fbpx

【教えてもらう前と後】『ちょい足し納豆』で健康UP~血管・快眠・紫外線対策に納豆に加えるものとは?(6月18日)

【教えてもらう前と後】『ちょい足し納豆』で健康UP(6月18日)

2019年6月18日のTBS系列(MBS)「教えてもらう前と後」でピックアップしたのは、「『ちょい足し納豆』で健康UP」!

血管ケア、夏の快眠、紫外線対策や美肌のために、納豆にちょい足しする具材とは?

教えてくれたのは、管理栄養士の望月理恵子さんです。

参照:MBS「教えてもらう前と後」

血管を健やかにするには生わさびを入れる!

納豆に生わさびをちょっと足すと、血液をサラサラにし血管を健やかにする効果があります。

生わさびの辛味成分「イソチオシアネート」にも、納豆のネバネバ成分と同様に血液をサラサラにする成分があります。納豆の成分との相乗効果で、心筋梗塞や脳卒中の予防効果が期待できます。

●わさび納豆の作り方

納豆に、生わさびをはしでひとつまみ加え、青ネギとしょう油を足していただきます!

夏の快眠にはツナ缶を加える!

納豆にツナ缶を加えます!

納豆に含まれるトリプトファンは快眠につながるメラトニンを作る元になりますが、ツナに含まれるビタミンB6と合わさるとより快眠効果が高まるからです。

●ツナ納豆の作り方

納豆に、ツナ缶3分の1、ツナ油、お好みでネギ、しょう油を適量加えて食べるのがおすすめです!

夏の紫外線対策にはトマトを加える!

夏の紫外線対策や美肌には、納豆にトマトを加えます。

納豆にはあまり含まれていないビタミンCをトマトで補充できるからです。

また、トマトのリコピン成分は生活習慣病に効果があるとされ、朝に最も吸収率が高くなります。納豆の油分がリコピンの吸収率をアップする働きがあるので、トマト納豆は朝食に食べるのがおすすめです!

●トマト納豆の作り方
  • ①納豆を20~30回しっかり混ぜる
  • ②納豆に1口大にカットしたトマトを加え、白ごま、青ネギを投入
  • ③お好みのタレかしょう油で味付けする

できあがり!

✅お買い物をしたら、レシートを捨てないで!どこで買ってもポイントがもらえちゃう⁉

大人気!\健康に評判の食品やグッズのレシートを撮るとポイントがもらえるアプリ!1000ポイントで100円のAmazonポイントに交換可能です!

ハッピーレシートアプリ 画面

ハッピーレシート レシートがお金に変わる メロンを買ったレシートでポイントがもらえる

ハッピーレシートアプリのダウンロード(無料)はこちらから↓↓

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら

●番組で紹介された「高知県の土佐の赤かつお にんにく」

白ご飯だけでなく、ピザや素麺にも合います!


アマゾンで買う

➡人気の「アレグラFX」と同じ有効成分で価格が安め!!

アレルビ

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品