【花粉情報】冬の花粉症の原因は?11月12月1月2月の花粉カレンダーと症状の特徴・対策法

冬の花粉症 11月、12月、1月、2月の花粉カレンダー 冬の花粉症の症状の特徴や対策法

花粉症クエストが実施した「花粉症の症状に関するアンケート」(2017年10月実施)の結果、花粉症の人の約10%の方が「冬の花粉症(12月~2月)」でお悩みであることがわかりました。この10%の方のほとんど全員が「春の花粉症(2月~5月)」も発症しており、冬の花粉症対策は花粉症最大のシーズンである春を前にしてとても大切であることがわかります。

そこで今回は、「冬の花粉症」の原因となる花粉の種類(11月~2月)や飛散予測、症状の特徴、その対策法などについてお伝えします。

➡薬を使えないアスリートはどうやって花粉症対策?

格闘家の花粉症対策とは?~『花粉症に克つ!秘訣』北斗拳太郎インタビュー

1.11月~2月の花粉の種類

11月~2月にかけて花粉症の原因となる花粉の種類は主に以下のようになります。

⇒初冬から冬にかけて:スギ、イネ科、ブタクサ、ヨモギ

⇒冬から晩冬にかけて:スギ、ヒノキ、ハンノキ、イネ科

特にスギはピークとなる3月に向けて、2月から急速に花粉の量が増していきます。

それでは、花粉の種類別に確認していきましょう。

●スギ

スギの写真 冬の花粉症11~2月 花粉の種類 スギ

■11月~2月のスギ地域別飛散予測

冬の花粉症11~2月 花粉の種類 スギ

初冬の段階からスギ花粉は少量ながら全国で飛び始めています。1月中下旬あたりから花粉量が増え始め、2月にはどの地域でも急激に増加します。

New! 冬から春の人気の花粉症薬をピックアップ!

【花粉症薬ランキング】冬~春に強さ・速効性と予防で選ぶ市販の花粉症鼻炎薬・点鼻薬・点眼薬

●イネ科

イネ科めひしば 冬の花粉症 花粉の種類 11月~2月

イネ科の雑草

■11月~2月のイネ科地域別飛散予測

冬の花粉症11~2月 花粉の種類 イネ科

イネ科の植物の中には花粉症の原因となるものが複数あり、それぞれ花粉のピークとなる時期に違いがあります。5月~6月、8月~9月の2つの時期にピークとなるものが多いですが、冬のシーズンにも少量とはいえ継続的に飛散がみられます。

●ブタクサ

冬の花粉症 11月~2月の飛散 ブタクサ

■11月~2月のブタクサ地域別飛散予測

冬の花粉症11~2月 花粉の種類 ブタクサ

ブタクサは秋の花粉症の代表格です。北アメリカ原産の外来種で、米国では花粉症といえばブタクサがメインです。8月下旬から飛散量が増え、9月、10月が全国的にピークですが、11月と12月でも関東地域ではわずかに飛散しています。

New! 冬から春の人気の花粉症薬をピックアップ!

【花粉症薬ランキング】冬~春に強さ・速効性と予防で選ぶ市販の花粉症鼻炎薬・点鼻薬・点眼薬

●ヨモギ

冬の花粉症 11月~2月 ヨモギ飛散情報 地域別

■11月~2月のヨモギ地域別飛散予測

冬の花粉症11~2月 花粉の種類 ヨモギ

全国の空き地などに自生するヨモギは全国的に9月が花粉のピークですが、11月、12月にも関東地域を中心に飛散が続きます。

●ヒノキ

冬の花粉症 11月~2月飛散情報 ヒノキ

■11月~2月のヒノキ地域別飛散予測

冬の花粉症11~2月 花粉の種類 ヒノキ

高さ20~30メートルになるヒノキはその芳香も好まれ高級建材として有名ですが、スギと並んで春の花粉症の原因として有名です。ピークは3月、4月ですが、1月、2月から徐々に花粉が飛び始めます。

New! 冬から春の人気の花粉症薬をピックアップ!

【花粉症薬ランキング】冬~春に強さ・速効性と予防で選ぶ市販の花粉症鼻炎薬・点鼻薬・点眼薬

●ハンノキ

冬の花粉症 11月~2月の花粉飛散 ハンノキ

ハンノキ(引用:KENPEI

■11月~2月のハンノキ地域別飛散予測

冬の花粉症11~2月 花粉の種類 ヒノキ

ハンノキの花は冬の12~2月頃(北海道では3月頃)に葉の先につきます。湿地において森林を形成する数少ない樹木のひとつですが、ハンノキ森林がある地域でハンノキ花粉症の発症がよくみられます。花粉飛散のピークは全国的に3月、4月です。

2.冬の花粉症の特徴

●初冬(11月~12月)の花粉症

11月~12月にかけては、まだブタクサ、ヨモギ、イネ科、カナムグラなど秋の花粉症の原因となる花粉も少量ながら飛散しています。症状の特徴としては、

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみや充血
  • 喉のかゆみ
  • 咳喘息、喘息
  • 腰痛、肩こり、背中の痛み
  • 肌のかゆみ

花粉症の4大症状ともいわれる鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみに加えて、咳や喉のかゆみなどの症状が多くみられます。

これは、スギ花粉よりもブタクサやイネ科の花粉の方がサイズが小さめであるため、花粉が鼻などのフィルター機能を通過してしまい、咳や喉のかゆみ、更には咳喘息(せきぜんそく)や喘息まで起こすことがあるのです。

➡咳や喉の症状について

花粉症の咳や喉の症状とは?咳に効く薬や対策を紹介。咳喘息にも注意

➡鼻炎のメカニズム

花粉症で鼻水が出るしくみ~風邪と花粉症の鼻水の違いや鼻炎薬の選び方

そして、咳やくしゃみが長期に続くと、体への負担が大きくかかり、筋肉の痛みにつながります。腰痛、肩こり、背中の痛みが起こることもあるのです。

また、冬になると乾燥が気になります。乾燥で傷んだ肌は皮膚のバリア機能が低下し、花粉や花粉アレルゲンが皮膚に侵入しやすくなり、かゆみの原因となります。

➡乾燥が花粉症の原因に

【花粉症原因】空気の乾燥が花粉症の原因に?~秋から冬の花粉症には皮膚の乾燥にも注意!

原因花粉の中でも特にカナムグラはその汁にさわると皮膚のかゆみを起こしやすいといわれていますので、注意してください。

●冬から晩冬(12月~2月)の花粉症

冬から晩冬にかけてスギ、ヒノキ、ハンノキが花粉量を増やしていきます。引き続きイネ科も飛散がみられます。特にスギは2月には天候によってはかなりの花粉量が飛ぶ日があります。冬の花粉症でも、4大症状といわれる、

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 目のかゆみや充血

のうち1つ以上の症状をかかえる人がほとんどです。

また、4大症状に加えて

  • 喉、肌、耳、頭皮などのかゆみ
  • 頭痛
  • 微熱

といった症状も合わせてみられます。

➡花粉症で頭痛?

花粉症が原因で頭痛が起こるのはなぜ?~頭痛の症状別対策法やおすすめ市販薬

冬といえば乾燥が気になりますが、雨や雪が降ったときには花粉が湿気で膨張し破裂することがあります。すると花粉の中にあった花粉アレルゲン(花粉症の原因となる物質)がそのままの姿で、またはPM2.5などに付着して大気中に浮遊します。それらは花粉より微粒子になっているため、より体内に入りやすく、咳、かゆみ、喘息などの症状を引き起こしやすいので注意が必要です。

