fbpx

朝起きた時に花粉症に悩む人は7割⁉睡眠時の花粉対策、やってますか?「MoriLaboナイトケア 花粉バリアポット」で朝すっきり!

朝起きた時に花粉症に悩む人は7割⁉睡眠時の花粉対策、やってますか?「MoriLaboナイトケア 花粉バリアポット」で朝すっきり!

花粉シーズンになると、夜中に苦しくて目が覚めてしまったり、起床時の激しい症状「モーニングアタック」になったりと、睡眠時や起床時の花粉症状に苦しんだ経験はないでしょうか? 最新の調査(*)によると、花粉症の人で睡眠の質が低下していると感じている人は6割、「モーニングアタック」に悩む人は7割もいることがわかったんです。長引くコロナ禍での生活で睡眠の悩みも増えている今、睡眠時の花粉対策は欠かせません。

そこで今回は、「花粉症と睡眠の調査」(*)から見えてくる実態や、効果が期待できる「睡眠時の花粉対策」をご説明します。

(*)(参照)エステー・花粉対策ガイド「知っておきたい花粉と睡眠のはなし」
https://products.st-c.co.jp/plus/wp-content/uploads/2022/02/suimin_kafun.pdf

1.大半の人が花粉症が原因で睡眠中や起床時がつらい

・最新調査からわかる「睡眠と花粉の関係」

エステーが2022年1月に実施した「睡眠と花粉の関係」に関する調査の結果、花粉症の症状が原因で、睡眠に何らかの影響が出たことがある人が、62.4%もいることがわかりました。

エステー・花粉対策ガイド「知っておきたい花粉と睡眠のはなし」より引用

中でも、「就寝中に目が覚めるようになった」と回答した人が26.7%と、4人に1人が花粉症が原因で睡眠の質の低下を招いているのです。

また、睡眠と花粉の関係で、しばしば指摘されるのが、起床時に強い症状があらわれる「モーニングアタック」。エステーの調査でも、「非常につらいと感じる(22.1%)」「やや
つらいと感じる(50.9%)」と、7割以上の人がモーニングアタックに悩まされていることがわかりました。

・睡眠時の対策はおざなり⁉

一方で、睡眠時の花粉への対策は十分とはいえないようです。エステーの調査によると、花粉症が何らかの形で睡眠に影響している人のうち、約4割は睡眠を意識した花粉対策をしていないと答えています。当然、睡眠の乱れは日常生活にも影響します。調査結果では、日中「ぼーっとした」「眠くなった」「だるさや疲れを感じた」人がそれぞれ5割を超えています。

つまり、睡眠時を意識した「正しい花粉対策」を行えば、心地よい睡眠を手に入れられて、仕事や家事など日中のパフォーマンスを向上できるはずです。

2.睡眠時の花粉対策とは

・寝室に花粉を入れない

睡眠時の花粉対策の基本は「寝室に花粉を持ち込まない」ことです。

掃除プロとして花粉症対策にも詳しい松本忠男さんは、寝室に花粉を持ち込まないためにも、まずは家の中に花粉を持ち込まないことが重要だといいます。

花粉は窓からだけでなく、衣類について家に入ってきます。帰宅時には玄関前で、濡れたタオルやウエットティッシュを、ポンポンと衣類に押し付け、花粉を取り除いてください。手やブラシで払い落とすと、舞い上がった花粉を吸ってしまうのでNGです。

・寝室の花粉を除去する

しかし気をつけていても、完全に花粉をシャットアウトすることは難しいものです。

そこで、寝室にも加湿器を利用すれば、水分がついて重くなった花粉が床に落ち、部屋に舞い上がりにくくなります。松本さんによれば、湿度30%では花粉が完全に床に落ちず、下のほうで漂い続ける可能性が高いので、湿度50%が目標です。

落ちてきた花粉を除去するには、花粉対応の空気清浄機が有効な対策となります。日中はリビングや玄関に使っている空気清浄機を、夜は寝室に置くといいでしょう。

寝室のこまめな掃除も欠かせません。しかし、やり方次第では花粉を空気中に漂わせてしまいます。花粉の粒子の大きさは30μm(マイクロメートル)程度と、ホコリ(100μm程度)の3分の1しかないので、小さな力でも舞い上がってしまうのです。

松本さんは、フローリングに泥や油汚れがない限り、拭き掃除の基本は乾拭きにして、といいます。ぐるぐる、ごしごしとこするような拭き方も、花粉やホコリを広げてしまうので、フロアモップなどでさっと一方向に拭き取りましょう。

掃除機を使う場合は、ノズルをやさしく当て、静かに吸い込むイメージで。もっとも確実に花粉を取り除けるのは粘着テープです。寝室のカーペットやふとんには、ローラータイプのテープなどで対策しておきましょう。

エステー・花粉対策ガイド「知っておきたい花粉と睡眠のはなし」より引用

・専用の花粉対策グッズを使う

このような寝室の花粉対策が大切なのはわかっているけど、忙しいなどの理由で不十分になってしまう方も少なくありません。

そんなお悩みにも対応できる、睡眠時や起床時にフォーカスした花粉対策グッズが、2021年12月31日に新登場しました。「MoriLabo ナイトケア 花粉バリアポット」!寝室に置いておくだけで、花粉をガードしてくれるんです。

「MoriLabo ナイトケア 花粉バリアポット」とは

北海道に自生するトドマツの香り成分には、空中に浮遊する花粉をコーティングして、花粉のアレル物質の働きを低減することが、研究成果で分かっています。

「MoriLaboナイトケア 花粉バリアポット」には、トドマツ精油から抽出された薬液が配合されており、トドマツの香り成分がバリア層を作って、ご自身を花粉からガードしてくれる仕組みです。

使い方は、寝室に置いておくだけ。これならカンタンなので、睡眠時の花粉対策におすすめです。

・鼻がスーッと通った感じに

前出の調査をもう一度みてみると、睡眠を妨げる具体的な症状では「鼻づまり」が77.1%でトップになっています。

エステー・花粉対策ガイド「知っておきたい花粉と睡眠のはなし」より引用

「MoriLaboナイトケア 花粉バリアポット」のメリットは、花粉をガードしてくれるだけでなく、トドマツのスーッとする爽やかな香りが寝室に広がり、鼻がすっきり通った感じがすること。睡眠時の鼻づまりにお悩みの方には、特におすすめです。

「MoriLaboナイトケア 花粉バリアポット」1本で約1~2か月効果が持続します。価格は1,000円前後。全国のスーパー、ドラッグストア、インターネットなどで販売されています。


アマゾンで買う

MoriLabo モリラボ ナイトケア 花粉 バリアポット

MoriLabo ナイトケア 花粉バリアポットとは?レポーター”やす”が使ってみた!↓

4.まとめ

今回は、最新の調査結果をもとに、睡眠と花粉症の関係や睡眠時の花粉対策法をご紹介しました。

睡眠時の専用対策グッズ「MoriLaboナイトケア 花粉バリアポット」には、シリーズ展開として、同じトドマツの香り成分を使った「MoriLabo 花粉バリアスティック」「MoriLabo 花粉バリアスプレー」「MoriLabo 花粉バリアシール」があります。「MoriLaboシリーズ」を組み合わせて使うことで、一日中、どこでも、しっかり花粉対策ができます。上手に活用して、花粉シーズを少しでもラクにお過ごしください!

アマゾンで買う

MoriLabo モリラボ マスクの外に塗る 花粉バリアスティック

アマゾンで買う

MoriLabo モリラボ 花粉 バリアスプレー

アマゾンで買う

MoriLabo モリラボ 花粉 バリアシール