fbpx

【2022年5月2日】今日のカモガヤなどのイネ科花粉「やや多い🌾🌾○○」予想。雨あがりの花粉に注意~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

今年はヨモギの若芽が旺盛のようです。この若芽の柔らかい部分を使って、ヨモギ餅を作ります。

ヨモギは不溶性食物繊維がホウレンソウの3倍も含まれるとされ、また貧血作用に良いとされるクロロフィルも豊富です。せっかくの若芽をお餅にするだけでなく、てんぷらにしても、おいしくておすすめです。

秋の花粉症では、ヨモギ花粉でアレルギー反応を起こす方もいますが、葉っぱの部分は調理して食べても問題ありません。食べるだでなく、ヨモギは古来より、お灸の「もぐさ」に使われてきました。漢方や中医学では鎮痛作用や抗炎症作用があり、保湿を高め、血流をよくするので、「カイヨウ」という名前で売られています。

1.【2022年5月2日更新】 花粉飛散情報

(1)きょう5/2は、イネ科花粉「やや多い🌾🌾○○予想

きょう2日は、イネ科花粉が「やや多い🌾🌾○○」予想です。

天気が回復して日差しが届きます。雨あがりの晴天で、花粉が飛びやい状況が整います。ヒノキ花粉は終盤に差し掛かっていますが、カモガヤやネズミホソムギなどのイネ科雑草の成長が勢いを増しており、所々で花が咲き始めています。どれかひとつのイネ科花粉症になると、他の種類のイネ科にも反応しやすくなるので、用心してください。

近年、花粉症の薬(抗ヒスタミン薬)の種類が増えました。処方数の伸びを比較したランキングについては、こちらをご覧ください↓

花粉症の処方薬ランキング!処方数の伸び率で比較!どれが人気?(2022年版)

ウェザーニュースによると、きょう2日は雨を降らせている雲は東へ離れ、朝から広い範囲で日差しが届きます。ただ、上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込み、大気の状態が不安定になる予想です。日差しが届く分、今日よりも気温は上がって関東より西の地域は最高気温が20℃前後になる見込みです。

ウェザーニュースより引用

●5月2日 東京の花粉予想

花粉「やや多い🌾🌾○○予想

●5月2日 東京の気象予報

お昼:晴れ 気温17℃ 湿度38%

夕方:晴れ 気温17℃ 湿度60%

(2)きのう5/1の花粉情報~イネ科花粉「少ない🌾○○○

きのう1日は、イネ科花粉の飛散が「少ない🌾○○○」でした。

●5/1の花粉自動計測器「KH3000」で計測した花粉濃度

花粉自動計測器「KH3000」で30分毎に計測する花粉個数をもとに、その日の1立方メートルあたりの平均花粉濃度(花粉個数/m³)を報告します。

・5月1日 –個/m³  

●5/1のダーラム法で観測した花粉個数

ダーラム法で捕集した花粉の種類と飛散個数(1cm²あたり)を報告します。

・5月1日:イネ科花粉「少ない🌾○○○」

イネ科花粉:0.3個/cm² 

ヒノキ花粉:0.3個/cm² 

コナラ:0個/cm² 

マツ:0.6個/cm² 

➡人気の「アレグラFX」と同じ有効成分で価格が安め!!

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

ダーラム法による花粉量の表記(多い・少ない)について

●イネ科やブタクサなどの草の花粉の場合~「鼻アレルギー診療ガイドライン2020」を参考にして以下のように表記します。

1日の花粉飛散量ランク
(草の花粉)
少ない 0.05個~1.0個/cm²
やや多い 1.1個/cm²~5.0個/cm²
多い 5.1個/cm²以上
非常に多い 10.1個/cm²~

●スギなどの木の花粉の場合~「日本アレルギー協会花粉情報標準化委員会」と東京都福祉保健局の定義を参考にして以下のように表記します。

1日の花粉飛散量ランク(木の花粉)
少ない 10個/cm²未満
やや多い 10個/cm²以上30個/cm²未満
多い 30個/cm²以上50個/cm²未満
非常に多い 50個/cm²以上
極めて多い 100個/cm²以上

2.『花粉データ』2022年5月

・KH3000の平均花粉濃度データ(5月1日~5月1日

平均花粉濃度
花粉個数/m³
5月1日

*雨天のため、1日は計測停止

・ダーラム法の花粉個数データ(5月1日~5月1日

花粉の飛散個数 単位:花粉個数/cm²
イネ科 ヒノキ コナラ マツ その他
5月1日 0.3 0.3 0 0.6 1.9
・東京の気象データ(5月1日~5月1日

東京の気象データ
平均気温 平気湿度 平均風速 日照時間
m/s h
5月1日 12.7 83 2.1 0

♦過去のデータはこちらをご覧ください↓

花粉飛散データ(https://kafunq.com/category/information/kafun-date/

3.『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』とは

『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』は、花粉症クエストが国立大学法人・埼玉大学大学院理工学研究科・王青躍研究室が行う花粉飛散測定に協力し、東京都世田谷区で観測した花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日配信します。

5月はカモガヤなどのイネ科花粉、ヒノキを中心に飛散状況を観測します。

●『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』の測定方法(KH3000やダーラム法とは?)や配信内容など詳しいことはこちら≫

東京都内の花粉飛散情報 埼玉大学 測定方法などはこちらをクリック