fbpx

【2022年2月8日】今日の花粉「少ない🌲〇〇〇」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2022年2月8日】今日の花粉「少ない🌲〇〇〇」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

今日は、「つ(2)ば(8)き」の語呂合わせで、「つばきの日」です。

つばきは、学名Camellia japonicaを見てもわかるように日本に自生する花木です。種類は世界に約5000種あるといわれていて、品種改良は現在でも進んでいます。おもな品種は冬から春にかけて咲きますが、なかでも11月〜翌年2月くらいに咲き出す品種と3月〜4月が特に多く、バラが咲き出す頃まで咲いている遅咲き品種もあります。

つばきといえば、「椿油」を思い浮かべる方もいると思いますが、髪のケアに使われてきた歴史があり、その効能についてはよく知られています。それだけでなく、最近では、椿のもつアンチエイジング効果に着目して、肌用の化粧品成分にも使用されているそうです。

➡もう飛んでいる?1月、2月の花粉は何?冬の花粉症とは

【花粉情報】1月、2月の花粉カレンダー!冬の花粉症の特徴や対策法(2022年版)

1.【2022年2月8日更新】 花粉飛散情報

(1)きょう2/8は、花粉「少ない🌲○○○予想

きょう8日は、花粉が「少ない🌲○○○」予想です。

関東は日差しが届きますが、次第に雲が広がるでしょう。「飛び始め」の前ですが、少量のスギ花粉が飛散する可能性があるので、敏感な方は用心してください。

通常、スギ花粉の「飛び始め」は2月バレンタインデー前後とされます。この「飛び始め」とは、1㎝²あたりに1個以上の花粉が2日連続して観測された最初の日と定義されています。しかし2月に入ると、1個未満であるものの、花粉が飛ぶ日が増えてきます。

少しでも花粉症の症状が出たら、初期療法を始めると良いとされています。初期療法についてはこちらをご覧ください↓

花粉症の早めの対策「初期療法」は花粉症治療の基本です!~日医大・大久保公裕教授が解説

日ごとの気温差が大きかったり、暖房の入った室内と冷たい外気を行き来すると、寒暖差が原因で鼻水が出ることがあります。寒暖差アレルギーは、名前にアレルギーとついていても、花粉症やハウスダストアレルギーのような免疫機能がかかわる病気ではなく、医学的には血管運動性鼻炎と呼ばれる病気です。

「寒暖差アレルギー」について、詳しくはこちらをご覧ください↓

激しい気温差による「寒暖差アレルギー」に注意!花粉症、風邪との見分け方は?対処法は?

ウェザーニュースによると、きょう8日は、北日本や東日本の日本海側は雪や雨が降りやすく、北陸では雷を伴って強く降るおそれがあります。関東から西の太平洋側は雲が広がりやすくスッキリしない空です。

ウェザーニュースより引用

●2月8日 東京の花粉予想

花粉「少ない🌲○○○予想

●2月8日 東京の気象予報

お昼:晴れ 気温7℃ 湿度32%

夕方:晴れ 気温7℃ 湿度41%

(2)きのう2/7の花粉情報~花粉「少ない🌲○○○」

きのう7日は、花粉の飛散が「少ない🌲〇〇〇」でした。

●2/7の花粉自動計測器「KH3000」で計測した花粉濃度

花粉自動計測器「KH3000」で30分毎に計測する花粉個数をもとに、その日の1立方メートルあたりの平均花粉濃度(花粉個数/m³)を報告します。

・2月7日 –個/m³  

●2/7のダーラム法で観測した花粉個数

ダーラム法で捕集した花粉の種類と飛散個数(1cm²あたり)を報告します。

・2月7日:花粉「少ない🌲○○○」

スギ花粉:0個/cm² 

イネ科花粉:0個/cm² 

ハンノキ花粉:0個/cm² 

ヒノキ花粉:0個/cm² 

➡人気の「アレグラFX」と同じ有効成分で価格が安め!!

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

ダーラム法による花粉量の表記(多い・少ない)について

●イネ科やブタクサなどの草の花粉の場合~「鼻アレルギー診療ガイドライン2020」を参考にして以下のように表記します。

1日の花粉飛散量ランク
(草の花粉)
少ない 0.05個~1.0個/cm²
やや多い 1.1個/cm²~5.0個/cm²
多い 5.1個/cm²以上
非常に多い 10.1個/cm²~

●スギなどの木の花粉の場合~「日本アレルギー協会花粉情報標準化委員会」の定義を参考にして以下のように表記します。

1日の花粉飛散量ランク(木の花粉)
少ない 10個/cm²未満
やや多い 10個/cm²以上30個/cm²未満
多い 30個/cm²以上50個/cm²未満
非常に多い 50個/cm²以上

2.『花粉データ』2022年2月

・KH3000の平均花粉濃度データ(2月1日~2月7日

平均花粉濃度
花粉個数/m³
2月1日
2月2日
2月3日
2月4日
2月5日
2月6日
2月7日

*機械に不具合発生

・ダーラム法の花粉個数データ(2月1日~2月7日

花粉の飛散個数 単位:花粉個数/cm²
スギ イネ科 ハンノキ ヒノキ その他
2月1日 0 0 0 0 0
2月2日 0.6 0 0 0 0
2月3日 0 0 0 0 0
2月4日 0.3 0 0 0 0
2月5日 1.2 0 0 0 0
2月6日 0 0 0 0 0
2月7日 0 0 0 0 0
・東京の気象データ(2月1日~2月7日

東京の気象データ
平均気温 平気湿度 平均風速 日照時間
m/s h
2月2日 5.6 46 2.5 9.2
2月2日 5.5 45 2.5 9.3
2月3日 5.8 42 1.8 7.8
2月4日 4.9 50 1.9 1.0
2月5日 3.5 45 3.5 6.1
2月6日 2.3 45 2.3 5.2
2月7日 4.5 36 2.4 8.1

♦過去のデータはこちらをご覧ください↓

花粉飛散データ(https://kafunq.com/category/information/kafun-date/

3.『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』とは

『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』は、花粉症クエストが国立大学法人・埼玉大学大学院理工学研究科・王青躍研究室が行う花粉飛散測定に協力し、東京都世田谷区で観測した花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日配信します。

2月はスギを中心に飛散状況を観測します。

●『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』の測定方法(KH3000やダーラム法とは?)や配信内容など詳しいことはこちら≫

東京都内の花粉飛散情報 埼玉大学 測定方法などはこちらをクリック