fbpx

【2022年9月20日】今日のブタクサ・イネ科などの秋花粉「やや多い🌾🌾○○」予想。台風の後は秋花粉に注意~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2022年9月20日】今日のブタクサ・イネ科などの秋花粉「やや多い🌾🌾○○」予想。台風の後は秋花粉に注意~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

秋の味覚といえば「秋刀魚」。各地で秋刀魚の水あげが続き、スーパーにもに並び始めました。残念ながら今年も漁獲量が少ないと見込まれる上、燃料費の高騰やロシアとの関係悪化でお値段はあまり安くなさそうです。

秋刀魚には、血液をサラサラに保ちコレステロール値を下げる不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。特にDHAは脳細胞の働きを活発にし、学習能力の向上や痴呆を防ぐ効果があるそうです。またさんまには、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮することで話題のタウリンも多く含まれています。

栄養豊富な秋刀魚ですが、内臓まで全部食べられます。その理由は秋刀魚には胃や腸がないから。 秋刀魚自身が食べた物は、食道から入ってすぐに排泄されてしまいます。 体の中に排泄物がほとんど溜まらない魚なので、内臓も美味しく食べられるんですね。

1.【2022年9月20日更新】 花粉飛散情報

(1)きょう9/20は、ブタクサ・イネ科花粉「やや多い🌾🌾○○予想

きょう20日は、花粉が「やや多い🌾🌾○○」予想です。

関東は午前中、台風14号の影響で暴風雨に注意が必要です。台風によって秋の花粉が地面に落ち、雨の合間や雨が上がった後に再び舞い上がるかもしれません。ブタクサ、ヨモギ、イネ科など秋花粉が原因のアレルギーをお持ちの方は、花粉症の症状がキツイと感じる可能性がありますので、用心してください。

ブタクサ花粉は各地で飛散ピークになっています。ブタクサと同じキク科のヨモギ花粉も地域によっては飛散が開始しています。当観測地でも昨日、今シーズン初めて観測されました。

カモガヤやオオアワガエリなどのイネ科雑草は春から夏にかけて花粉が飛びますが、秋はススキなどのイネ科雑草の花粉が飛びます。イネ科雑草の種類は多く、都会でも増えています。ひとつの雑草のイネ科花粉症になると、他の種類のイネ科雑草にもアレルギー反応しやすくなりますので、イネ科花粉症の人も用心してください。

草の花粉症の場合、草むらに近寄らないことが一番の対策法ですが、外出の際にはマスクやめがねをしたり、早めに花粉症薬を服用するのがおすすめです。

近年、花粉症の薬(抗ヒスタミン薬)の種類が増えました。処方数の伸びを比較したランキングについては、こちらをご覧ください↓

花粉症の処方薬ランキング!処方数の伸び率で比較!どれが人気?(2022年版)

ブタクサ花粉症については、こちらをご覧ください。

ブタクサアレルギー アレルギー辞典 アレルゲン アレルギー検査のミカタ 

ウェザーニュースによると、きょう20日は台風14号が東北エリアを通過して本州東の海上に移動します。

北日本や東日本では午前中を中心に雨風が強まり荒れた天気に要警戒。また、大雨や暴風に加えて交通機関への影響にも注意が必要です。

ウェザーニュースより引用

●9月20日 東京の花粉予想

花粉「やや多い🌾🌾○○予想

●9月20日 東京の気象予報

お昼:雨 気温27℃ 湿度88%

夕方:曇り 気温21℃ 湿度79%

(2)きのう9/19の花粉情報~秋花粉「やや多い🌾🌾○○

きのう19日は、ヨモギ花粉が初観測されました。ヨモギ花粉の飛散数が「やや多い🌾🌾○○でした。

●9/19の花粉自動計測器「KH3000」で計測した花粉濃度

花粉自動計測器「KH3000」で30分毎に計測する花粉個数をもとに、その日の1立方メートルあたりの平均花粉濃度(花粉個数/m³)を報告します。

・9月19日 –個/m³ *台風のため観測停止

●9/19のダーラム法で観測した花粉個数

ダーラム法で捕集した花粉の種類と飛散個数(1cm²あたり)を報告します。

・9月19日:ブタクサ・ヨモギ・イネ科花粉「やや多い 🌾🌾○○

イネ科花粉:0個/cm² 

ブタクサ:0個/cm² 

ヨモギ:1.2個/cm² 

カナムグラ:0個/cm² 

➡人気の「アレグラFX」と同じ有効成分で価格が安め!!

