fbpx

化粧品アレルギーでワクチンが打てない?PEGアレルギーとは?【あさチャン】6/24

化粧品アレルギーでワクチンが打てない?PEGアレルギーとは?【あさチャン】6/24

2021年6月24日のTBS「あさチャン」では、「ワクチンが打てない アレルギー患者の苦悩」を取り上げました。

日本でも新型コロナのワクチン接種が広がる中、「PEG(ポリエチレングリコール)アレルギー」がある人は、接種後に重篤なアレルギー反応である「アナフィラキシーショック」が生じることがあり、ワクチンを控えなくてはなりません。

ここでは、番組で放送された「PEGアレルギー」とは何か、ワクチンを打つにはどう対処すればいいのかについてご説明します。

「PEGアレルギー」とは?

「PEGアレルギー」とは、ポリエチレングリコールにアレルギー反応することを指します。

PEGは、飲み薬、腸内検査薬に使う下剤などの医薬品や、化粧水、歯磨き粉などの日用品に含まれている成分です。

ワクチンにも含まれるPEG

現在日本で接種がすすめられているファイザー製、モデルナ製の新型コロナワクチンにも、PEGは含まれており、米国CDC(アメリカ疫病予防管理センター)は過去にPEGで重いアレルギー反応を起こしたことがある人には、この2つのワクチン接種を推奨していません。

化粧品アレルギーの人は注意

化粧品、洗剤を使用して、呼吸困難や全身のじんましんなどの重いアレルギー反応が起こったことがある人だけでなく、使用後に毎回、頭痛やのどの痛みなどを感じる人は、ワクチン接種をする前にかかりつけ医に相談する方がいいでしょう。

ワクチン接種をするには

PEGアレルギーのある人で、新型コロナワクチンの接種を希望する人は、今後新たに使用されるワクチンを検討することになります。例えば、すでに認可されているアストラゼネカ製ワクチンにはがPEGが含まれていません。アストラゼネカ製は、ファイザーやモデルナのようなmRNAワクチンとは異なり、ヒトに対して病原性のないウイルスを運び手とし、新型コロナウイルスの遺伝子を一部組み込んで投与する「ウイルスベクターワクチン」です。また年内にもmRNAワクチンではない国産ワクチンが認可されるという報道もあります。

花粉症の人のワクチン接種の注意

花粉やハウスダスト、食物アレルギーの方のワクチン接種は問題ないとされていますが、花粉症治療の第一人者、日本医科大学大学院教授の大久保公裕先生が、花粉症の人の新型コロナワクチン接種の注意点をやさしく解説しています。ご参考にしてください。

アマゾンで人気の冷感不織布(使い捨て)マスク *個包装

 アマゾンで買う