象データ
  平均気温 平気湿度 平均風速 日照時間
  m/s h
7月1日 20.9 98 1.8 0
7月2日 21.2 100 1.4 0
7月3日 22.2 92 2.1 0.3
7月4日 20.1 98 1.5 0
7月5日 22.1 96 1.3 0.6
7月6日 24.7 91 1.6 0.2

♦過去のデータはこちらをご覧ください↓

花粉飛散データ(https://kafunq.com/category/information/kafun-date/

3.『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』とは

『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』は、花粉症クエストが国立大学法人・埼玉大学大学院理工学研究科・王青躍研究室が行う花粉飛散測定に協力し、東京都世田谷区で観測した花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日配信します。

7月はカモガヤやオオアワガエリなどのイネ科花粉を中心に飛散状況を観測します。

●『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』の測定方法(KH3000やダーラム法とは?)や配信内容など詳しいことはこちら≫

東京都内の花粉飛散情報 埼玉大学 測定方法などはこちらをクリック