【花粉情報】春はスギ以外も!2月3月4月5月の花粉は何?春の花粉症の原因、症状の特徴、対策法

2月3月4月5月の花粉情報 春の花粉症 症状や対策法

2月から5月にかけてスギ、ヒノキの花粉飛散のピークを迎え、春は最大の花粉症のシーズンです。しかし、春はスギ、ヒノキだけでなく、ハンノキ、シラカンバ、イネ科、ブナ科などの花粉が原因による花粉症も発症しています。

そこで今回は、スギ、ヒノキを含めた春の花粉の2月、3月、4月、5月の地域別飛散予測、花粉症の症状の特徴や対策法についてご説明します。

春の花粉症の原因となる花粉といえばスギ・ヒノキが有名ですが、それ以外にも以下のような花粉が花粉症の原因となっています。秋の花粉症の代名詞ともいわれるキク科のブタクサやヨモギ、アサ科のカナムグラはこの時期はお休みです。

晩冬から春スギやや遅れてヒノキスギより少し早いかほぼ同時期にハンノキ

晩春から初夏北海道を中心にシラカンバ全国的にイネ科

それでは、主な春の原因花粉の種類別、地域別に飛散予測を確認していきましょう。

●スギ

スギの写真 春の花粉症 花粉の種類 スギ

■2月~5月のスギ地域別飛散予測

春の花粉症 原因花粉スギ 2月~5月飛散予測

例年2月上旬から花粉飛散の勢いが増し、その年の天候に左右されるものの、すぐにピークを迎えます。北海道や沖縄を除く地域においては全国的に3月が最も花粉飛散量が多い時期です。関東地域や東北地域においては、2月から4月まで花粉飛散量がずっと多く続き、5月に入っても大量の花粉が飛び続けることがあります。

スギ花粉は風に乗せて花粉を飛ばして子孫を増やす「風媒花」で、数十キロから数百キロ以上も離れた場所まで飛びます。お住まいの近くにスギ林がなくても、例えば隣の県の山林からスギ花粉が飛んでくるようなことがあります。

スギ花粉は1日の平均温度が10度くらいになると飛散を開始します。通常2月ぐらいからシーズン開始と言われますが、12月や1月の暖かい日中にもスギ花粉が飛んでいます。

スギよりやや遅れてヒノキ花粉も飛び始めます。スギとヒノキは同じヒノキ科に属しているため、花粉症の原因となるアレルゲン物質の構造が似ています。そのため、スギ花粉症の人はヒノキにも、ヒノキ花粉症の人はスギにも免疫機能が反応して症状が発症することがあります。スギ花粉症の人はヒノキ花粉の飛散情報にも注意を払う方がいいでしょう。

➡つらくて困ったときはドラッグストアの花粉症薬

【2018年春】ドラッグストアで買う花粉症飲み薬(市販薬)の選び方とランキング~処方薬と同じタイプ・服用回数・眠気・効き目

●ヒノキ

春の花粉症 原因花粉 ヒノキ 雄花

ヒノキの雄花(引用:Σ64)

■2月~5月のヒノキ地域別飛散予測

春の花粉症 原因花粉ヒノキ 2月~5月飛散予測

ヒノキは、高さ20~30メートル針葉樹でその芳香も好まれ高級建材としてたくさん植樹されました。スギと並んで春の花粉症の代名詞です。飛び始めはスギより少し遅く、ピークは3月中旬から4月ですが、1月、2月から徐々に花粉が飛び始めています。

スギとヒノキは同じヒノキ科に属しているため花粉症の原因となるアレルゲン構造が類似しています。そのため免疫機能がヒノキ花粉をスギと勘違いして(逆にスギ花粉をヒノキと勘違いして)反応し炎症を起こしてしまうことがあり、スギ花粉シーズンの終わる頃にヒノキ花粉による症状が加わって花粉症の症状がさらに悪化することがあります。

➡ヒノキ花粉とは?

【春の花粉症】ヒノキ花粉はいつまで?ヒノキ花粉症の特徴は?

➡埼玉大学大学院生がヒノキ花粉やアレルゲンを解説!

埼玉大学 大学院生 五島さん インタビュー ヒノキ花粉とは ヒノキ花粉のアレルゲンとは ヒノキ花粉症の特徴

ヒノキ花粉の実態やヒノキ花粉症の原因物質アレルゲンとは?《埼玉大・王青躍研究室大学院生・五島孝浩さんインタビュー》

処方薬と同じタイプの市販薬を知っていると何かと便利です!

花粉症鼻炎向け処方薬の効き目と眠気の比較や同じタイプの市販薬の有無~アレグラ、タリオン、ザイザルなど

【花粉症飲み薬2018年春】処方薬の効き目と眠気の比較や同じタイプの市販薬の有無~アレグラ、タリオン、ザイザルなど

●ハンノキ属

春の花粉症 原因花粉 ハンノキ 雄花写真

ハンノキ まだ未熟な雄花(引用:KENPEI)

■11月~2月のハンノキ属地域別飛散予測

春の花粉症 原因花粉ハンノキ 2月~5月飛散予測

落葉高木のハンノキは日本全域に分布しますが、特に北海道と北陸地方に多くみられます。湿地において森林を形成する数少ない樹木のひとつで、ハンノキ森林がある地域でハンノキ花粉症がよくみられます。ハンノキの花は冬の12~2月頃(北海道では3月頃)に葉の先につき、1月から5月にかけて花粉が飛散します。飛散のピークは3月、4月です。

ハンノキはカバノキ科ハンノキ属に属する木のひとつですが、ハンノキや後述するシラカンバなどのカバノキ科の花粉症の人はリンゴ、モモ、さくらんぼ、カキ、キウイなどの果物を食べると口や口の周りがかゆくなったり腫れあがる「口腔アレルギー症候群(果物アレルギー)」になりやすいと言われています。これはハンノキなどのアレルゲン物質と果物のたんぱく質の構造が似ているため、花粉に反応する人はこれらの果物にも反応してしまうためです。

ハンノキと同じカバノキ科ハンノキ属の落葉高木に「ヤシャブシ」や「オオバヤシャブシ 」があります。ヤシャブシは西日本に、オオバヤシャブシは太平洋側によく生えています。これらの花粉も花粉症の原因になります。花粉飛散時期はハンノキ同様に1月から5月で、ピークは3月、4月です。

ヤシャブシ(引用:Akiyoshi’s Room )

春の花粉症 原因花粉 ヤシャブシ

➡人気No1の花粉症薬アレグラFXと同じ効能効果で価格は安い

アマゾンで買う

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

➡発売から1年たち1か月分処方してもらうことも可能に

【花粉症薬】処方薬ビラノアとデザレックスとは~アレグラやザイザルよりも人気になる?!

 

●シラカンバ

春の花粉症 原因花粉 シラカンバ写真

シラカンバ(引用:663highland)

■2月~5月のシラカンバの地域別飛散予測

春の花粉症 原因花粉シラカンバ 2月~5月飛散予測

シラカンバ(白樺)はシラカバともいい、カバノキ科カバノキ属の落葉樹のひとつです。樹皮が白いことからこのような名前がついたと言われています。主に北海道と福井、長野、静岡の高原などにみられます。北海道ではスギは道南に少し生えている程度なので、花粉症といえばシラカンバが原因である可能性が高いです。4月から6月にかけて飛散し、ピークは5月です。

ハンノキと同じくカバノキ科に属するので、リンゴやモモなどの口腔アレルギー(果物アレルギー)に注意が必要です。

➡処方薬と同じタイプの市販薬を知っていると何かと便利です!

【花粉症飲み薬2018年春】処方薬の効き目と眠気の比較や同じタイプの市販薬の有無~アレグラ、タリオン、ザイザルなど

●イネ科

イネ科めひしば 冬の花粉症 花粉の種類 11月~2月

イネ科の雑草

■2月~5のイネ科地域別飛散予測

春の花粉症 原因花粉イネ科 2月~5月飛散予測

イネ科の植物の中にはカモガヤ、ネズミホソムギ(ネズミムギ、ホソムギ含む)、オニウシノケグサ、ハルガヤなど花粉症の原因となるものが複数あり、それぞれ花粉のピークとなる時期に違いがあります。5月~6月、8月~9月の2つの時期にピークとなるものが多いですが、春から全国的に飛び始めています。

イネ科の雑草は生命力が強く、道ばたや空き地、山沿いなどどこにでも生えています。芝草の中にもイネ科の雑草が入っていますので、芝生にも含まれています。

スギやヒノキのように遠くまで花粉が飛ぶことはなく、飛んでもせいぜい数十メートル程度なので、近寄らないことが一番の予防策です。

➡症状の緩和に効く
アマゾンで買う

【第2類医薬品】アレジオン20 12錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

●コナラ、クリ(ブナ科)

春の花粉症 原因花粉 コナラ写真

コナラの雄花(引用:KENPEI)

春の花粉症 原因花粉クリ画像

クリ雄花(引用:sphl)

コナラやクリはブナ科の落葉樹木で全国の山野に生息しています。花粉の飛散時期は日本の中央部以南では3~5月頃、日本の北部では5~6月頃です。コナラは秋になるとドングリが、クリは栗が実ります。住居が山に近く、これらの樹木が自生していたり栽培されている場合は花粉症に注意してください。

➡今年の花粉は目がかゆい?目薬の使用や購入のご参考に!

