【花粉症薬】花粉症でよく処方される医療用点眼薬や人気の市販目薬とは

花粉症に効く目薬 よく処方される医療用点眼薬や人気の市販目薬

花粉症の4大症状のひとつが「目のかゆみ」や「充血」です。病院でよくもらう点眼薬がどんなタイプなのか気になったり、ドラッグストアで並ぶ目薬の中でどれがいいのか悩んでしまうこともありますね。そこで今回は、花粉症で眼科にいった際によく処方される医療用点眼薬と、薬局やインターネットで購入できる人気の市販の目薬についてご紹介します。

➡鼻炎の処方薬と市販薬

【花粉症薬】花粉症鼻炎向け処方薬の効き目と眠気の比較や同じタイプの市販薬の有無~アレグラ、タリオン、ザイザルなど

➡Pick Up! ドライアイも花粉症も国民病…軽んじないで対策を!

ドライアイで花粉症の目のかゆみが悪化する?!花粉症とドライアイは併発することも!

ドライアイで花粉症の目のかゆみが悪化する?!花粉症とドライアイは併発することも!

1.主な医療用点眼薬

●パタノール点眼液(主成分:オロパタジン)

花粉症 点眼薬 パタノール

出典:http://vet.cygni.co.jp/

かゆみの症状に即効性がある抗ヒスタミン作用と予防効果のケミカルメディエーター遊離抑制作用を合わせもつ代表的なアレルギー性結膜炎用の目薬です。

Point!

ケミカルメディエーターとはかゆみの原因となる化学物質のことで、ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンA2などがある。それらが放出されないように抑制するのがケミカルメディエーター遊離抑制作用

主成分はオロパタジン塩酸塩で、鼻炎用の処方薬アレロック錠に含まれているものと同じです。

➡効き目最強と噂のアレロックとは

【花粉症薬】効き目が強い処方薬「アレロック」とは?アレグラやザイザルとの違いは?

●アレジオン点眼液(主成分:エピナスチン)

花粉症 点眼薬 アレジオン

パタノールと同様に抗ヒスタミン作用とケミカルメディエーター遊離抑制作用の両方の作用がある目薬です。

アレジオン点眼液は2014年に防腐剤フリーとすることで、コンタクトをしたまま点眼できる目薬になりました。防腐剤の代わりに緩衝剤(ホウ酸)や安定化剤(エデト三ナトリウム)を加えています。

●ザジテン点眼液(主成分:ケトチフェンフマル酸塩)

ザジテンもパタノールと同様に抗ヒスタミン作用とケミカルメディエーター遊離抑制作用の両方の作用がある目薬です。pHがアルカリ性で、浸透圧が低いこともあって、目にしみる感じがします。

ザジテンには市販薬の「ザジテンAL」があります。有効成分は処方薬ザジテンと同じ濃度で入っています。

アマゾンで買う

【第2類医薬品】ザジテンAL点眼薬 10mL ※セルフメディケーション税制対象商品

●リザベン点眼液(主成分:トラニラスト)

花粉症 点眼薬 リザベン

リザベンは花粉症の予防目的や初期の症状によく用いられる目薬で、目のかゆみ、目やに、充血、まぶたのはれ、ごろごろするなどの症状が起こらないように、炎症の原因となるケミカルメディエーターの遊離を抑えます。但し、抗ヒスタミン作用のある点眼薬と比べるとすでに発症している症状を鎮める効果は弱いとされています。

リザベンには主成分のトラニラストが同じ濃度入っている市販薬「ロートアルガードプレテクト」があります。

花粉症 点眼薬 ロートアルガードプレテクト

●インタール点眼液(主成分:クロモグリク酸ナトリウム)

花粉症 点眼薬 インタール

リザベン同様に、ケミカルメディエーター遊離抑制作用のある目薬で、症状が発症するのを予防するためによく用いられます。

●ステロイドの点眼薬

花粉症の症状がひどく、抗ヒスタミン作用やケミカルメディエーター遊離抑制作用のある目薬でも症状が鎮まらないときに、ステロイド(糖質コルチコイド)が含まれる目薬を用いて症状を抑えます。ステロイド点眼薬は効果は強いのですが、長期に使用すると副作用の可能性があるので、必ず医師の処方に従って使用してください。

