fbpx

秋のブタクサに注意!話題の「MoriLabo 花粉バリアスティック」で花粉対策のコツを解説!

秋のブタクサに注意!話題の「MoriLabo 花粉バリアスティック」で花粉対策のコツを解説!

ブタクサ、イネ科、ヨモギなど、秋の花粉症の雑草が飛散ピークになっています。

雑草の生育地はあちこちに点在し、それぞれの生育状況が異なります。その結果、つらい症状の波は比較的短いものの、その波が何度もやってくるのが秋花粉の特徴です。「ずるずる、しつこい」と悩む方も少なくありません。

雑草の花粉は、背の高いスギやヒノキのように数百kmも遠くまで飛びません。飛散距離は、通常数百mから数キロmの範囲。飛散距離が短く「ホットスポット」が点在してるのも秋花粉の特徴です。

秋花粉はカラダに寄せ付けないことが一番。そのためには、花粉のホットスポットや花粉が飛びやすいシチュエーションを知り、効果的に対策を行う必要があります。

そこで今回は、ホットスポットがわかる「秋花粉飛散マップ」や、家の中で注意すべき「家ナカ花粉マップ」をご紹介し、人気の対策グッズ「MoriLabo 花粉バリアスティック」を活用した、上手な花粉対策法についてお伝えします。

(参照)エステー「ニューノーマル“秋花粉”対策ガイド」
https://products.st-c.co.jp/plus/wp-content/uploads/2021/09/akikafun_guide.pdf

1.ホットスポットはここだ!「秋花粉飛散マップ」

秋花粉は、地理的、人為的なさまざまな要因で飛散します。ホットスポットや注意すべきシチュエーションは以下の通りです。

  • 河川敷は雑草が多く生息するホットスポットの代表格!
  • 道端にも雑草が多く繁殖!
  • 公園やその周辺もホットスポット!
  • マンションやビルの緑地スペースには、グリーンだけでなく雑草も生息!
  • 手入れを怠ると、民家の庭にも雑草が繁殖!
  • 強風時には、草の花粉でも10km以上飛散!
  • 草刈り直後は花粉が多く飛散!

秋花粉飛散マップ

エステー「ニューノーマル“秋花粉”対策ガイド」より引用

2.家の中でも注意!「家ナカ花粉マップ」

花粉は窓や換気扇、さらには靴や衣服について、家の中にも侵入。以下のような場所に花粉が多く存在しています。

  • 人の出入りが多い玄関
  • 外気が入る窓の近く
  • カーテン
  • 畳、じゅうたん
  • ホコリがたまりやすい部屋の隅
  • 外干しした後のふとん
  • 衣類を収納するクローゼット

エステー「ニューノーマル“秋花粉”対策ガイド」より引用

3.秋花粉を対策するコツとは

それでは、ホットスポットや飛散シチュエーションを回避して、花粉を吸い込む機会を減らすコツをご説明しましょう。

・家ナカで花粉対策するコツ

  • フローリングの床は、水拭きで花粉を取り除き、その後、乾拭きで仕上げる
  • じゅうたんやカーペットはいきなりの掃除機がけは避け、粘着クリーナーなどで先に花粉を取り除く
  • 部屋の隅のホコリをキチンと掃除する
  • 空気清浄機は、部屋に花粉を巻き上げる原因のひとつ。空気清浄機を直に床に置かずに、高さ30cmほどの台に置く方がベター
  • 乾燥すると花粉がよく飛散するので、加湿器をテーブルなどに置いて、適切な湿度を保つ

・外で花粉対策するコツ

  • 雑草の多い場所=「ホットスポット」にできるだけ近づかないようにする
  • 外出時にはマスク、花粉防止メガネ(伊達メガネでもよい)、花粉対策スプレーなどを活用する
  • 外から戻ったら、手洗い、うがい、目洗い、鼻洗浄を行う。できれば即シャワーがおすすめ

今年はコロナ禍の秋花粉シーズン。花粉だけでなくウイルス飛沫も防げる不織布マスクがよいとされています。しかし、不織布マスクを長時間着用すると、息がこもったり、ニオイが気になります。

また、草の花粉は、近くからぶつかってくるように飛ぶのが特徴。その結果、鼻だけでなく目の症状も出やすいと指摘されています。

そこでおすすめなのが、「MoriLabo 花粉バリアスティック」です。

4.マスクを快適に!「MoriLabo 花粉バリアスティック」

・マスクに塗るだけ!「MoriLabo 花粉バリアスティック」

「MoriLabo 花粉バリアスティック」は、マスクに塗るだけで、北海道のトドマツから抽出された香り成分配合の薬剤が、マスクまわりに浮遊する花粉をガードします。

また、花粉バリアスティックの香り成分は顔の周りに浮遊するので、鼻だけでなく目の付近の花粉もガードします。

コロナ禍では長時間のマスク着用で、ニオイが気になる人もいます。花粉バリアスティックの爽やかなトドマツの香りは、マスクのニオイ対策にもおすすめです。

「MoriLabo 花粉バリアスティック」の使い方は簡単!マスクの外側の鼻付近にかるくひと塗りするだけ。効果は4時間程度持続します。

アマゾンで買う

MoriLabo モリラボ マスクの外に塗る 花粉バリアスティック

5.まとめ

今回は、秋花粉が多く潜むホットスポットや、秋花粉を上手に避けるコツを中心にお伝えしました。地域や天候にもよりますが、秋花粉は11月頃まで続きます。「MoriLabo 花粉バリアスティック」のような対策グッズを活用して、上手に花粉対策を行ってください。