fbpx

【この差って何ですか】千円札の視力回復法とは?セルフチェックで発見!隠れた病気のサイン(6月18日)

【この差って何ですか】セルフチェックで発見!隠れた病気のサイン(6月18日)

2019年6月18日のTBS『この差って何ですか』では、「セルフチェックでいち早く発見!隠れた病気のサインの差」をピックアップ!

ここでは番組で紹介された、千円札でできる老眼・近眼の視力回復法や老眼の症状を自宅で簡単にチェックする方法をお伝えします。

教えてくれたのは、平松類さん(二本松眼科病院 眼科専門医)です。

参照:TBS「この差って何ですか」

老眼のセルフチェック

老眼のセルフチェックをやってみましょう!

  • ①目の前に人差し指を置き、指紋をみながら指を遠ざけていく
  • ②ピントが合ったところで止める

このとき、離れた距離が30cm以上だと老眼です。距離が長ければ長いほどひどい老眼です。

老眼や近視を治す「ガボールパッチ法」

ガボールパッチ法とは、世界で初めて科学的に実証された視力回復法です。

(米)デニス・ガボール氏が開発したため、その「ぼやけた画像」のことをガボールパッチと呼び、米国で行われた試験で、ただこの画像を見るだけで視力が回復したことが報告されています。

ガボールパッチ画像の代わりに使える身近なものがあります。

それは1000円札です。

ガボールパッチ画像の代わりに1000円札のすかし部分を見続けると視力を回復することができるのです。

視力とは、眼球と脳の働きです。眼球で情報をひろって送り、脳が補正して判断します。

そこで、このガボールパッチ法では、ぼやけた縞模様やお札のすかしを見ることで、脳のぼやけ補正機能を強化させ、視力を回復させるのです。脳梗塞や認知症の人は目が見えにくいといわれますが、この方法では視力だけでなく、合わせて認知症の予防や改善効果も期待されています。

1000円札を使った視力回復法のやり方

  • ①お札を上に向けてすかしの部分をはっきり見る
  • ②ゆっくり下に降ろし、見えにくいところで止める
  • ③10秒そのままみる見続ける
  • ④もう一度上の見やすい高さにゆっくり上げてみる
  • ⑤これを朝晩にそれぞれ10回ずつ行う

番組で1週間実験をした方たちは、平均で0.2ポイント視力が回復!

老眼だけでなく近視改善にも効果があると報告されていますので、ぜひ試してみてくださいね!

✅お買い物をしたらレシートを捨てないで!

大人気!\健康に評判の食品やグッズのレシートを撮るとポイントがもらえる/アプリがあるんです!1000ポイントで100円のAmazonポイントに交換可能です!

ハッピーレシートアプリ 画面

ハッピーレシート レシートがお金に変わる ミニトマトを買ったレシートでポイントがもらえる

ハッピーレシートアプリのダウンロード(無料)はこちらから↓↓

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら

➡平松類先生がわかりやすく解説した本!

全米で大ヒットの画期的な視力回復方が、ついに日本上陸! 老眼、近眼をはじめ、乱視や遠視でお悩みの方にも朗報! ! 

アマゾンで買う