fbpx

花粉症か?コロナの症状か?コロナ禍だからこそ、しっかりと花粉対策!~MoriLaboシリーズ

花粉症か?コロナの症状か?コロナ禍だからこそ、しつかりと花粉対策!~MoriLaboシリーズ

新型コロナ・オミクロン株の感染拡大が続く中、花粉症のシーズンが到来しました。耳鼻咽喉科専門医を中心とした「日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会」の公表によると、オミクロン株の症状は、鼻水が73%、くしゃみが60%と、花粉症の症状と共通しているため、花粉症の症状があるとオミクロン株への感染がわかりにくくなるということです。日本医科大学教授の松根彰志先生は、「自身の症状が、花粉症かオミクロンか、ひとりで悩む人が増えている。大切なのは、花粉症の症状が出ないようにしっかり対策すること」といいます。

そこで今回は、花粉症とオミクロンの症状の違いについてご説明します。また、注目の「MoriLaboシリーズ」を使って、花粉をしっかりガードできるセルフ対策法についてお伝えします。

1.花粉症とオミクロン株の症状の違い

典型的な花粉症の症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどです。また、埼玉大学大学院理工学研究科 王青躍教授の研究によると、花粉は空中に飛散している間に、大気汚染物質や小雨によって破裂、微細化し、ノドや気管支などの呼吸器系に入り込みやすくなります。それが原因で、ノドのイガイガや痛みが出ることもわかっています。

一方、新型コロナの従来株では、発熱や倦怠感、嗅覚・味覚症状が主な症状で、鼻の症状の発生頻度は低いと報告されていました。

ところが、オミクロン株の症状では、鼻水が73%、くしゃみが60%と、鼻の症状が多くみられます。さらに、ノドの痛みが出ることも報告されています。

つまり、花粉症とオミクロン株の症状は似ている点が多く、見分けにくいといえるのです。

●見分け方

花粉症では目のかゆみが出ますが、オミクロンではほぼありません。

オミクロンでは高熱、激しいノドの痛みが起こりますが、花粉症の場合は微熱、ノドのイガイガ感が中心です。

花粉症の初期症状で倦怠感が出ることは少ないですが、オミクロンでは倦怠感が強く出ます。

2.コロナ禍だからこそ、しっかり花粉対策

ここまでみたように、花粉症とオミクロン株の症状は似ているため、花粉症かコロナかひとりで悩んでしまったり、花粉症だと思いこんで、くしゃみなどで周りにコロナ感染を広げるおそれがあります。

そのため、ワクチンなどでコロナ感染予防に努めたり、PCR検査などを受けることはもちろんですが、花粉症の症状をできるだけ出さないように、早期に花粉症治療をしたり、しっかり花粉対策することが大切です。

花粉対策のポイントは、花粉を寄せ付けないこと。マスクやめがね、手洗いやうがいが基本ですが、加えて、専用の対策グッズを活用すると、花粉対策の効果がアップします。

3.「MoriLaboシリーズ」でいつでもどこでも、花粉をガード

「MoriLaboシリーズ」は、コロナ禍だった昨シーズン12月~3月、売上が前年比170%と大幅にアップ。今シーズンには、新たに、就寝中や寝起きの対策グッズ「MoriLabo ナイトケア 花粉バリポット」が登場し、日中から夜まで、室内外で使用できる商品ラインナップがそろいました。今、最も注目されている花粉対策の専用グッズです。

北海道に自生するトドマツの香り成分には、空中に浮遊する花粉をコーティングして、花粉のアレル物質の働きを低減することが、研究成果で分かっています。「MoriLaboシリーズ」の商品には、トドマツ精油から抽出された薬液が配合されており、トドマツの香り成分がバリア層を作って、ご自身を花粉からガードしてくれる仕組みです。

トドマツ精油(エステーHPより引用)