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

ダーラム法による花粉量の表記(多い・少ない)について

●イネ科やブタクサなどの草の花粉の場合~「鼻アレルギー診療ガイドライン2020」を参考にして以下のように表記します。

1日の花粉飛散量ランク
(草の花粉)
少ない 0.05個~1.0個/cm²
やや多い 1.1個/cm²~5.0個/cm²
多い 5.1個/cm²以上
非常に多い 10.1個/cm²~

●スギなどの木の花粉の場合~「日本アレルギー協会花粉情報標準化委員会」と東京都福祉保健局の定義を参考にして以下のように表記します。

1日の花粉飛散量ランク(木の花粉)
少ない 10個/cm²未満
やや多い 10個/cm²以上30個/cm²未満
多い 30個/cm²以上50個/cm²未満
非常に多い 50個/cm²以上
極めて多い 100個/cm²以上

2.『花粉データ』2022年9月

・KH3000の平均花粉濃度データ(9月1日~9月19日

平均花粉濃度
花粉個数/m³
9月1日 3.2
9月2日 1.4
9月3日 5.3
9月4日 2.4
9月5日 2.0
9月6日 1.9
9月7日 3.0
9月8日 3.6
9月9日 1.9
9月10日 9.3
9月11日 4.6
9月12日 4.9
9月13日 6.6
9月14日 12.2
9月15日 7.5
9月16日 6.9
9月17日 8.1
9月18日
9月19日

*9月18日は台風のため観測停止

・ダーラム法の花粉個数データ(9月1日~9月19日

花粉の飛散個数 単位:花粉個数/cm²
イネ科 ブタクサ ヨモギ カナムグラ その他
9月1日 0 0 0 0 0
9月2日 0.3 0 0 0 0
9月3日 0 0 0 0 0.3
9月4日 0.9 0.3 0 0 3.1
9月5日 1.2 0 0 0 3.1
9月6日 0.3 0.3 0 0 0.3
9月7日 0 0 0 0 0
9月8日 0 1.2 0 0 0.9
9月9日 0.6 0.6 0 0 0.6
9月10日 0.6 0.6 0 0 1.5
9月11日 0.9 1.5 0 0 1.5
9月12日 1.2 1.5 0 0 0.9
9月13日 0 1.2 0 0 0.3
9月14日 1.2 1.2 0 0 0.9
9月15日 1.9 0.6 0 0 0.6
9月16日 1.9 1.9 0 0 0.6
9月17日 0 1.2 0 0 0.6
9月18日 0.3 0 0 0 0.3
9月19日 0 0 1.2 0 0.3
・東京の気象データ(9月1日~9月19日

東京の気象データ
平均気温 平気湿度 平均風速 日照時間
m/s h
9月1日 27.1 90 3.7 2.3
9月2日 23.2 98 2.2 0
9月3日 24.6 84 2.2 2.1
9月4日 26.1 81 2.2 4.6
9月5日 26.6 80 2.7 5.9
9月6日 27.8 82 3.9 6.6
9月7日 26.8 90 2.2 0.5
9月8日 23.5 91 2.4 0
9月9日 24.5 87 2.3 2.8
9月10日 25.3 70 3.2 10.1
9月11日 24.4 72 3.0 1.1
9月12日 25.8 74 2.8 9.7
9月13日 26.1 83 2.2 4.5
9月14日 26.7 76 2.9 8.7
9月15日 23.6 70 2.4 7.8
9月16日 25.1 65 2.5 10.2
9月17日 26.9 73 2.3 7.3
9月18日 25.2 99 2.5 0
9月19日 27.1 92 5.6 2.4

♦過去のデータはこちらをご覧ください↓

花粉飛散データ(https://kafunq.com/category/information/kafun-date/

3.『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』とは

『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』は、花粉症クエストが国立大学法人・埼玉大学大学院理工学研究科・王青躍研究室が行う花粉飛散測定に協力し、東京都世田谷区で観測した花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日配信します。

9月はブタクサ、ヨモギ、カナムグラ、イネ科花粉を中心に飛散状況を観測します。

●『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』の測定方法(KH3000やダーラム法とは?)や配信内容など詳しいことはこちら≫

東京都内の花粉飛散情報 埼玉大学 測定方法などはこちらをクリック