fbpx

不要な使い捨てマスクで「手作りハンカチマスク」の作り方!(花粉・マスク対策2020)

不要な使い捨てマスクで「手作りハンカチマスク」の作り方!(花粉・マスク対策2020)

小池百合子東京都知事や岡村隆史さんなどの芸能人が手作りマスクを使用して話題になっています。

しかし、市販マスクが不足するのに比例して、手作りマスクの素材となるゴムひもが品薄になることもあります。また、手作りマスクだと鼻の部分にフィット感がないと感じることもあるようです。

そこで、使用済みの使い捨てマスクから、ゴムひもやノーズフィットの部分を切り取って、手作りマスクの素材として使用する方法がネットで人気に!

ここでは、不要な使い捨てマスクを再利用して、手作りハンカチマスクを作る方法をご紹介します。

ハッピーレシート iPhoneアプリ ダウンロード

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら

1.不要な使い捨てマスクで手作りマスク

今、ネットで話題なのが不要な使い捨てマスクを切り取って、ハンカチマスクの素材として使用する方法!

2.作り方

・用意するもの

  • ・ハンカチ、または手ぬぐい 1枚 *不要なTシャツを切って布地を作ってもOK!
  • ・不要な使い捨てマスク 1枚 *洗剤で洗ってからご使用ください。

・作り方

①不要な使い捨てマスクの耳ゴムと鼻あて部分を残すように切りとり、不織布の中からフィルター部分を取りだす。

②ハンカチの間にフィルター部分を挟みながら、2つ折り、または3つ折りにする。

④ゴムひもを、ハンカチの上に置く。

⑤ハンカチの両端をゴムの間に通し、片方の端の輪の中に、もう片方の端を入れ込む。

⑥顔の大きさに合わせて調整して、完成!

3.まとめ

実際に筆者も今回の方法で作ったハンカチマスクを試してみましたが、問題なく使用することができました。これから暖かくなると、フィルター部分をハンカチにはさみ入れると息苦しく感じるかもしれません。その場合は、フィルターをはさまずに作ったり、薄手の布地を選んでみてもいいでしょう。

布マスクはウイルスの侵入を防ぐものではありませんが、ご自身の飛沫が飛ぶのを防いだり、手で鼻や口を触るのを妨ぐ効果が期待できます。

裁縫ができる方は、簡単にできる立体的マスクの作り方がありますので、こちらも参考にしてください。この場合にも、使い捨てマスクのゴム部分を再利用してもいいですね!

NHKあさイチで紹介された「立体的マスク」の作り方はこちらをクリック↓

【あさイチ】花粉症対策用「立体的手作りマスク」の作り方!手縫いで25分!(2020年花粉対策)

➡人気No1の花粉症薬アレグラFXと同じ効能効果で価格が安い

アレルビ

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

➡お買い物をしたら、レシートを捨てないで!

大人気!\健康に評判の食品やグッズのレシートを撮るとポイントがもらえる/アプリがあるんです!1000ポイントで100円のAmazonポイントに交換可能です!

ハッピーレシートアプリ 画面

ハッピーレシート レシートがお金に変わる たけのこを買ったレシートでポイントがもらえる

ハッピーレシートアプリのダウンロード(無料)はこちらから↓↓

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら