fbpx

2020年花粉シーズンに新治療「ゾレア」登場、初期療法で早めの花粉症対策がおすすめ!~日医大・大久保公裕教授に聞く

2020年花粉シーズンに新治療「ゾレア」登場、初期治療で早めの花粉症対策がおすすめ!~日医大・大久保公裕教授に聞く

2020年春の花粉シーズンに向けて、花粉症クエストとNPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の共同連載「名医が教える!花粉症の治し方」では、大久保公裕 日本医科大学教授(*)に、花粉症対策のやり方について教えていただきました。

2019年12月に世界で初めて花粉症に適応になった「ゾレア」治療法とは?花粉シーズンを楽に過ごすための初期療法とは?

(*)大久保公裕教授は、NPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の理事長にも就任している。

1.新治療「ゾレア」登場

  • Q:スギ花粉症向けの新治療「ゾレア」がスタートしたと聞きました。どのような治療法ですか?

(大久保先生)「ゾレア」とは、薬を皮下に注射することで、身体の中からIgEというアレルギーを起こす物質をなくして症状を抑えるものです。抗体医療と呼ばれています。

2019年12月に、重症または最重症(*)のスギ花粉症患者さん向けに「ゾレア」による治療が世界で初めて可能になりました。

(*)花粉症の重症度は、「1日に起こるくしゃみ発作の平均回数」「1日に鼻をかむ平均回数」「鼻づまりの程度」「日常生活の支障度」などによって「軽症」「中等症」「重症」「最重症」に判定されます。

薬の費用は、1回4万6000円(薬の投与量が150㎎の場合)、保険適用3割負担だと1万3800円と高額ではありますが、既存の花粉症薬などではひどい症状が治まらない患者さんにとって新しい選択肢ができました。

すでに「ゾレア」はステロイド薬で治らない重症の気管支ぜんそくや慢性じんましんの患者さんの治療に用いられていて、症状を抑えることができています。

「ゾレア」のしくみや、よくある質問については、以下のインタビュー記事をご覧ください↓

スギ花粉症の新治療「ゾレア」とは?効果や対象者、薬の費用など日医大・大久保公裕教授がやさしく解説

スギ花粉症の新治療「ゾレア」とは?効果・副作用や対象者、薬の費用など日医大・大久保公裕教授がやさしく解説

2.「初期療法」でシーズンを楽に乗り切る

・「初期療法」は2月10日頃から

  • Q:花粉シーズンを楽に過ごすのために「初期療法」がおすすめだと聞きます。

(大久保先生)2020年の今シーズンは花粉の飛散量が平年並みかやや少なめと予想されていまが、やはり「初期療法」を行って症状を抑えることをおすすめします。

「初期療法」とは特別な薬を使うものではなく、花粉が飛び始める前や症状がひどくなる前に花粉症の治療を始めることをいいます。

①飛散開始の合図と同じとき、②飛散開始の約1週間ぐらい前、③少しでも症状が出たとき、この3つのタイミングのいずれかで治療を始めます。今年は、東京の場合で2月10日頃に飛び始めると予想されているので、その直前から薬を飲み始めるといいと思います。

「初期療法」を実施して症状が抑えられたら、その良い状態を維持するために花粉シーズンが終わるまで治療を継続してください。

初期療法を始めるタイミング

*東京の花粉飛散開始は一般的に2月14日のバレンタインデー前後。2020年はそれよりもやや早く飛び始めると予想されている。

初期療法をしたケースと、初期療法をしなかったケースの花粉症症状の違い

*初期療法を行うと、症状が軽くなったり、症状が出るのが遅くなるメリットがある。

・「レーザー療法」は1月上旬までに

(大久保先生)レーザーで鼻の粘膜を焼いて鼻の症状を軽くする「レーザー療法」もありますが、通常は1月上旬までに済ませておく方がいいでしょう。

3.「薬物療法」で症状を抑える

  • Q:花粉症の症状が出てしまったら、どのように対処したらいいでしょうか。

(大久保先生)花粉症の症状が出た場合には、内服薬、点鼻薬、点眼薬による「薬物療法」で症状を抑えます。第2世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬などの飲み薬が使われることが多いですが、最近では抗ヒスタミン薬の貼る薬「アレサガテープ」も登場しました。