・マスクに塗るだけ「MoriLabo 花粉バリアスティック」

マスクをつけていても、鼻やあごの周りの隙間から花粉が侵入する可能性も。また長時間着用していると、マスクの中がムレたりニオイが気になることがあります。

そこで、「MoriLabo 花粉バリアスティック」をマスクにひと塗りすると、トドマツの香りで顔の周りの花粉をガードしてくれます。

エステーHPより引用

エステーHPより引用

約4時間おきに1日3~5回マスクに使用します。1本で約1~2か月間使用可能です。

アマゾンで買う

MoriLabo モリラボ マスクの外に塗る 花粉バリアスティック

・ウイルスも99%ブロック「MoriLabo 花粉バリアスプレー」

マスクで花粉をガードできない部位には、「MoriLabo 花粉バリアスプレー」がおすすめ。スプレーするだけで、花粉やウイルスをWブロックします。

エステーHPより引用

顔や髪から20cm程度離し、円を描くように適量をスプレーします。約4時間おきに1日3回~5回使用してください。

防腐剤が含まれておらず、化粧の上からも使用可能です。

アマゾンで買う

MoriLabo モリラボ 花粉 バリアスプレー

・室内でも便利「MoriLabo 花粉バリアシール」

コロナ禍では、定期的な換気が必要ですが、窓を開ければ花粉が室内に侵入します。室内でずっとマスクは難しい。「MoriLabo 花粉バリアシール」はそのような時に便利なグッズです。

顔に近く、香りを感じやすいところ(衣類の襟など)にシールを貼るだけで、トドマツの香り成分が、花粉をガードしてくれます。効果は、約5~6時間持続します。

マスクをつけたがらないお子さんにもおすすめです。

エステーHPより引用

アマゾンで買う

MoriLabo モリラボ 花粉 バリアシール

・新発売「MoriLabo ナイトケア 花粉バリアポット」

王教授によると、日中に吸い込んだ花粉や、寝室に侵入した花粉が原因で、夜間の睡眠中に鼻づまりやせき、息苦しさなどの症状が出ます。そのため起きてしまったり、朝起きたときに強い症状が出る「モーニングアタック」に悩む人が、花粉症の人の6割以上いることが、最新調査でわかりました。(エステー調べ)

そのような悩みに解決すべく「MoriLaboシリーズ」から、「MoriLabo ナイトケア 花粉バリアポット」が2021年12月31日に新発売。

エステーHPより引用

使い方は、寝室に置いておくだけ。トドマツの香り成分が寝室の中に広がり、花粉をガードします。1本で約1~2か月効果が持続します。

利用者からは、”睡眠の質が向上し、朝スッキリと目覚められた”、”朝のくしゃみが軽くなった”、”寝室に入るとトドマツの香りで癒される”など、高評価なコメントがあがっています。

エステーHPより引用


アマゾンで買う

MoriLabo モリラボ ナイトケア 花粉 バリアポット

MoriLabo ナイトケア 花粉バリアポットとは?レポーター”やす”が使ってみた!↓

4.まとめ

今回は、感染拡大が治まらないオミクロン株と花粉症の症状の違いや、最新の花粉対策グッズをご紹介しました。「MoriLaboシリーズ」の商品は、トドマツの香り成分をベースにしており、スーッとした香りが広がるのが特徴です。鼻の通りが良くなる感覚に加え、気持ちも爽やかになるので、気分がふさぎがちなコロナ禍の花粉対策にぴったりです。ご自身のライフスタイルに合う「MoriLaboシリーズ」商品を使ってみてはいかがですか。

(参照)

エステー・花粉対策ガイド「知っておきたい花粉と睡眠のはなし」
https://products.st-c.co.jp/plus/wp-content/uploads/2021/01/kafun_guide.pdf

日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会

http://www.jibika.or.jp/citizens/covid19/kafunsho.html

花粉症患者の中に紛れ込む新型コロナウイルス感染症のリスク

https://www.kansensho.or.jp/uploads/files/topics/2019ncov/covid19_kafunsho_210218.pdf