fbpx

【2022年7月6日】今日のカモガヤやオオアワガエリなどのイネ科花粉「少ない🌾○○○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

きょう7月6日は「ワクチンの日」です。1885年のこの日、「ワクチンの父」であるルイ・パスツール博士が開発した狂犬病ワクチンが、9歳の少年に接種されたことを記念して制定されたそう。

コロナでおなじみとなりましたが、改めてワクチンについておさらいしておきましょう。

ワクチンは、はしかなどの感染症に感染すると体内に自然に免疫ができるのと同じしくみで、私たちの体内に人工的に免疫を作り出します。コントロールされた安全な状態で免疫を作り出すので、接種後に症状が出なかったり、たとえ症状が出ても軽いのが特徴です。他の人へうつさせない点も、ワクチンの利点です。しかし、自然感染にくらべて生み出される免疫力は弱いため、1回の接種では充分でなく、何回かに分けての追加接種が必要になることがあります。

ワクチンには、生きたウイルスや細菌の毒性を、症状が出ないように極力抑えて作った「生ワクチン」、ウイルスや細菌の毒性を完全になくして、免疫を作るのに必要な成分だけを製剤した「不活化ワクチン」そして「mRNAワクチン」があります。mRNAワクチンは、ウイルスを構成するタンパク質の遺伝情報を接種し、体内でウイルスのタンパク質が作られ、そのタンパク質に対する抗体が作られて免疫を獲得します。

1.【2022年7月6日更新】 花粉飛散情報

(1)きょう7/6は、イネ科花粉「少ない🌾○○○予想

きょう6日は、イネ科花粉が「少ない🌾○○○」予想です。

関東は雨の降りやすい一日です。

カモガヤやオオアワガエリなどのイネ科花粉はピークを過ぎていますが、日差しが届いたり、強い風が吹くと花粉がキツイと感じるかもしれません。イネ科花粉症で敏感な方は用心してお過ごしください。

どれかひとつのイネ科花粉症になると、他の種類のイネ科にもアレルギー反応しやすくなります。草むらに近寄らないことが一番の対策法ですが、外出の際にはマスクやめがねをしたり、早めに花粉症薬を服用するのがおすすめです。

近年、花粉症の薬(抗ヒスタミン薬)の種類が増えました。処方数の伸びを比較したランキングについては、こちらをご覧ください↓

花粉症の処方薬ランキング!処方数の伸び率で比較!どれが人気?(2022年版)

ウェザーニュースによると、きょう6日は、台風4号から変わった低気圧が関東沖に進み、動きが遅くなります。関東は未明にかけて激しい雨のおそれがあり、昼間も雨の降りやすい天気が続く見込みです。

東海以西は雲が多めながらも日差しが届き、太平洋側で厳しい暑さとなります。

ウェザーニュースより引用

●7月6日 東京の花粉予想

花粉「少ない🌾○○○予想

●7月6日 東京の気象予報

お昼:曇り 気温27℃ 湿度70%

夕方:曇り 気温27℃ 湿度72%

(2)きのう7/5の花粉情報~イネ科花粉「少ない🌾○○○

きのう5日は、イネ科花粉の飛散が「少ない🌾○○○」でした。

●7/5の花粉自動計測器「KH3000」で計測した花粉濃度

花粉自動計測器「KH3000」で30分毎に計測する花粉個数をもとに、その日の1立方メートルあたりの平均花粉濃度(花粉個数/m³)を報告します。

・7月5日 –個/m³  *台風のため、しばらく計測停止

●7/5のダーラム法で観測した花粉個数

ダーラム法で捕集した花粉の種類と飛散個数(1cm²あたり)を報告します。

・7月5日:イネ科花粉「少ない 🌾○○○

イネ科花粉:0個/cm² 

ブタクサ:0個/cm² 

ヨモギ:0個/cm² 

カナムグラ:0個/cm² 

➡人気の「アレグラFX」と同じ有効成分で価格が安め!!

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

ダーラム法による花粉量の表記(多い・少ない)について

●イネ科やブタクサなどの草の花粉の場合~「鼻アレルギー診療ガイドライン2020」を参考にして以下のように表記します。

1日の花粉飛散量ランク
(草の花粉)
少ない 0.05個~1.0個/cm²
やや多い 1.1個/cm²~5.0個/cm²
多い 5.1個/cm²以上
非常に多い 10.1個/cm²~

●スギなどの木の花粉の場合~「日本アレルギー協会花粉情報標準化委員会」と東京都福祉保健局の定義を参考にして以下のように表記します。

1日の花粉飛散量ランク(木の花粉)
少ない 10個/cm²未満
やや多い 10個/cm²以上30個/cm²未満
多い 30個/cm²以上50個/cm²未満
非常に多い 50個/cm²以上
極めて多い 100個/cm²以上

2.『花粉データ』2022年7月

・KH3000の平均花粉濃度データ(7月1日~7月5日

平均花粉濃度
花粉個数/m³
7月1日 16.3
7月2日 22.9
7月3日 27.1
7月4日

*台風のため7/4よりしばらく計測停止

・ダーラム法の花粉個数データ(7月1日~7月5日

花粉の飛散個数 単位:花粉個数/cm²
イネ科 ブタクサ ヨモギ カナムグラ その他
7月1日 0.3 0 0 0 0.9
7月2日 0.3 0 0 0 3.1
7月3日 0.3 0 0 0 3.7
7月4日 0.6 0 0 0 2.8
7月5日 0 0 0 0 0.9
・東京の気象データ(7月1日~7月5日

東京の気象データ
平均気温 平気湿度 平均風速 日照時間
m/s h
7月1日 30.4 68 2.4 11.5
7月2日 29.5 72 2.9 10.6
7月3日 28.9 74 2.1 2.7
7月4日 26.5 81 2.0 0.1
7月5日 26.2 81 3.2 3.5

♦過去のデータはこちらをご覧ください↓

花粉飛散データ(https://kafunq.com/category/information/kafun-date/

3.『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』とは

『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』は、花粉症クエストが国立大学法人・埼玉大学大学院理工学研究科・王青躍研究室が行う花粉飛散測定に協力し、東京都世田谷区で観測した花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日配信します。

7月はイネ科花粉を中心に飛散状況を観測します。

●『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』の測定方法(KH3000やダーラム法とは?)や配信内容など詳しいことはこちら≫

東京都内の花粉飛散情報 埼玉大学 測定方法などはこちらをクリック