fbpx

花粉症とオミクロン株を見分けるには?対策法は?日医大・大久保公裕先生が解説【おはよう日本】2/8

花粉症とオミクロン株を見分けるには?日医大・大久保公裕先生が解説【おはよう日本】2/8

花粉シーズンが始まる一方、コロナ感染拡大が止まりません。

2022年2月8日NHK「おはよう日本」では、花粉症とオミクロン株の症状の特徴、違い、対策法をピックアップ。

教えてくれたのは、日本医科大学大学院教授の大久保公裕先生です。

*画像はテレビ放送を撮影

オミクロン株はノドの症状が強くでる

花粉症でも、オミクロン株でも、鼻水、微熱、のどの痛みが出ます。

しかし、花粉症では、微熱がでても、オミクロン株のように高熱が出ることはありません。

花粉症ではのどの痛みはでますが、オミクロン株のでは痛みが強いのが特徴です。

その理由として、大久保公裕先生は、「オミクロン株はデルタ株と比べて、のどのウイルス量が多い」といいます。

目の症状は花粉症でのみみられます。一方、オミクロン株では、全身の倦怠感が強くでるのが特徴です。

2.花粉症と併発しやすい

花粉症とオミクロン株を見分けるには?日医大・大久保公裕先生が解説【おはよう日本】2/8

デルタ株では全身の症状が強くでるために、花粉症の症状が相対的に弱くなりますが、オミクロン株の場合には、2つの症状を同時に感じることが多くなるのが特徴です。

大久保先生は、新型コロナウイルスに感染している場合、花粉症の薬だけでは鼻の症状やのどの痛みが全快しないので、新型コロナとの併発が疑われる時には、病院に行くなどして、診療を受けてほしいと話します。

3.花粉症の症状を出さないこと

花粉シーズンに入りかけている今だからこそ、花粉症の治療を始めて、花粉症の症状を出さない事が肝心だといいます。大久保先生は、花粉症のくしゃみでウイルスをまき散らすことがあるため、花粉症を出さないことが、自身や周囲の人を守ることにつながるといいます。

お近くの医師の診察を受けるなどして、早めの対策を心がけてください。

大久保先生が代表理事、NPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の「花粉症デジタルガイド2022」はこちらから↓

➡人気の「アレグラFX」と同じ成分で価格が安め

アレルビ

アマゾンで買う