fbpx

【この差って何ですか】おいしい夏野菜の見分け方、絶品枝豆調理法とは?~トマト、ナス、カボチャ、枝豆、ししとう(8月20日)

【この差って何ですか】おいしい夏野菜の見分け方(8月20日)

2019年8月20日のTBS『この差って何ですか』で放送された「旬の野菜、美味しいのはどっち!?」をご紹介します。

ナス、カボチャ、枝豆のおいしい選び方とは?枝豆がおいしくなる調理法とは?辛くないししとうの見分け方とは?

参照:TBS「この差って何ですか」

ハッピーレシート iPhoneアプリ ダウンロード

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら

1.くびれた枝豆の方がおいしい

枝豆は成長するにつれて、アミノ酸や糖度が落ちていきます。よってパンパンに膨らみ成長している枝豆よりも、くびれがある未成熟な物の方がおいしいのです。

調理方法でも旨味が変わります。枝豆のアミノ酸は茹でると水に出てしまいうのです。そこで、枝豆がもっとおいしくなる調理法をご紹介します。

2.絶品枝豆調理法とは

  • 1.枝豆の付け根を切り、塩もみする
  • 2.フライパンに油を引き、1の枝豆を入れる
  • 3.2にコップ1杯の水を入れ、蓋をして5分ほど蒸し焼きにします

できあがり!

3.ヘタが萎れているミニトマトはおいしい

ミニトマトのへたが萎れていると、収穫されてから時間がたっている証拠です。よって熟して甘いのです。

4.ヘタの下に白い部分があるナスはおいしい

白い部分は前日の夜から朝にかけて生長した部分なので、その日に収穫した新鮮なナスである証拠です。

5.硬いカボチャの方がおいしい

カボチャは収穫後寝かせると甘くなります。一方、水分が抜けるので硬くなるのです。

さらに、カボチャのヘタがコルク状になっていると、収穫して時間がたっている証拠なので、甘いカボチャです。

6.まっすぐなししとうは辛くない

まっすぐに成長したししとうは、辛くありません。曲がっていたり、形がいびつなししとうは、辛い可能性が大です。

ししとうは青とうがらしから品種改良で辛味をとったものですが、水分不足や暑さなどでストレスがかかり、辛味成分の遺伝子が活発になることがあります。形がいびつだということは、ストレスがかかっている可能性が高いので、辛いことが多いのです。

✅お買い物をしたらレシートを捨てないで!

大人気!\健康に評判の食品やグッズのレシートを撮るとポイントがもらえる/アプリがあるんです!1000ポイントで100円のAmazonポイントに交換可能です!

ハッピーレシートアプリ 画面

ハッピーレシート レシートがお金に変わる ミニトマトを買ったレシートでポイントがもらえる

ハッピーレシートアプリのダウンロード(無料)はこちらから↓↓

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら

➡平松類先生がわかりやすく解説した本!

全米で大ヒットの画期的な視力回復方が、ついに日本上陸! 老眼、近眼をはじめ、乱視や遠視でお悩みの方にも朗報! ! 

アマゾンで買う