fbpx

今春のスギやヒノキの花粉飛散数は昨春と比べて半分以下、早く飛び始め早く終了!

東京都、2020年春の飛散花粉数は昨春および過去10年の約4割と発表

花粉症クエストが埼玉大学と共同で実施している花粉観測データをとりまとめたところ、2020年春の花粉飛散数は、昨年と比べて半分以下であったことがわかりました。また、昨年よりも早くから飛び始め、早くにピーク時期を終えたことも特徴でした。

東京都やウェザーニューズが発表した花粉観測結果の取りまとめでも、同じような傾向がうかがえます。

ハッピーレシート iPhoneアプリ ダウンロード

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら

スギ、ヒノキの花粉飛散数、今春は昨春の約5割

花粉症クエストが埼玉大学と共同で実施している花粉観測のうち、ダーラム法と呼ばれるスライドグラスに落下した花粉を染色し、顕微鏡で計測する方法で得た花粉数データをみると、2020年春のスギ・ヒノキの花粉飛散数は昨年と比較して約半分にとどまりました。

飛散時期をみると、スギ花粉では、昨年より飛び始めが早く、2月中旬から多く飛び始め、3月中旬にはピークの終盤に向かいました。ヒノキ花粉も昨年より早く3月下旬から多く飛び始め、4月下旬にはほぼ終息しました。今春は早く飛び始めて、早く終了した特徴がわかります。

(東京都)今春は昨春及び過去10年平均の約4割

東京都によると、今春のスギ・ヒノキ花粉の飛散数は、昨春の約45%でした。
また、平成22年から令和元年までの過去10年間の平均の約40%でした。

スギ・ヒノキ花粉の飛散数は、4月上旬から減少。
4月21日でスギ花粉の飛散は終息し、ヒノキ花粉も5月中旬にはほぼ終了しました。

まとめ~日照時間や暖冬の影響か

ウェザーニューズの花粉観測でも、今春の花粉飛散量は、昨年の35%、平年の45%になったと発表しています。
今春の飛散数が少なかった原因は、昨年夏の日照時間が例年を下回り、花粉の雄花の生育にやや不向きな条件であったためと考えられます。
また、記録的な暖冬の影響で飛散開始やピーク、飛散終了が早くなったと思われます。

➡Amazonでベストセラー 洗える夏マスク 日本製 冷感タイプ ¥1,265円

この記事をシェアする

今春のスギやヒノキの花粉飛散数は昨春と比べて半分以下、早く飛び始め早く終了!
この記事が気に入ったらいいねして花粉症情報をチェックしてね!