・「アレサガテープ」とは

アレサガテープ 4㎎ 8㎎

(大久保先生)「アレサガテープは」久光製薬から発売された花粉症などのアレルギー性鼻炎向けのテープ剤です。エメダスチンフマル酸塩という第2世代抗ヒスタミン薬を皮膚から体内に投与します。

「アレサガテープ 4mg」(22.3mm × 36.1mm)、「アレサガテープ 8mg」(31.5mm × 51.0mm)の2種類があり、通常は4mgを1日1回貼付し、24時間ごとにはり替えます。対象年齢は15歳以上です。

薬を飲みこむのが苦手な患者さんや、服薬状況を目て見て管理したい患者さんに適した薬剤です。

貼付した時に眠気があらわれることがあるので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないでください。

2019年5月から1ヵ月分などの長期処方が可能になりましたので、今シーズンはより多くの患者さんに処方されるとみられています。

4.「セルフケア」もしっかりと

(大久保先生)「薬物療法」に加えて、日頃の「セルフケア」もしっかり行ってください。

花粉症対策の基本は、花粉を体に侵入させないことです。そのためには以下のような「セルフケア」を必ず実行してください。

【セルフケアの3か条】

  • 花粉を持ち込まない:マスク、メガネ、ポリエステル系のアウター など
  • 花粉を排除する:手洗い、うがい、鼻うがい など
  • 花粉をまき散らさない:部屋干し、こまめな掃除、空気清浄機 など

5.「舌下免役療法」で根治を目指す

  • Q:今後の花粉症対策として何を検討したらいいでしょうか。

(大久保先生)今シーズン、薬で症状を抑えられなかったり、症状を毎年繰り返したくないと思う方は、花粉の飛散が終了したら、根本的な治療を目指す「舌下免疫療法」を検討してください。これまで治療に使用されていた液剤の「シダトレン」が順次終了になり、錠剤の「シダキュア」に一本化されます。「シダキュア」の方が舌の下に保持する時間が短く、室温で薬を管理できるなどの利点があります。対象年齢の下限はありませんが、通常、5歳以上から治療を受けられます。

シダキュア

●シダキュアの詳しいことはこちら↓をご覧ください。

『スギ花粉症の舌下免疫療法』や新薬『シダキュア スギ花粉舌下錠』とは~日医大・松根教授がやさしく解説!

6.バランスの取れた食事や汗をかく習慣が大事

  • Q:食事などで体質改善はできるでしょうか?

(大久保先生)花粉症対策に効果が期待できると評判の食べ物をどれかひとつだけ摂り続けても体質改善ができるとは思えません。それより、肉、魚、緑黄色野菜などバランスの取れた食事をきちんと摂る方が病気になりにくい体質づくり、健康増進に役立つと思います。

また、食事に加えて十分な睡眠適度な運動も大切です。鼻水やくしゃみが出るときは、自律神経のうち副交感神経が優位に傾いているときです。汗をかいたり緊張しているときは交換神経が優位になっています。つまり、運動やストレッチなどを行い汗をかく習慣があれば、交感神経を自在に働かせられるようになり、花粉症対策にも効果が期待できるでしょう。

Q:大久保先生、貴重なお話をありがとうございました!

■大久保公裕先生プロフィール

日本医科大学 大久保公裕教授

免疫アレルギー性疾患を専門に研究し、花粉症治療において日本を代表する医師。国や企業と共同でアレルギー性鼻炎の新しい免疫療法の開発を積極的に進めている。スギ花粉症の舌下免疫療法やゾレア治療法の開発では大規模臨床試験の責任者として治療法確立に大きく貢献した。

  • 1984年 日本医科大学 卒業
  • 1988年 日本医科大学大学院 修了
  • 1989年~1991年 アメリカ国立衛生研究所(NIH) 留学

(現在)

  • 日本医科大学大学院医学研究科 頭頸部感覚器科学分野 教授
  • NPO花粉症鼻副鼻腔炎治療推進会 理事長
  • 日本耳鼻咽喉科学会 代議員
  • 日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 理事長
  • 日本アレルギー協会 理事
  • 「第58回日本鼻科学会総会・学術講演会」(2019年 東京)会長
  • 「第38回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会」(2020年 横浜)会長

➡処方薬「アレグラ」と同じ成分が同量入った市販薬(OTC医薬品)

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品