fbpx

コロナ禍の花粉対策におすすめ!「MoriLabo 花粉バリアスプレー」とは?

ウイルス対策にも「MoriLabo 花粉バリアスプレー」⁉コロナ禍の花粉対策とは?

コロナ禍が収まらない中、春の花粉症も気になる時期に。そこで、スギ花粉、ウイルスを同時に対策できると話題になっているのが「MoriLabo 花粉バリアスプレー」です。

また、MoriLaboシリーズから、衣類にシールを貼るだけで花粉対策できる「MoriLabo 花粉バリアシール」も新登場!どちらもトドマツ精油の香り成分の働きを活用したもので、既存の「MoriLabo 花粉バリアスティック」と合わせて、コロナ禍のニューノーマルに便利に使える花粉対策グッズとして注目を集めています。

ここでは、花粉対策グッズ「MoriLabo 花粉バリアスプレー」がどのような商品なのかをご説明し、「MoriLabo 花粉バリアシール」「MoriLabo 花粉バリアスティック」と合わせてコロナ禍におすすめの花粉対策法についてご紹介します。

1.ココに注意!花粉対策

・コロナ禍で気になる花粉対策

新型コロナウイルス感染拡大が収まらない中、花粉対策で以下のようなことに気になる人が増えているようです。

①換気のために窓を開けると花粉が舞い込む!

オフィスやお店ではコロナ対策でこまめな換気が推奨されますが、その結果、花粉も一緒に室内に入り込むことに!

②花粉症のくしゃみができない!

衣類には花粉が付着しやすいので、電車内など人込みでは花粉症の症状が出やすくなります。しかし、花粉が原因のくしゃみでも、この時期はがまんしないと白い目で見られそう。

③目や鼻をこすると感染リスクがup!

花粉症では目や鼻に症状が出やすいのに、コロナウイルスがついた手で目や鼻をこすると感染リスクがアップする!

④在宅ワークで花粉を多く浴びているかも⁉

在宅ワークの人が増えていますが、家のじゅうたんやカーテン、布団には花粉が多くついていたり、リラックスタイムのお散歩で花粉をたくさん浴びることも。

⑤感染予防で病院に行きづらい!

どの病院も感染症対策を行ってくれているものの、やっぱり気になり花粉症の病院に行くのをためらうことも。

・花粉もウイルスも同時に対策

これからのニューノーマル時代の花粉対策は、花粉だけでなくウイルス対策も行えたらいいですね。

そんなニーズにぴったりのアイテムが2020年12月25日に新発売になった「MoriLabo 花粉バリアスプレー」です。

2.ウイルスにも!「MoriLabo 花粉バリアスプレー」とは?

・「MoriLabo 花粉バリアスプレー」とは

MoriLabo花粉バリアスプレー

「MoriLabo 花粉バリアスプレー」は、スプレーするだけで、花粉とウイルスをブロックする対策商品です。

スプレー時には顔や髪の周りに浮遊しているスギ花粉をコーティングしてアレル物質の働きを低減し、スプレー後には肌や髪の表面をバリア層が包み込み、空気中のスギ花粉の付着を抑制しWブロックします。さらに花粉のみならず、ウイルスも 99%ブロックします。

・トドマツ精油に秘密が!

「MoriLabo 花粉バリアスプレー」はエステーが2018年から発売している「MoriLabo(モリラボ)」シリーズの一つです。製品の原料の一部に北海道産トドマツ精油から抽出した空気浄化作用に優れる香り成分を利用し、花粉に直接アプローチする仕組みです。

これは、花粉研究の第一人者である(国立)埼玉大学大学院理工学研究科教授の王青躍工学博士との共同開発で誕生したもので、すでに特許を取得しているそうです。

花粉をWブロックするしくみ

・使い方

目と口を閉じた状態で顔から 20cm 程度離して、円を描くように適量をスプレーして使用します。

メイクの上からでも使うことができ、防腐剤のパラベンが含まれていません。また、皮膚アレルギーテスト済みです。

4時間おきに1日3~5回の使用が目安です。香りは”すっきりさわやかな森の香り”です。

・内容量・価格・購入方法

「MoriLabo 花粉バリアスプレー」の内容量は 50mLです。

全国のスーパー、ドラッグストア、ホームセンター、インターネットなどで販売されています。

オープン価格ですが、店頭での実勢価格は1,078 円前後(税込)の見込みです。

アマゾンで買う

MoriLabo モリラボ 花粉バリアスプレー 髪 顔にスプレーするタイプ

3.シールを貼るだけ!「MoriLabo 花粉バリアシール」

コロナ対策にはこまめな換気が必要ですが、換気をすれば花粉が部屋の中に入り込みます。しかし、家庭内で常にマスクをつけ続けるのは難しい。また、マスクをつけたがらないお子さんも少なくありません。そんな悩みを解決できるのが「MoriLabo 花粉バリアシール」です。「MoriLabo 花粉バリアスプレー」と同様に2020年12月に新発売になりましたが、これまでになかった花粉対策アイテムだけに「使ってみたい!」と口コミが広がっているようです。

・「MoriLabo 花粉バリアシール」とは

MoriLabo 花粉バリアシール

「MoriLabo 花粉バリアシール」は、衣類の襟などに貼るだけで、トドマツの香り成分がバリア層を作り、顔の周りに浮遊するスギ花粉をコーティングしてアレル物質の働きを低減するシールタイプの花粉対策グッズ。

シールの効果は約5~6時間持続します。香りは”すっきりさわやかな森の香り”です。

・内容量・価格・購入方法

「MoriLabo 花粉バリアシール」1パックには、しずく型のシール40枚×4、計40枚が入っています。

全国のスーパー、ドラッグストア、ホームセンター、インターネットなどで販売しています。

オープン価格ですが、店頭での実勢価格は1,078 円前後(税込)の見込みです。

MoriLabo 花粉バリアシール

アマゾンで買う

MoriLabo モリラボ 花粉バリアシール 衣類に貼る シールタイプ 40枚入 

4.まとめ~「MoriLabo花粉バリアシリーズ」でコロナ禍の花粉対策

これまでお話ししたように、花粉対策にもニューノーマルが求められます。今回発売された「MoriLabo 花粉バリアスプレー」「MoriLabo 花粉バリアシール」は、2018年に発売された人気商品「MoriLabo 花粉バリアスティック」と合わせてコロナ対策と花粉対策を同時にできる花粉対策シリーズとして便利に活用できそうです。

・MoriLabo 花粉バリアシリーズとは

「MoriLabo」は、外出時などにマスクに塗るだけで、花粉やニオイなどの悩みを解消する「花粉バリアスティック」、“おうち時間”や在宅勤務時など、マスクの有無に関わらず、シールを貼るだけで花粉対策ができる「花粉バリアシール」、そして花粉だけでなく、気になるウイルスもブロックする「花粉バリアスプレー」の3タイプをラインナップし、外出時、在宅時など様々な場面に合わせた花粉対策を提案しています。

ニューノーマルの花粉対策に新提案

「MoriLabo 花粉バリアスティック」について詳しくはこちら↓をご覧ください。

注目の花粉対策グッズ「MoriLabo花粉バリアスティック」!評判やおすすめの使い方を徹底紹介!

注目の花粉対策グッズ「MoriLabo 花粉バリアスティック」!評判やおすすめの使い方を徹底紹介

アマゾンで買う

MoriLabo モリラボ マスクの外に塗る 花粉バリアスティック