fbpx

【花粉症症状】子どもの花粉症の特徴、見分け方、対策法は?市販薬はある?

子どもの花粉症 特徴 対策 市販薬

近年、花粉症を含むアレルギー疾患で悩む子どもが増えています。小さい子が自らの症状を上手に表現できないこともあるので、周囲の大人が気にかけてあげる必要があります。
そこで今回は、子どもの花粉症の特徴や対策法、市販薬についてご紹介します。

➡5月6月は何の花粉?どんな症状?

5月6月はイネ科花粉が飛ぶ!イネ科花粉症とは?~イネ科と他の花粉の【5月、6月の花粉飛散情報】

【花粉情報】5月6月から夏の花粉症は何の花粉?イネ科?症状の特徴や対策法は? 

➡花粉症治療第一人者、大久保先生の講演より

日医大・大久保公裕先生

日医大・大久保公裕先生に教わる!子どもの花粉症の原因、特徴、治療薬

1.児童の約10%がアレルギー性鼻炎

10年以上前の調査ではありますが、平成16年(2004年)に全国の公立の小学校・中学校・高等学校・中等教育学校の36,830 校 に対して行った「児童生徒のアレルギー疾患の実態」調査の結果、アレルギー性鼻炎を疾患している児童は9.2%、アレルギー性結膜炎を疾患している児童は3.5%という結果になりました。

平成16年児童アレルギー疾患調査

アレルギー疾患に関する調査研究委員会報告書(平成 19年3月)より引用

アレルギー性鼻炎の児童の男女比をみると、男子 10.8%、女子 7.6%であり、男子は女子の約 1.4 倍、アレルギー性結膜炎では男子 3.7%、女子 3.2%と、男子の方が有病率が高い傾向が浮かびあがりました。

児童のアレルギー性鼻炎の有病者数は年々増加傾向かつ低年齢化していると報告されています。

これらの傾向の要因としては、戦後に積極的に植林されたスギ樹齢が40~50年になり生殖期のピークを迎えていること、1970年台後半からスギの代わりに植えられたヒノキが生殖期に入り、追い打ちをかけていること、地球温暖化でスギ・ヒノキの花粉生殖に適した環境になっていること、また、親が花粉症などのアレルギー患者の場合、子どもに遺伝する傾向があることなどが挙げられています。

2.症状の特徴

子どもの花粉症の特徴としては以下の点があげられます。大人の花粉症の鼻炎といえば、くしゃみやサラサラの鼻水が代表的ですが、子どもの場合には鼻づまりや粘り気のある鼻水がよく起こるようです。

・アトピー性皮膚炎や気管支喘息を伴うことが多い

・鼻の構造が成長過程で小さいため、鼻づまりになりやすい

・サラサラでなく粘り気のある鼻水のことがある

・目のかゆみ、充血、むくみが発症しやすい

・鼻粘膜が弱いため鼻血が出やすい

・鼻や口のまわりをムズムズしたりかゆがる

➡花粉で副鼻腔炎(ちくのうしょう)になりやすい

花粉症と併発しやすい副鼻腔炎(蓄膿症)とは?~花粉シーズン向けの市販副鼻腔炎薬がでた!

3.花粉症の見分け方

風邪やインフルエンザでも似ている症状が起こるので、症状が花粉症が原因によるものなのか見分けにくいことがあります。

花粉症と見分けるためのポイントとしては、

・目のかゆみがあること

風邪やインフルエンザでは一般的に目のかゆみは発症しません。目をかゆがるときは花粉症などのアレルギーを疑う方がいいでしょう。

・高熱が出ないこと

花粉症が原因で微熱がでることはありますが、高熱がでることはほとんどありません。

・鼻をムズムズしていること

鼻水がでるだけでなく、鼻の中や粘膜のかゆみが原因で、鼻をムズムズしていることよくあります。

・症状が長期化すること

風邪やインフルエンザが原因であれば、症状は通常1~2週間で収まります。症状が数か月に及ぶ場合は花粉症を疑う方がいいでしょう。最近は春のスギ・ヒノキ花粉による花粉症だけでなく、夏、秋のブタクサ・イネ科花粉などによる花粉症も増えており、通年で鼻炎や目のかゆみなどの症状を訴えるケースもあります。通年での症状の場合には、ダニなどのハウスダストが原因の可能性もあるので、早めに検査をしてみることをおすすめします。

4.おすすめの対策法

・花粉をさけるコツ

一番の対策法は花粉をさけることです。そのコツをまとめると、

●マスク・メガネ

外出時にはマスク、縁付きメガネ、帽子などを用いて花粉が皮膚や粘膜につかないように防御します。

●静電気が発生しにくい衣類

静電気で花粉は吸い寄せられるので、静電気が発生しやすい衣類の組合せをさけるようにします。

静電気はプラス素材とマイナス素材がこすれあったときに発生しやすくなります。例えばウールとポリエステルの組合せは静電気が発生しやすく、ウールとウールであれば静電気は発生しにくい。もともと帯電しにくい綿や麻、レーヨンは他の素材と組合わせしやすい素材です。

衣類の素材帯電例 静電気が発生しにくい衣類のコーディネイト

「衣類の静電気を防ぐエレガード」より引用

●花粉ブロックスプレー

花粉ブロックスプレーを利用して花粉をつきにくくします。低刺激で児童にやさしいタイプもあります。

➡子供向きの低刺激製品も

【花粉症対策】花粉対策グッズ「花粉ブロックスプレー」は効くの?どれがおすすめ?

●花粉を拭う

室内に入るときは花粉を拭います。手で払うと花粉が舞い上がることがあるので、ハンディ掃除機で衣類やカバンについた花粉を吸い取るのがおすすめです。濡れタオルで体や衣類、カバンを拭くことも効果的です。

●手洗い・うがい・目洗い

花粉だけでなく風邪やインフルエンザ予防のためにも手洗いやうがいを習慣づけましょう。目のかゆみには目洗いが効果的です。アイボンなどの洗眼薬や防腐剤が入っていない人工涙液目薬がおすすめです。

アマゾンで買う

第3類医薬品】アイリスCL-Iネオ 0.4mL×30

●空気清浄機と掃除機

空気清浄機と掃除機を使って室内の花粉を取り払います。空気清浄機は空中の花粉を除去し、床に落ちた花粉は掃除機で取り除きます。花粉よりも微細な粒子を除去できるタイプの空気清浄機や掃除機がおすすめです。また、寝具やソファーの花粉も掃除機で吸い取りましょう。

【花粉症対策】室内の花粉を除去するコツは?花粉対策におすすめのコードレス掃除機はどれ?

●濡れぞうきん・濡れタオル

濡れぞうきんで床や棚などを拭くと花粉がよくとれます。髪や体、衣類についた花粉も濡れタオルで拭きとると効果的といわれています。

・小児用の花粉症市販薬

花粉症市販薬は15歳以上が対象になっているものがほとんどです。小児用となっているものは7歳以上です。7歳未満の場合にはシロップ剤がありますが、早めに病院で処方薬をもらうか、漢方薬局で漢方薬を処方してもらうようにしましょう。

●アレグラFXジュニア

今年2017年には人気の花粉症鼻炎薬「アレグラFX」の小児用(7歳以上)が発売になりました。要指導医薬品なので、薬剤師のいる薬局でしか購入できません。

冬から春のおすすめ花粉症鼻炎薬 小児用アレグラ アレグラFXジュニア

●鼻炎薬

アレグラFXジュニアの他には「パブロン鼻炎カプセルSα小児用」「コンタック600プラス小児用」があります。

アマゾンで買う

【指定第2類医薬品】パブロン鼻炎カプセルSα小児用 12カプセル

 ●目薬

小児用点眼薬には「ロートアルガードこどもクリア」「ロートこどもソフト」などがあります。15歳未満が対象です。

アマゾンで買う

【第3類医薬品】ロートアルガードこどもクリア 10mL

●鼻スプレー

小児用点鼻薬には「AGノーズアレルカットM」があります。7歳以上が対象です。

アマゾンで買う

【第2類医薬品】エージーノーズアレルカットM 15mL ※セルフメディケーション税制対象商品

・舌下免疫療法(シダキュア)

舌の下にスギ花粉エキス「シダトレン」(液剤)を毎日たらして花粉症の症状改善をはかる舌下免疫療法は12歳以上が対象でしたが、5歳から治療を受けられる「シダキュア・スギ花粉舌下錠」が2017年9月末に製造販売承認を与えられました。しかし、製造元の鳥居薬品は準備が不十分として11月の薬価収載を見送りましたので、5歳以上の子どもがこの治療を受けられるようになるのは2018年春以降の見通しです。シダキュアは錠剤タイプなので、シダトレンのように冷蔵庫に保存する必要がなくなり、治療を継続しやすくなりそうですね。

【花粉症薬】花粉症の舌下免疫療法の薬に錠剤タイプのシダキュアが登場!舌下液シダトレンとの違いは?

5.おわりに

2018年の春の花粉シーズンは例年並みの2月上旬から開始のようです。子どもの花粉症には早めの対策がおすすめです。食生活や睡眠時間など、ふだんから健康的な生活を心掛けてください。

➡花粉シーズンに子どもがぼーっとしてたら疑ってみよう

【花粉症症状】子どもの「花粉症で頭が重い」は見過ごされがち、メガネ・マスクは必需品~子どもの花粉症調査

➡ノンカフェインだから安心

アマゾンで買う

山本漢方製薬 甜茶100% 3gX20H

➡完全有機栽培で安心!カテキンパワーがアップしている「白井田七。茶」はこちら

公式サイトへ
参照:2016年版鼻アレルギー診断ガイドライン