リンデロン

花粉症 点眼薬 ステロイド リンデロン

オルガドロン

花粉症 点眼薬 オルガドロン

フルメトロン

花粉症 点眼薬 フルメトロン

リンデロンやオルガドロンは作用の強いステロイド点眼薬です。リンデロンは軟膏でもよく使用されるステロイドですね。

花粉症 リンデロン 軟膏

フルメトロンはリンデロンやオルガドロンと比べると強さはやや弱いとされています。

2.人気の市販花粉症目薬

忙しいなどの理由で病院にいくことができないときは、ドラッグストアやインターネットで購入できる市販の花粉症目薬を利用して症状を抑えることができます。ここではアマゾンの売れ筋ランキングでいつも上位にきている人気の目薬をご紹介します。

●ロートアルガード クリアブロックEXa

後述のクリアブロックZと比べると、まだ症状がひどくなっていないときにおすすめの目薬。クロモグリク酸ナトリウムでかゆみや充血などのつらいアレルギー症状を抑えるだけでなく、プラノプロフェンで炎症を鎮めます。さらに角膜を保護するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムも配合されてます。

クリアブロックEXaはクールタイプですが、清涼感のないタイプのクリアマイルドEXaもあります。


アマゾンで買う
【第2類医薬品】ロートアルガードクリアブロックEXa 13mL ※セルフメディケーション税制対象商品

●ロートアルガード クリアブロックZ・クリアマイルドZ

アルガード史上最強の処方設計!とメーカーが太鼓判をおすのがこちらの2点。クリアブロックZはメントールが入っていてるクールタイプです。

アレルギー抑制成分のクロモグリク酸ナトリウムかゆみを止める成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩炎症を鎮める成分のプラノプロフェンを最大濃度配合し、花粉症のひどい症状におすすめです。

アマゾンで買う

【第2類医薬品】ロートアルガードクリアブロックZ 13mL ※セルフメディケーション税制対象商品

アマゾンで買う

【第2類医薬品】ロートアルガードクリアマイルドZ 13mL ※セルフメディケーション税制対象商品

●マイティア アルピタット

アルピタットにもアレルギー抑制成分のクロモグリク酸ナトリウムかゆみを止める成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩炎症を鎮める成分のプラノプロフェンが配合されています。

ロートアルガードシリーズではクリアブロックEXaに相当する製品です。

アマゾンで買う

【第2類医薬品】マイティアアイテクトアルピタット 15mL ※セルフメディケーション税制対象商品

●マイティア アルピタットEXα

こちらがロートアルガードシリーズでいうところのクリアブロックZに相当する製品です。クリアブロックZと同じように、アレルギー抑制成分のクロモグリク酸ナトリウムかゆみを止める成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩炎症を鎮める成分のプラノプロフェンを最大濃度配合し、花粉症のひどい症状におすすめの目薬です。クールタイプではない「やさしいさし心地タイプ」もあります。

アマゾンで買う

【第2類医薬品】マイティアアルピタットEXα 15mL ※セルフメディケーション税制対象商品

●エージーアイズ アレルカットC

ロートアルガードシリーズでいうクリアブロックEXa、マイティアシリーズでいうアルピタットに相当する製品です。クールタイプ以外に、しみないソフトタイプやうるおうモイストタイプがあります。

アマゾンで買う

【第2類医薬品】エージーアイズアレルカットC 13mL ※セルフメディケーション税制対象商品

●ソフトサンティア

いわゆる目薬ではありませんが、根強い人気なのが人口涙液のソフトサンティアです。水道水で目を洗うのは塩素が入っているので心配だったり、外出先でお化粧をしているときに洗面台で目を洗うのは困難ですが、人口涙液であれば手軽に目の中の花粉などの異物を洗い流せます。

アマゾンで買う

【第3類医薬品】ソフトサンティア 5mL×4

3.おわりに

花粉症の予防や緩和には花粉をガードすることが一番です。外出時には面倒でも縁付きメガネやマスクを着用して花粉を目や鼻に入れないように心がけましょう。帰宅時には身体やかばんなどをハンディ掃除機できれいにしたり、手洗いや洗顔、濡れたタオルで髪や身体を拭くこともおすすめです。

➡花粉症の市販薬で節税しよう

【花粉症薬】花粉症の市販薬にはセルフメディケーション税制を活用して節税!~スイッチOTC医薬品とは?

➡結膜炎の原因はハウスダスト、PM2.5 、ウイルスも。

【花粉症症状】花粉だけじゃない!目のかゆみ、涙目、充血、ゴロゴロ、目ヤニなどの結膜炎の原因や対処法