fbpx

1月23日は「花粉対策の日」スギ花粉の飛び始めは2月上旬頃。花粉症対策は早めが効く

1月23日花粉対策の日

きょう1月23日は「花粉対策の日」です。今年はコロナ禍で花粉症のくしゃみや咳がしにくいという声が多くあがっています。花粉の飛び始めは2月上旬ごろと予想されていますが、本格的に飛散開始する前に早めの花粉対策を行って、花粉症を予防するのがおすすめです。

1.「花粉対策の日」とは

きょう1月23日は「花粉対策の日」とされています。花粉問題に取り組む企業や研究機関による任意団体「花粉問題対策事業者協議会」(JAPOC)が、適切な花粉対策の啓発を目的に、春の花粉対策は1月・2月・3月がポイントとなること、そして「123」と覚えやすい数字が並ぶことから、1月23日を「花粉対策の日」として日本記念日協会に登録申請し、認定をうけたものです。

1月23日花粉対策の日 花粉問題対策事業者協議会(JAPOC)ポスター

花粉問題対策事業者協議会HPより引用

●花粉開始日より早めに対策開始を

ここでいう「花粉開始日」とは、花粉計測方法で1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日のことを指します。例年、2月上旬から中旬にかけて花粉開始日が宣言されています。関東でいえばバレンタインデーの2月14日前後です。

しかし、飛散開始日以前でも、1個/1cm²未満の少量の花粉が飛ぶことがあるので、JAPOCでは花粉開始日よりも早めに花粉対策を開始することを推奨しています。

《花粉対策のポイント》
・花粉対策は、花粉飛散日にかぎらず早め早めの対策が必要です!
・花粉対策は、スギ花粉飛散が多くなる1月、2月、3月の時期に適切におこないましょう!
・花粉対策は、いろいろな手段を総合的に組み合わせておこないましょう!

(JAPOC HPより)

2.今年の飛散開始は2月上旬

日本気象協会が、1月20日に発表した花粉飛散予測第3報では、今年の飛び始めは2月上旬と予想しています。第3報の概要はこちらの記事をご覧ください。

スギ花粉の飛散は2月上旬から!東京は2/7頃?(日本気象協会)2021年春の花粉飛散予測 第3報

スギ花粉の飛散は2月上旬から!東京は2/7頃?(日本気象協会)2021年春の花粉飛散予測 第3報

3.初期療法で症状を軽くする

花粉症の症状を予防したり軽くするためには、花粉飛散開始前、もしくは症状を少しでも感じられたら、治療薬を飲み始めることがすすめられています。

これを初期療法といいます。薬を飲み始めたら、花粉飛散期は症状がなくても継続して服薬すると、花粉シーズンをラクに過ごせるそうです。

花粉ピーク時期になると花粉症を診察する耳鼻科や内科、眼科などが混雑することも少なくありません。そういった意味でも、早めに医師の診察をうけておきましょう。

初期療法や、2020年シーズンから始まった新治療「ゾレア」については以下をご覧ください。

➡いつから?どんな薬?どんな効果?大久保先生がわかりやすく解説↓↓

初期療法とは 日本医科大学 大久保公裕教授

花粉症の早めの対策「初期療法」は花粉症治療の基本です!~日医大・大久保公裕教授が解説

アマゾンで買う

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品