➡花粉の権威、埼玉大学王先生のお話

花粉症の原因はPM2.5?花粉症で気管支炎や喘息が発症する理由と対策法の注意点

●口腔アレルギーにも注意

花粉症の原因となる植物のアレルゲンたんぱく質と似ているたんぱく質を持っている野菜や果物などの食べ物に対して、体の免疫機能が間違えて排除しようと反応してしまい、口や口の周にかゆみや腫れなどの炎症が起こる病気を「口腔アレルギー症候群」といいます。(食物アレルギー、果物アレルギーともいう)かゆみだけでなく、血圧が急激に下がるなど「アナフィラキシーショック」と呼ばれる重篤な症状が起こる危険性もあるので、おかしいなと思ったらすぐに医師に診察を受けてください。

花粉と関連のある食べ物(参照:九段坂病院皮膚科など)

  • スギ:メロン・モモ・スイカ・キウイ・トマトなど
  • ブタクサ:ライチ・メロン・スイカ・キュウリ・ズッキーニ・バナナなど
  • イネ科(カモガヤやハルガヤ):メロン・スイカ・トマト・ジャガイモ・バナナ・オレンジ・セロリなど
  • ヨモギ:ライチ・セロリ・ニンジン・セリ科のスパイス・モモ・キウイ・カモミール・トマト・ジャガイモなど
  • ヒノキ:トマトなど
  • ハンノキ・シラカバ:リンゴ・モモ・梨・びわ・さくらんぼ・ニンジン・セロリ・クミン・コリアンダー・アーモンド・クルミ・ヘーゼルナッツ・大豆・もやし・豆乳・キウイ・トマト・ジャガイモ・甘草・当帰など

New! 冬から春の人気の花粉症薬をピックアップ!

【花粉症薬ランキング】冬~春に速効性と予防で選ぶ市販の花粉症鼻炎薬・点鼻薬・点眼薬

3.冬の花粉症には「予防と速攻対策」

これまでみてきたように、冬の花粉症は、「秋から継続している花粉症」と「春に向けての花粉症」が交差するシーズンです。

秋からの花粉症が継続して発症している花粉症には、速攻的に効果が期待できる対策をしたいですね。

New! 冬から春の人気の花粉症薬をピックアップ!

【花粉症薬ランキング】冬~春に強さ・速効性と予防で選ぶ市販の花粉症鼻炎薬・点鼻薬・点眼薬

↓速く効くおすすめの市販薬↓

【花粉症薬】10月、11月にもおすすめの速く効くタイプの花粉症市販薬(ネット通販可)

➡処方薬と同じ成分の市販薬があります

【花粉症薬】花粉症の処方薬と同じ成分の市販薬はどれ?何が違う?

一方、スギやヒノキなど春にピークとなる花粉が原因の花粉症には、症状がひどくなる前に早めの予防が効果的といわれています。

花粉症にはピークになる前に初期治療が肝心

シオノギ製薬HPより引用

花粉症の発症につながる原因物質ヒスタミンなどが体内で分泌されるのを防ぐタイプ(抗アレルギー作用ともいう)の花粉症薬を早めに使用することがすすめられています。

●抗アレルギー作用も持った抗ヒスタミン薬ロラタジン配合の「クラリチンEX」

クラリチンEXは薬剤師がいる薬局などでお求めいただけます。(インターネット通販はまだありません)

花粉症薬 クラリチン 抗アレルギー作用

花粉症クエストのアンケート結果でも人気No1「アレグラFX」

アマゾンで買う

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

●市販鼻炎薬を効き目と眠気で比較

花粉症薬おすすめ 眠気と効き目の強さで比較

➡花粉症の症状を詳しく解説

特集!花粉症の症状~風邪や寒暖差アレルギーとの違い、鼻水、かゆみ、咳、頭痛など、症状チェック!

New! 冬から春の人気の花粉症薬をピックアップ!

【花粉症薬ランキング】冬~春に強さ・速効性と予防で選ぶ市販の花粉症鼻炎薬・点鼻薬・点眼薬

参照:鼻アレルギー診療ガイドライン2013