花粉症に効く目薬 よく処方される医療用点眼薬や人気の市販目薬

【花粉症薬】花粉症でよく処方される医療用点眼薬や人気の市販目薬とは

2.症状の特徴

●スギ・ヒノキの花粉症

■4大症状

春の花粉症の代名詞とも言われるスギ、ヒノキの症状は、花粉症の4大症状の

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみや充血

のうち複数が起こることがほとんどです。

➡鼻炎のメカニズム

花粉症で鼻水が出るしくみ~風邪と花粉症の鼻水の違いや鼻炎薬の選び方

また、これらに加えて

  • 喉、肌、耳、頭皮などのかゆみ
  • 頭痛
  • 微熱

といった症状も合わせてみられます。

➡咳や喉の症状について

花粉症の咳や喉の症状とは?咳に効く薬や対策を紹介。咳喘息にも注意

■頭痛

鼻水や鼻づまりが原因で脳が酸欠状態になったり、花粉症症状の原因物質ヒスタミンが血管を拡張して血流が悪くなるため頭痛が起こることがあります。

➡花粉症で頭痛?

花粉症が原因で頭痛が起こるのはなぜ?~頭痛の症状別対策法やおすすめ市販薬

■かゆみや咳

スギやヒノキの花粉の大きさは一般的に約30μm程度です。ふつうは目や鼻の粘膜フィルターでガードされて、皮膚に入り込んだり喉や気管支まで到達することはありません。しかし、花粉が雨など湿気で膨張したり粉じんや黄砂にぶつかると、破裂し微粒子化します。すると花粉の表面や内部にあった花粉アレルゲン物質がそのままの姿で、またはPM2.5などに付着して大気中に浮遊します。微粒子になった花粉はより体内の奥まで入りやすく、咳、喉や皮膚のかゆみ、喘息などの症状を引き起こすことがあります。

➡花粉の権威、埼玉大学王先生のお話

花粉症の原因はPM2.5?花粉症で気管支炎や喘息が発症する理由と対策法の注意点

●ハンノキ、シラカンバの花粉症

ハンノキ、ハンノキ属のヤシャブシやオオバヤシャブシ、シラカンバはカバノキ科に属します。症状の特徴としては、一般的な花粉症の症状に加えて、口腔アレルギー症候群がよく起こることです。

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみや充血
  • 喉、肌、耳、頭皮などのかゆみ
  • 頭痛
  • 微熱
  • 口腔アレルギー
■口腔アレルギー

「口腔アレルギー症候群」とは、花粉症の原因となる植物のアレルゲンたんぱく質と似ているたんぱく質を持っている野菜や果物などの食べ物に対して、体の免疫機能が間違えて排除しようと反応してしまい、口や口の周り、喉などにかゆみや腫れなどの炎症が起こる症状です。(食物アレルギー、果物アレルギーともいう)

かゆみだけでなく、血圧が急激に下がるなど「アナフィラキシーショック」と呼ばれる重篤な症状が起こる危険性もあるので、おかしいなと思ったらすぐに病院に連絡してください。

口腔アレルギーに注意!花粉と関連のある食べ物

(参照:九段坂病院皮膚科など)

  • ハンノキ・シラカンバリンゴ・モモ・梨・びわ・さくらんぼ・ニンジン・セロリ・クミン・コリアンダー・アーモンド・クルミ・ヘーゼルナッツ・大豆・もやし・豆乳・キウイ・トマト・ジャガイモ・甘草・当帰など
  • スギ:メロン・モモ・スイカ・キウイ・トマトなど
  • ヒノキ:トマトなど
  • イネ科:メロン・スイカ・トマト・ジャガイモ・バナナ・オレンジ・セロリなど
  • ヨモギ:ライチ・セロリ・ニンジン・セリ科のスパイス・モモ・キウイ・カモミール・トマト・ジャガイモなど
  • ブタクサ:ライチ・メロン・スイカ・キュウリ・ズッキーニ・バナナなど

●イネ科の花粉症

イネ科の雑草が原因の花粉症の特徴は、雑草が皮膚に直接ふれると赤く腫れたり、皮膚などのかゆみの症状が目立つことです。また、メロン・スイカ・トマト・ジャガイモ・バナナ・オレンジ・セロリを食べると口腔アレルギーが起こりやすいと言われています。イネ科花粉症の人は特定のイネ科雑草だけでなくあらゆるイネ科の種類に反応する傾向があります。

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみや充血
  • 喉、肌、耳、頭皮などのかゆみ
  • 頭痛
  • 微熱
  • 口腔アレルギー

➡イネ科花粉症とは?

【花粉症症状】この時期一番多いイネ科の花粉症とは?特徴や症状のまとめ

➡花粉症の症状を詳しく解説

特集!花粉症の症状~風邪や寒暖差アレルギーとの違い、鼻水、かゆみ、咳、頭痛など、症状チェック!

3.春の花粉症対策

春は通年で最大の花粉症シーズンです。症状を予防したり緩和するためには、自身にあった対策を見つけてしっかり行いましょう。

●花粉が飛ぶ前に

花粉症の原因となる花粉が飛び始める前に治療や薬で対処することで、症状を軽くできると言われています。

■鼻のレーザー治療

鼻を焼くレーザー治療では、レーザーが水を通らないために鼻水などの症状が起こる前に治療することがすすめられています。(レーザーのタイプによっては水を通るものある)

➡レーザー治療とは

花粉症のレーザー治療とは~鼻を焼く?痛み、効果、費用、種類、治療時期など

■花粉症薬による初期治療

薬は効果が現れるまでに一定の時間がかかるため、花粉飛散が始まる1、2週間前から飲み始めると症状を緩和できるようです。これを初期療法とよびます。

花粉症にはピークになる前に初期治療が肝心

シオノギ製薬HPより引用

➡予防や緩和におすすめの花粉症鼻炎薬

花粉シーズンが始まる前から花粉症薬を使って花粉症対策!~おすすめ市販鼻炎薬5選

➡人気No1の花粉症薬

アマゾンで買う

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

●外出時や室内の花粉対策

花粉症の対策には花粉を寄せつけないことが一番です。

外出時にはマスク、縁付きメガネ、帽子などで花粉からガードしたり、花粉予防スプレーや洋服素材の組み合わせに注意して静電気を生じさせないようにします。

室内に入るときは、できればハンディ掃除機で身体やカバンの花粉を吸引するのがおすすめですが、濡れタオルで髪や顔、身体を拭うことも効果があります。

部屋の中では床に落ちている花粉や花粉アレルゲンを掃除機で、空中に飛んでいるものは空気清浄機で吸い取ります。寝室にも花粉が入り込んでいるので、寝具などに掃除機をかけるようにしてください。

あなたに適した対策法を見つけよう!詳しくはこちら

『特集!花粉症対策』~あなたにぴったりの花粉症対策はどれ?

●お茶やヨーグルトでも

花粉症は過剰な免疫反応によっておこるものです。腸は免疫細胞が集中している臓器です。腸の中の細菌叢(細菌フローラ)のバランスを整えることで免疫機能が正常化します。善玉菌を増やす効果が期待できるお茶やヨーグルトなどは花粉症などのアレルギー症状の緩和に効果があるといくつもの研究結果が報告されています。

➡つらくて困ったときはドラッグストアの花粉症薬

【2018年春】ドラッグストアで買う花粉症飲み薬(市販薬)の選び方とランキング~処方薬と同じタイプ・服用回数・眠気・効き目

➡NISSINの自慢の乳酸菌

公式サイトへ

たった2粒”に“ヨーグルト約50kg分”にもあたる乳酸菌5,000億個を配合【アレルライトハイパー】

●正しい花粉症対策できていますか?

間違った花粉症対策をいくらやっても効果がありません。花粉や対策方法の正しい知識を身につけてで効果的な花粉症対策を実行しましょう。以下の診断でチェックしてみてください。

➡正しく室内の花粉対策すると症状が軽くなります!

【花粉症対策診断③室内編】室内の花粉対策レベルをチェックしよう!(15問)

➡正しい花粉症対策してますか?15問テスト

【花粉症対策診断②外出編】外出時の花粉症対策レベルをチェックしよう!

➡花粉のこと知しらずに対策してませんか?14問テスト

【花粉症対策診断①花粉編】花粉症対策にあなたの花粉知識レベルをチェック!

参照:鼻アレルギー診療ガイドライン2016